人気ブログランキング |

【社会保険労務士と顧問契約】


最近、ある士業の書いたブログが炎上しているようです。
(現在は閲覧できません)
 
「社員にパワハラ加えて「うつ病」にさせようーー社労士「首切りブログ」を弁護士が検証」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151211-00004048-bengocom-soci
 
「すご腕社労士の首切りブログ」というタイトル
自分で「すご腕」と言ってしまうところもすごいですが、「首切り」という表現は過激。
 
もっとも、ブログはタイトルが命で、耳目を引くようなタイトルを付けられれば注目される。
ただ、「首切り」はやりすぎですね。品がない

ひょっとしたら、書かれていた手法は、社労士の世界では一般的なことで
社労士同士であったら、通用することなのかもしれません。

いつも、私が書いていることですが

「誰向けのブログか」

を考えないといけません。

「すご腕社労士」のブログが、彼の顧客や志を同じくする社労士のみ閲覧可能なら良い
だけど、インターネットは、誰でも閲覧可能です。

社労士としては「すご腕」かもしれませんが、ブログを書く人としては、もっともっと改善点があったようです。
 
 
その「すご腕」の方を全面的に擁護するつもりはありませんが、理解できる面もあります。

社労士、社会保険労務士は、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行等を行い、
また企業を経営して行く上での労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う事を職業とする人
 
労働者側よりも経営者側からお金をいただく職業です。
だから、経営者から「困った社員がおるんだわ」と言われたら、対処法等のアドバイスをする。

お金を支払ってもらっている方から、なんとかしてくれと言われたら、リクエストに応えるべく知恵を絞る。
それが士業です。

『あるときは正義の味方~♪あるときは悪の手先~♪いいもわるいもリモコン次第』

という、鉄人28号の歌のように依頼者しだいで、士業は悪にも正義にもなる。

誤解のないように言うと、善悪って見る側によって異なる。

例えば、私が売掛金回収の仕事を請け負った場合
売掛金を回収するために知恵を絞り、回収のために法にのっとって徹底的にやります。

そんな私は、依頼者にとっては「善」で、相手方にとっては「悪」です。

売掛金を回収することで、相手方が失職しようが生活に困ろうが、私には関係のないことです。

そんな私も「あいつのせいでひどい目にあった」とつるし上げられる日がくるのでしょうか?
 
 
ただ、司法書士と社労士が違うのは

「顧問契約の有無」

です。

司法書士は1回かぎりの仕事が多いけど、社労士は顧問契約で仕事をすることがほとんど。

顧問契約を結んでくれている経営者から

「困ってんねんけどな~何とかしてや」

と言われて

「出来ません」

とはなかなか言えないでしょう。

できません、と言ったら、リクエストに応えてくれないということで
顧問契約を解除されることもあるかもしてない。

社労士も掃いて捨てるほどいるし、どの社労士も仕事が欲しい。
顧問契約って、ほんとに有難いから、誰もが欲しいし、誰もが失いたくない。


首切りブログの方は
自分が経営者の悩みを解決できる、「問題社員」を辞めさせることができる
そういったことをアピールすれば、顧問契約が増えると思ったのかもしれませんね。
b0181744_1725059.png

by 073995332 | 2015-12-21 17:25