人気ブログランキング |

【新しいことを始めるには】

 
今日、10月21日は、「一粒万倍日」
新しい事を始めるには一番良い日です。
さらに今日は「大安」でもある。

一粒万倍日と大安のダブルで縁起の良い日でした。
 
縁起がよい日だったので、以前から準備を進めていて「会社設立登記」を本日申請。

お客さんにも

「(会社設立登記するなら)この日しかないですよ」

とお勧めしており、無事申請できてホッとしました。
 
「大安」を勧める司法書士はたくさんいますが、「一粒万倍日だから」って勧める司法書士は私ぐらいかもしれません。
 
何か新しいことを始める時には「一粒万倍日」がお勧めです。

 
※「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。
但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。

 
 
司法書士の仕事は不動産の売買、会社設立の仕事をしますが、お客さんは日柄を気にされる人が多いです。

不動産売買に関係して不動産業者の方々は、休みの日にも気をつかっていて
だいたい水曜日休みのところが多いです。

これは「契約が水に流れる」ことを防ぐために水曜休みにしてるらしい?

もっとも、不動産の購入を検討されているお客さんが土日に不動産を見に来るから
業者の方もお客さんに合わせて土日も働く。
土日働くから水曜日に休むのかもしれません。
 
平日休みって良いですね。
私も土日の方が仕事がしやすいので、土日に働いて平日休むスタイルにあこがれます。
 
 
日柄の話ですが、私が事務所を開設したのは、平成13年3月14日です。
この日に決めたのは理由があります。
 
「ホワイトデーで覚えやすいから」

というのもありますが、3月に開業を予定していて14日が

「新月の日」

だったのが一番の理由です。
 
新月も一粒万倍日と同様に「新しいことを始めるのに適して日」
当時は「一粒万倍日」のことを知らなかったので、新月の日に開業を決めました。
 
今年が平成27年なんで、いつの間にか開業してから14年も経ってしまいましたね。
無駄に時間ばかり使ってしまったので、もう少し今を大切にしないと駄目だ。
 
 
もっとも日柄とか縁起を担いでばかりでも駄目で、新しいことを始めたなら
始めたばかりの時にしかできないことをすべきだと私は思います。

例えば
 
・恥をかくこと
・苦労をすること
・売り込みをすること

 
と言ったこと

何でも始めたばかりのことは、勝手が分かりません。
仕事の進め方、業界のルール等

分かんないから、恥をかいて勉強をする。
始めたばっかだから恥かいても平気です。
 
14年も今の仕事をしている私が、恥をかいてしまうと

「この人、ほんとに大丈夫かな?」

と依頼者に不安を覚えさせてしまうから、なかなか恥をかきにくくなる。

でも、実際は、依頼者に分からないように恥をかいていますけど(笑)
 

「苦労」も、最初に苦労しておいた方が必死になるし知恵も出ます。
最初からトントン拍子に行ってしまうと、後々大変。
 
適度に苦労することが必要です。

 
「売り込み」も、新人ならではの特権のような気がします。

年長の人が「俺が俺が」と売り込む様は見苦しいけど
新人の方なら、きっと応援しようと言う人もきっと出てくる。
 
でも「仕事ください」は売り込みではない。
 
売り込みって「その人自身の個性を出して自分を売り込むこと」だから
仕事くださいは、売り込みではなくお願い営業です。
 
個性を出せばいいのに、新人の方に「当たり障りなくやろう」とか「気に入られよう」という姿勢が見えると、私はとても残念な気持ちになります。
 
覚えてもらってナンボの世界で、当たり障りなくやっていたら、決して存在を覚えてもらえません。
存在を覚えてもらえなければ、仕事なんて来ませんから。

いちおう私も中堅なんで「俺が俺が」という売り込みはしませんが、自分の個性を意識した売り込みはしっかりやっています。
 
売り込みするには個性が大事です。

b0181744_19509.jpg

by 073995332 | 2015-10-21 19:05 | つぶやき