【報酬のいただき方】

 
「(報酬)高いと思うので、もう少しどうにかなりませんか?」
 
私が「窓口」になって、他の専門家をご紹介することはよくあります。
で、紹介した他の専門家が提示した「報酬」について、こういったご意見を頂くことがあります。
 
私も以前は、たまに「どうにかなりませんか?」と言われることはありました。
そんな時は、報酬の根拠を示せるものは示すようにしています。
 
「○万円の報酬がかかるのは、あなたがしないといけないこんな手続き、あんな手続きをして
こんなところにいってこんなことをするからです」

 
高いと言われて「じゃあ安くします」で、値段の付け替えをすることはしていません。
その報酬に見合う価値をご説明するようにしています。
 
  
「高い」と仰る方の気持ちも分かります。

知り合いで同じような手続きをした人から、例えば報酬が「10万円」と聞かされれば
20万円と言われたら高いと感じてしまいます。
 
でも、知り合いの方が言われるのは「10万円」という金額だけで、
どのようなことをしてもらってその金額だったのかまでは説明を受けていないと思います。

例えば、相続税申告の税理士報酬が10万円として、申告財産が現金だけだったのかもしれません。
20万円の報酬は、現金、預貯金、不動産も財産にあるからかもしれません。

「うちは現金しか(相続)財産なかったから」なんてことは他人に言いません。
 
専門家として行う仕事内容を評価されずに、「値段」だけで評価されてしまうのは少し酷かなとも思いますが、
その一方で専門家としては、仕事の価値を分かりやすく依頼者に伝えることも大切なのかなと思います。
 
 
司法書士という仕事は、簡単にいうと「誰がやっても同じ成果が出る仕事」です。
 
私に相続登記を頼んでも、B司法書士に相続登記を頼んでも、同じ結果になります。
どうせ同じ結果になるなら、値段で選べばいい、そう思う方もおられます。

なので、「値段を下げて」仕事を受注しようと考える同業者もいます。

でも、そんなのキリがないよね。

「あんたはいくらでやる?」
「おい、あそこの司法書士はどんな仕事でも1万円でやるぞ」


金融機関や不動産業者の方から、そんなことばかり言われてウンザリしたので
私は「値下げ」することをやめました。
 
値下げをするのではなく、「自分の価値を上げる」方法を考えることにした。

「値段で選ばれるのは、誰でもできる仕事だから」
「司法書士って名乗るからだめなんだ」


いろいろ考えましたよ。

・自分のオリジナリティを発揮できる仕事
・自分しか扱えない「商品」の開発
・自分の実績をとにかく上げる
・キャラクターで売る
・・・・・・・・・・・・


まだ「完成形」には至りませんが、何となく方向性は見えてきました。
そういったことができれば、値下げをしなくていいし、値段で選ばれない。

先日の

「俺にはすでに優秀な司法書士の知り合いがいるから、あなたの会う理由がない」

と言われた時のことも、自信になっています。

「やっぱり自分には独自の価値がある」って。

【あなたに会う理由を教えて】
http://na0ism.exblog.jp/25085730/
 
 
優秀な司法書士って言っても、優秀さで競っちゃうと絶対1番になれませんから。

どうしても1番になりたかったら、自分以外の競争相手がいない状況を作ってしまえばいい。

少し時間がかかりましたが、私はそのことに気がつきました。

b0181744_1353089.jpg

by 073995332 | 2015-11-21 13:53 | つぶやき