人気ブログランキング |

【 お店のウリ 】


「私はチャーハンの美味しいラーメン屋が大好きです」

ラーメン屋に行けば「餃子」を食べるって方は多いと思いますが、私は断然チャーハンです。
「餃子」はどうでもいいです。

余談ですが、チャーハンと焼き飯の違いって何ですかね。
大学時代、関西にいたときにはチャーハンって言葉は聞いたことなくて、友人たちは「焼き飯」と言ってました。

でも、なかなかチャーハンの美味しいラーメン屋ってありません。
なかなか無いから、近所の「餃子のO将」のチャーハンで我慢していました。

ところが、先日、「チャーハンも美味しいラーメン屋」に出会いました。
ポイントはチャーハン「も」美味しいです。

私の中学校の同級生が経営しているお店。

【麺日和千秋店】

↓  ↓  ↓

http://tabelog.com/aichi/A2302/A230201/23043253/

特に、チャーハンの好きな方にはオススメします。


例えば、ラーメン屋がラーメンが美味しいのは絶対条件で、その他に「ウリ」があるお店は強い。
ラーメン店がラーメンの味だけで勝負するとなかなか大変。

チャーハンの美味しいラーメン店
餃子の美味しいラーメン店
セットメニューの豊富なラーメン店
ヘルシーな味のラーメン店
美人の店員さんのいるラーメン店
・・・・・・・・・・・・

どうでもいい話ですが、今まで私の名刺は「美人の店員さん」のいる名刺屋さんにお願いしていました。

司法書士という職業も「(最低限の)法律に詳しい」というのが絶対条件で、それ以外の「ウリ」をどうやって作っていくのかを考えないといけません。
仮に「ウリ」が値段の安さだとしたら、競合する事務所が値段を下げたら、下げざるを得ません。

かなり昔、ある不動産会社の社長に「おい、知ってるか。あそこの事務所はどんな登記でも1万円でやってるぞ」と言われたことがありました。
「そうですか!じゃあうちはどんな登記でも8000円でやります」って私が言うと思ったんでしょうね。
当時の私には、仕事がぜんぜん無かったのですが、値段で勝負していたらどうしようもないと思っていたので、「へー」とだけ答えておきました。

もし、司法書士が自分の「ウリ」を誤解してしまうと大変で、どんどんお客さんに分からない方向に行ってしまいます。

ウリが「いつ使うか分からない特殊な法律に詳しい」、「登記オンライン申請第1号」とか、「今まで世に出ている裁判例等を全て覚えている」とか。
それらは、同業者に対しては「ウリ」になると思いますが、お客さんにとっては「ウリ」にはならない。

そんな「ウリ」でお客さんは選びませんから。

士業の人って、仕事が少なくなると「勉強」してしまうって人が多いらしいです。
仕事が少ないから「新しい法律を勉強してお客さんにアピールしよう」と思うらしい。
私も一時、「勉強」しちゃいましたから。

今は、自分の「ウリ」が分かったので、勉強せずに人と会うようになりました。
人と会わないとチャンスなんて生まれませんから。

司法書士のウリが「法律に詳しい」でなかったら、はたして「ウリ」ってなんなんでしょうね?
司法書士に限らず士業の「ウリ」って何なんでしょうね?

実は、「ウリ」を知る手っ取り早い方法は「お客さんに聴くこと」です。


あーまた「チャーハン」食べたくなってきました。

b0181744_17283561.jpg

by 073995332 | 2014-05-24 17:30 | つぶやき