【「LINEバイト」に学ぶスピード感】

 
「今、勝負の時だから電話かけてくるな。○時ころ電話しろ」
 
私は、電話をかけるのが苦手なんで、いつも電話かける時には緊張します。
 
この時間にかけてもいいのだろうか
取り込み中じゃないか
接客中ではないか
運転中ではないか

 
いろいろ考えながら、電話をかけます。
 
で、電話をかけたら「勝負の時だから」って・・・

結局、何の勝負だったか聞きそびれましたけど。
 
 
私のように電話を苦手とする人は、きっと多いと思います。
特に、若い世代は苦手にしてるんじゃないかな。 
 
先日、「LINEバイト」というアプリのCMを見て、なるほどこれは便利とうなずきました。

この先、私がバイトすることはないと思いますが(たぶん)
バイト先に電話をかけずに、面接のアポがとれるって楽チンですね。
電話が苦手な人にとってはとても助かるアプリです。
 
http://baito.line.me/

そういったアポイントの取り方を好むと好まざるに関わらず、世の中の流れはそうそう変われません。

その時々に合わせて柔軟に取り組む。
取り入れられるものは取り入れて、役に立たなくなったものは捨てること。
 
  
電話ってただ単に話すだけじゃなくて、「電話先の相手の時間を少々頂戴する行為」なので、とても気を遣う。

「相手の時間を頂戴する」のが申し訳ないので、
「LINE」とか「フェイスブックのメッセンジャー」は私にとってとても有り難い。
相手の時間を頂戴することなく、要件を伝えることができるから。
 
お客さんと、LINEとかの「友だち」になるのは少々重い。
だから、お客さんとは携帯のショートメールやパソコンのメールでやりとりしてますけどね。
 
 
また、名刺交換して、連絡手段が「会社や事務所の固定電話しかない」方とは、あまりビジネスしたいとは思いません。
関係を深めたいと思っても、固定電話なら取り次いでもらわなきゃいけないし、スピードに欠けます。

これも

「LINEでふるふるして友だちになろう」

とは言いませんが、名刺に携帯の番号だけでも書いてあるとかなり違いますね。
 

士業の事務所は、一般の方からしたら非常に敷居が高い。
敷居が高いことに加えてアクセス方法が「固定電話」だけだと、依頼したいと思ってもなかなか電話をかけにくかったりします。
 
だから、どうやってアクセスしやすくするのかを考えないといけませんね。
  
私の事務所は「LINEバイト」のようなアクセスの良さはありません。
それでも、フェイスブックページを設けたり、メールの「お問い合わせフォーム」を設けたりしてアクセスの向上を図っています。
 
しかし、まだまだ電話での問い合わせの方が優勢ですね。
 

今は、私のお客さんとなる方がたまたま「電話」優勢の状況にあるだけで、この先、5年10年経つと電話優勢も崩れてくると思う。

時代やツールの変化に対応できるように、LINE、メール、電話等、良いバランスを保つことが大切ですね。

b0181744_1854046.png

[PR]
by 073995332 | 2016-04-06 18:06