人気ブログランキング |

【わざわざ】

 
「あんた、このためだけにわざわざ来たの?」
 
はい。このためだけに片道2時間かけて車で三重県伊勢市まで行ってきました。
 
「このため」とは
 
①目の前の方が、確かに登記手続きを依頼した本人に間違いないかの「本人確認」
 

 
②昔に手続きしたときに発効された権利証をなくしたので、その代わりになる
「本人確認情報」を作成するため

です。
 
おかげでほんの少し観光ができました。
たぶん、伊勢神宮の外宮に行ったの初めてじゃないかな。
 
 
本人確認とか本人確認情報作成は、「わざわざ」ではなく行くのが当然のことですが
私が「わざわざ」にこだわっていることがあります。
 
それは・・・

「わざわざ会いに行く」
 
です。
 
仕事をいただける方に会いに行くのは「わざわざ」ではない
 
「わざわざ」とは

・仕事になるかどうか分からないけど会いたい

とか

・よく分からないけど面白そうだから会いたい

場合に、会いに行くのを「わざわざ」と考えています。

先日も、大阪にどうしても会いたい人がいたので会いに行ったら

「え?わざわざ名古屋から来たのですか?」と言われましたし。
 
よく考えたら、私自身は「わざわざ」という感覚はあまりありませんが、相手の方が「わざわざ」という感覚を持たれることが多いですね。
 
大阪の件は、大阪にしかその人がいないから
「大阪行かなしゃーない。大阪行くの当然。」
なんですけどね。
 
大阪行くために投下した時間もお金も、しっかり回収できたので
「わざわざ」行った甲斐がありました。
 
仕事で「わざわざ」をする意味は、「わざわざ」会ってお話をすることができれば
仕事が受注できたり、誰か人を紹介してもらえたり、何かしらチャンスをつかめるから。
 
会いもせずに頭の中で損得を考えていたら、チャンスをつかむ確率はグンと下がります。
 
 
確かに、自分の仕事を「時給いくら」で考えたり「費用対効果」を第一に考える方には
「わざわざ」する意味が分からないかもしれません。
 
現在、私が「わざわざ」していることの一例は
 
・月一回「わざわざ」無料相談会に参加している。
・月一回「わざわざ」多治見市で開催されている「岐阜成功塾」に参加している
・不定期だけど、「わざわざ」他県でセミナー受講している
 
あまり「わざわざ」という感覚はありませんが、人から見たらこれは「わざわざ」ですよね。
 
きっと目先の「時給いくら」で考えたら、無料相談会も「岐阜成功塾」も無駄なことです。

でも、無料相談会なら、私がそこにいるということで意味があるし
岐阜成功塾なら、受講者との関係を深めることができるということで意味があります。
 
自分の仕事を「時給いくら」で考えるのも、時には必要かもしれません。
でも、数字でばかり物事を考えていては、「数字に表れない価値」を評価することが難しくなります。
 
なので、時には「無駄かも」と思うことをしたり、人から見たら「わざわざ」と思うことをやってみて
「数字に表れない価値」を探してみてはどうかと思います。
 
「赤福氷」食べたかったな
b0181744_1974443.jpg

by 073995332 | 2015-08-17 19:08 | つぶやき