【闘争心、オスらしさを取り戻せ】

 
4月1日のブログで

「キックボクシングを始める」と書きました。

4月1日に体験入会して、4月8日をもって正式に入会しました。
 
【極端こそ我が命】
http://na0ism.exblog.jp/25608223/
 
4月8日は、「新月の日」
 
新月は、何か新しいことを始めるには絶好の日で、私が事務所を開所したもの新月の日でした。
 
なぜ、新月の日に開所したかというと、当時、乙武洋匡さんが婚約をしたのが新月の日で
彼のブログに「新しいことを始めるには新月の日が一番良い」と書かれていたので、真似ました。
 
乙武さん、今一番大変だと思いますが、頑張ってください。
 
キックボクシングは、意図して4月8日に入会したわけじゃなくて、たまたまなんですけどね。
 
 
4月1日のブログには「極端なことをしたい」とだけ書きましたが、それ以外にも理由はあります。
 
年齢を重ねると、何をするにも億劫になるし、
穏便にとか、大人の対応とか、空気を読むとか
「よく分からないこと」を求められます。
 
よく分からないことを求められるたびに、何かに向かって行く力とか意欲も削がれていくような気がしてました。
 
「ここで新たに何かに向かって行く力とか闘争心を取り戻さないと、老い衰えていくだけじゃないか」
「無意味な年齢の取り方をしたくない」
「オスとしての本能を取り戻したい」

 
そんな少し危険な考えが首をもたげたんです。

【ROKO フィットネス - ロコスカイスポーツ】
http://www.lokosky.com/rokofit/

の目標

「キレイに、カッコよく年を重ねる」

は私にとても響きましたし

初めて叩くサンドバックも、ミット打ちもやればやるほど、よく分からないけど闘争心が湧きます。
 
「やっぱ僕らオスなんで、(サンドバックを叩くと)そうなりますよ」
 
ジムの代表、山村光生さんもそう言います。
 
「闘争心」とか「オスらしさ」を取り戻すために、キックボクシングを始めました。
 
 
闘争心、オスらしさを取り戻して、どうなるのか?
 
心技体というか、体力面が充実すれば余裕が生まれますし、さらに新しいことに取り組む活力が生まれます。
 
10年先、5年先、いや3年先にどうなっているか分かりません。
どのような状況になっても、頼れるのは自分の知力と体力
知力、体力どちらが不十分であっても、時代の変化にはついていけない。
 
今の年齢から体力作りを初めて継続すれば

「キレイに、カッコよく年を重ねる」ことができるだろうし
 
依頼者のリクエストにも答え続けれるのではないか、と思っています。
 
また、年取ったからって、変に人間が「丸く」なるのは避けたいし
いつまでも少し「尖って」いたいという思いもあります。
 
士業は、基本的に「人間が出来た」人の集まりなんで、「人間が出来た」人のなかに少し尖った人がいたほうが面白いんじゃないか
 
そうも思っています。

b0181744_1905148.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-04-08 19:01