人気ブログランキング |

【キラキラネームと家庭裁判所】


2014年上半期キラキラネームランキング1位は「苺愛」…なんて読む?
http://resemom.jp/article/2014/09/18/20494.html

という記事をみて、この子どもたちが物心ついたときどう思うだろうかとふと心配になりました。
「黄熊(ぷう)」って、名前はどうなんだろう?

ちなみに、キラキラネームとは
パッと見で読めないような当て字や、外国人によくある名前を無理やり日本の漢字に当てはめた、一般的に「奇抜な名前」とされる名前です。


もし、物心ついたときに「黄熊(ぷう)なんて名前は嫌だ!」と思ったら、家庭裁判所の許可を得て「名」を変更することができます。

名の変更は、戸籍法107条の2で「正当な事由」が必要とされています。
「正当な事由」としてみとめられたものとしては、珍奇・難解・難読のほか、営業上の目的から襲名する必要がある場合があります。
また、永年使用し(長いほど良いですが、成年の場合は通常5年以上、子供の場合はもう少し短くてもよいと言われています)通称として通用している場合で、戸籍上の呼称を使用するとかえって社会生活上著しい支障が生じる場合には、名の変更が認められる余地があります。

仕事で名の変更許可手続きの相談を受けたことはまだありませんが
昔、ご依頼をいただいた方で、戸籍上の名と異なる通称名を使う方がいました。

通称名を使う理由は忘れましたが、なんでも名の変更許可手続きのための「実績作り」と仰っていました。
「正当な事由」で永年使用というのがありますからね。

また、ストーカー被害にあっているから名の変更を考えているという、夜の仕事に就いている女性もいました。
名の変更が認められなければ身の危険があるからって。

キラキラネームはともかく、できれば親からもらった名は大切にしたいですよね。


かくいう私も戸籍上の名は「尚仁」で、名刺には平仮名で「なおひと」と書いてあります。
仁がつくから皇族っぽくて好きなのですが、かたい印象ですよね。
平仮名はやはりやわらかい印象です。

2年前くらいに、たまたま風水の方に名前を見ていただいて、平仮名にすることを勧められたので以来平仮名を使っています。
良いと思うことは何でも試していますが、平仮名のほうがやはりウケが良いです。
心なしか運気も上がっています。

キラキラネームではないですが、元横綱の「花田虎上(はなだまさる)」も改名してますよね。
「勝」から「虎上」へ。とてもまさるとは読めません。
彼もやはり風水の方に勧められて改名したらしいです。

私は、当て字のような漢字の改名を勧められなくてよかった。

b0181744_21552857.jpg

by 073995332 | 2014-09-21 21:56 | つぶやき