【私が顔出ししてる理由】


あまり同業者のことは分からないのですが、たぶん私は

愛知県で一番Facebookを使いこなしている司法書士

もしくは、

愛知県で一番Facebookで「顔出し」している司法書士

じゃないかと思います。
 
でも、Facebookを使い始めたときは、全然「顔出し」してなかった。
なんだか、「顔出し」するのってアホっぽいと思ったので。
 
でも、今はアホっぽく「顔出し」しています(笑)

フレームの端に「ドヤ顔」で写る、通称「村瀬フレーム」という写り方(写真参照)
 
いつからそんな写り方をしだしたのか覚えていませんが
ただランチの写真を載せたり綺麗な風景を載せるより

自分と一緒に、自分の好きなもの、好きな本、好きな人たちを写した写真を載せた方が楽しそうだ

と思ったから「村瀬フレーム」を始めました。
 
一応、司法書士という「お堅い」仕事なんで、ふざけ過ぎはよくないですが

「村瀬ってどんなやつ」

が伝わるように努力をしています。

その一方で、「お堅い」人たちは、皆同じように見えるからつまらない
内面はそれぞれユニークな点もあるのでしょうが、内面なんてじっくり付き合ってみないとわかりません。

じっくり付き合うより前に、ある程度のユニークさを表現しておいても損はないかな、とも思っています。

誰も同じようにお堅くて真面目ということは、「個性」が失われているとも言えないでしょうか?
 
同じような「司法書士」という資格を持っていて
同じような「仕事」をしていて
同じような「成果(結果)」が得られるのなら
司法書士は「値段の安さ」でお客さんに選ばれてしまう危険性があります。

しかし、その一方で、「個性」や「人柄」で選ぶお客さんも少なからずいる。

値段の安さじゃなく、「個性」等でお客さんに選ばれたいので、あえて私は「顔出し」をしています。
 
Facebookとかのソーシャルメディアには、そういった力があるので、私はソーシャルメディアを積極的に活用しています。

【私が人と仲良くなる法則】
http://na0ism.exblog.jp/24855827/

 
Facebookとかのソーシャルメディアにとどまらず、名刺でも「顔出し」することは大切です。

これは、名刺交換して顔写真もない名刺だと、どんな人なのかすぐに忘れられてしまうから。
顔も思い出せない人とは、仕事でもプライベートでもお付き合いすることは難しい。

私は、名刺交換しても相手の方が何らかのソーシャルメディアを使っているなら、
いただいた名刺は捨てています。

ブログやホームページも同様です。

私は、初めての人と会う前に必ずその人のソーシャルメディアやブログ
ホームページをチェックしているので、顔も分からない方だとかなり不安になります。
 
一昔前のように、司法書士や弁護士という資格業が希少であれば
「資格」「名前」「電話番号」だけで仕事が来たのでしょうけどね。
 

ソーシャルメディアはおろか名刺ですら、顔出しすることに少し抵抗を感じる方も多いでしょうけど
お客さんに選ばれるため、お客さんが安心するように、ぜひ顔出しすることをお勧めします。

b0181744_21245533.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-03-03 21:25