【寄付を承っております】

 
あまりこんなことする人いないのかもしれないけど
遺言書作成に際し、受贈者側に「遺産を受け取る意思があるかどうか」を確認しておきました。
 
ちなみに、遺言書を作った方が既に亡くなられた訳ではなく、
まだまだお元気でこれから遺言書作る段階です(笑)

受贈者(遺産を貰う方)はある法人。
万が一、「寄付なんていらない」と言われたら遺言書の内容を考え直さないといけません。
 
「あの~今、遺言書作っているのですが、そちらって遺産を受け取ってますか?」

「えっ!?少々お待ちください。折り返し電話します」

・・・30分後

「前例のないことなので。どうして寄付してくださるのですか?」
 
遺言者が、その法人の理念に共感していること。
そして、活動内容が地域貢献に資すると思われていること等々お伝えしました。
 
唐突に電話がかかってきて「遺産受け取ってくれるの?」と聞かれたら、それは戸惑いますよね。
何かのドッキリかと思っても仕方ない。
 
多分、30分の間に

「岩倉の司法書士村瀬って誰やろ?新手の詐欺ちゃうんか?」

と怪しんで調べていたから時間がかかったのかもしれません。

今はなくなりましたが、いっとき私のところに、「私の遺産を受け取ってください」的なメールがしょっちゅう届きました。
 
「遺産」とか「表に出せないお金」とか「資金援助」とか理由は色々で
無視してると最後は「逆ギレメール」が届きます。
 
「お前に金をやるために準備したのに受け取らないから損害が生じた、訴えてやる!」みたいな逆ギレ。

あんなの引っかかる人いるのかな?
 
 
で、寄付の話ですが、相手の法人の担当者といろいろお話しして
 
「有り難い」、「助かる」とか仰っていたので

「ホームページか何かで『ご寄付を承っております』みたいなこと書いておいたらどうでしょうか」
「同業の○○さんは、しっかりそこのところ書いてますよね~」

とお節介を焼いてしまいました。
 
寄付してください、ってずうずうしく聞こえるかもしれないけど
お知らせしないことには、寄付は集まりません。
 
その法人の存在は今まで知りませんでしたが、これからの時代ますます存在感が増すので
やり方次第では寄付が集まると思うのですが。
 
奨学金という名前を借りた、学資ローンみたいなところ寄付するよりずっといいと思う。

【遺言書で寄付を】
http://na0ism.exblog.jp/25170285/ 
 
ちなみに私はここに毎月すこしずつ寄付をしています。

「東日本大震災こども支援募金」
http://www.unesco.or.jp/kodomo/


 
言わなきゃ分からないし伝わらないのは、寄付だけに限りません。
 
仕事でも、欲しい仕事、欲しい売上を言わないといつまでたっても得られない。
 
「こんな人を紹介してほしい」
「こんな仕事をやりたい」


と言っておくと、相手の記憶にも残るしね。
 
「自分が黙っていても、きっと相手は分かってくれる」なんて相手に期待しても仕方ない
他人は自分のことしか関心ないもの。

欲しいもの、得たいものがあれば、きちっと相手に伝えましょう。

b0181744_18362418.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-02-23 18:36