人気ブログランキング |

多重債務者とは

先週金曜日は、私が所属するNPO法人「クレサラあしたの会」を代表して瀬戸市役所にて研修会の講師を務めさせていただきました。お題は「相談者の立場に立った多重債務の現状について」です。

これは、瀬戸市を始め、春日井市、小牧市、尾張旭市、豊明市、東郷町、日進市、長久手市の消費者問題担当者で構成される「尾張東北部消費者行政研究会」の研修会の一環で、「現場の声を聞きたい」との要請がありましたのでお話してきました。

当会の地道な活動が認められたということでしょう。

午後2時から4時までの講義で、当初は、前半は鈴木司法書士が債務整理の方法について、後半は私が多重債務の現状とあしたの会の紹介について話す「予定」でした。

「予定」というのは、「債務整理の方法」について高度な内容だったため、受講生のモチベーションが下がったと見受けられましたので、急遽私のパートの内容を変更。
私の経験を面白おかしく、そして役所の方が多重債務問題に関わるときの注意点5つお話しました。

もし、私の経験を聞きたい方は、私をつかまえて聞いてくださいw

「多重債務者という特殊な人はいない。誰でも多重債務者になりうる。」

これは、私が特に伝えたかったことです。

・昨今の不況から、安定した収入を得ることが難しくなった。
・気軽にローンが組め(特に車)、クレジットカードを作ることができる。
・収入の増加を見越して、段階的に金利が上昇する住宅ローンをくんだが収入が増えない。
・消費を煽るマスコミ
・・・

多重債務に陥る「種」はそこいら中に散らばっています。

司法書士なんて「安定した収入」からとてつもなく遠いところにいますので、私も多重債務に陥っても何の不思議もありません。

「毎月決まった日に決まった給料が入り、年2回ボーナスまで入る。」
そのような職業は、非常に希有ではないでしょうか。

公務員という「希有な職業に就いている方々」にどこまで伝わったかは分かりませんが、ご自身たちが「希有な職業」に就いてることに気づいていただけたら有難いのですが。


最後に・・・
瀬戸市は、電車で行っても少々遠かったです。
by 073995332 | 2012-03-19 18:30 | 債務整理