【人を好きになることが必要】

   
先日、ネットか何かで見たのですが

男性は異性を好きになった理由を論理的に説明できるけど
別れる時は感覚的で、その理由を論理的に説明できない

一方、女性は

好きになる時は、感覚的で論理的には説明できないけど
別れるときには、その理由を論理的に説明できるそうです。

分かる。

以前、ある女性に「その音楽を何で好きになったの?」と聞いたときに

「好きになるのに理由なんていらないじゃん」

と言われたことがありました(笑)
 
 
「好き」

というのは異性関係に限らずビジネスにも重要な要素です。
 
「好きな人と組んでビジネスをしたい」
「自分のことを好きな人にお客さんになってもらいたい」

好きでもない人とビジネスはしたくないし、好きでもない人に買ってもらいたくない。

また、
 
「この人のこんなとこが好きで一緒にビジネスしてるんだよね」

とか

「この人こんなとこが素晴らしいんだよ」

と、自分のビジネスパートナーを他人に紹介すると、新しいビジネスに発展しやすくなります。
 
ビジネスパートナーを「ティーアップ」することが大切です。
 

【「ティーアップ」してますか?】
http://na0ism.exblog.jp/24541134/
 
 
たまに「ティーアップ」のコツを聞かれることがありますが

「相手に関心を持つこと」
「相手のことを好きになること」


だと私は思っています。

自分が関心のない人、好きでもない人なんてほめれませんよね。
 
ブログにも書いたのですが、昔の私は

「悪いところ探しの名人」で

人の悪いところに気づく力がずば抜けていて

人の悪口ばかり言っていました。

でも、今はその「気づく力」を良いところを探す方に使っているので

「良いところ探しの名人」になることができました。
 
 
「ティーアップ」って好きな人同士の褒め合いとは少し違っていて
好きだからこそ、あえて厳しいことも言ってくれるような人との関係があってこそ成り立ちます。
 
「相手にもっと良くなって欲しいから苦言を呈する」ような人との関係。

私が関わっている「名古屋成功塾」も「岐阜成功塾」は、そんな人たちの集まりです。



【名古屋成功塾】
https://www.facebook.com/nagoyaseikojuku/

【岐阜成功塾】
target="_blank">https://www.facebook.com/gifuseikoujyuku/?fref=ts


「2月10日開催岐阜成功塾第8講義の様子」
b0181744_1725942.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-02-11 17:04