人気ブログランキング |

【自分がされて嬉しいことを人にする】

 
「社長、そんな大事なことを値段だけで決めてはダメですよ。」
「私の付き合ってる○○弁護士は、値段が安いかどうか分かりませんが私が信頼している人です」
「○○弁護士はこんな特長があって、過去同じような案件をお任せして解決してもらいました」
「一度会ってみたらどうでしょうか?」

  
 
売掛金の回収に悩んでいる社長
経営者の集まりで顔を合わせる弁護士に、「報酬が安そうだから」という理由で依頼しようとしていたので
仕事で付き合いのある弁護士を紹介しました。
 
結果、スムーズに債権の回収ができ、良い人を紹介してくれたと社長に感謝されました。
弁護士もこれをきっかけに顧問契約が結べて、同じく感謝されました。  
 
そのあたりのことを少し書いてます

↓  ↓  ↓  ↓

【「感謝」を集めよう】
http://na0ism.exblog.jp/24842852/
 
私は 

人を紹介するのが上手な人 と そうでない人の違い

について考えていて

上手な人は

「自分がされたら嬉しいだろうな」

という紹介の仕方をしています。

 
知り合いの弁護士を紹介するとして

そうでない人は

「よく知らないけど、一度名刺交換した人で弁護士いるよ」とか

また、人はよく知っていても、強みとか特長が分かっていないと
 
「飲み友だちで弁護士いるよ」となってしまいます。
 

上手な人なら
 
「弁護士って話しづらいじゃん。
でも○○弁護士は、本当に親身になって話聞いてくれるし離婚相談は年間100件以上扱ってるから安心だよ。」
「俺もお世話になったし」


とか
 
「10年くらい取引してる人で、よく分かってる人。
人間的に素晴らしいしあなたときっと合うと思うよ」


という感じで紹介すると思う。

あっ、弁護士以外でも、私と付き合いのある方だったらどんな人も上手く紹介できますよ。


また、人を紹介するのが上手な人 と そうでない人の違いは

「その人に関心をもって接しているか」

でもあると思います。

その人に関心を持てばいろいろ知りたいと思うし、知りたいと思えば質問もする。
質問すればその人の特長とか強みがよく分かりますからね。

そして、その人が「嬉しいだろうな」ということも分かる。
 
 
私は、「高く」売って欲しいと思っているので、
人を紹介するときも、その人を「高く」売ってあげることを心がけています。
 
「とにかく、他より安く仕事してくれる人だから使ってやってよ」

という紹介はしません。失礼だから。

そうではなくて

「他より高いけど、同業者にはないこんなことができて、あなたにこんなメリットがあるんだよ」

という紹介をする。
  
 
高く売るには、その人の価値、強み、特長が分かっていないとできません。
価値も強みも特長もないから安くしか売れないのです。
 
高く売ってあげたいから、その人に関心をもって質問するし
その人自身も他の人も気づかない価値がどっかにないかな、と観察しています。
 

「自分がされたら嬉しいだろうな」

ということを人にしてあげましょう。

b0181744_17384256.jpg

by 073995332 | 2015-10-05 17:39