人気ブログランキング |

伝える

「自分にしか分からない話をする」
「こちらの話を聞かないで一方的に話す」
「同じ話を繰り返しする」


ちょっと聞きたいんだけど、とお電話いただくことがありますが、上記のような方は案外多いです。
こちらに何か伝えたいのではなく、愚痴不満を言いたいだけじゃないのかと勘ぐりたくなってしまいます。

友人同士ならいざしらず、見知らぬ人、それも「何とか士」とお話するのは難しい印象をもたれるのかもしれません。

たしかに「何とか士」の中には相手が法律用語を言うと過剰に反応して、少しでも間違ってるとご丁寧に訂正する少し「めんどくさい人」もいます。

私が聞いても「そんなの聞き流しておけばいいじゃん。めんどくさいなあ」と思います。

私は相談内容の大本に関係ないことなら、不正確な法律用語であっても聞き流します。
言いたいことはこれこれこうなんだろうな~と

法律用語が分からないから専門家に頼むわけだから、不正確なことを仰っても構いません。
「いつ」
「どこで」
「だれが」
「どうした」
「何をして欲しいのか」

だけ話してもらえればいい。

まあ、「伝える」って簡単なようで案外難しいんですけどね。
電話相談では「音声」しかありませんから、視覚で説明を補ったりできないのでなおさら難しい。

今日お電話いただいた方は、「自分の話したいことだけ話す方」。
お話の内容を私の頭の中で整理して、内容を相手に「要約」して伝えることで、やっと相談内容が判明しました。

「要約」することが大事です。

相談内容がぐちゃぐちゃでもお電話くださいね。ちゃんと「要約」しますから。

********************************

「僕の伝え方が悪いから君との間でズレがあるんだな」

・・・違います。

伝え方以前に当たり前のことをやらないから好きになれないのです。

聞かれたことには答えない。
法務局の一般市民に誤解を与える行為に断固抗議しない。
無駄な事業にお金を突っ込んでおいて、支部会費を徴収しようとする。
いままで相談センターの広報を何もしてないのに、何をやっても無駄という。

だからあなたを好きになれないのです。
by 073995332 | 2011-11-30 17:16 | 登記