長らくの間、こちらに記事を書き連ねていましたが
 
2018年11月5日からは
 
アメブロに記事を書いています


「相続で泣くもんか!究極の遺言書メイカー司法書士村瀬なおひと」
https://ameblo.jp/726naoism/



どうぞよろしくお願いします。

[PR]
# by 073995332 | 2018-11-07 17:19
 
「相談に伺いたいのですが、何を持っていったらいいですか?」
 
電話等でご相談の予約をするとき、必ず聞かれるのが
 
費用
持ち物
 
「費用はいくらかかりますか?」
「持ち物は何がいりますか?」
 
です。
 
費用はおおよその金額を伝えて、後で見積書を作る
持ち物は、ご相談内容によって違いますが、相続なら
 
・相続する資産についての書類(登記簿、権利証とか通帳など)
・本人確認書類
・(実費分の)お金
 
ぐらいですね。

細かな
出生から死亡までの戸籍謄本
住民票の除票など
 
を口頭で伝えても伝わらないから、事務所に来ていただいてから
 
必要書類一覧を見せながら説明しています。
 
 
私は専門家なんで、相続手続きは何百件も扱ってお手のものですが
一般の方は相続手続きするのは(父母の相続の)2回くらい。
 
だから、分からなくて当たり前、書類が揃ってなくて当たり前
本人が分かりやすそうな書類だけをとりあえず持ってきてもらいます。
 
私も何か手続きするときは、事前に持ち物の確認をしますが
電話口でブワーと話されても覚えられないし、メモを取れない時だってある。
 
覚えられるのなんて、せいぜい、2、3個でしょ。
 
自分が覚えられないのに、人に覚えさせようなんて気づかいがなさすぎですからね。
 
たまに役所に問い合わせをして
 
「これとこれとあれと、そしてこれと・・・・」
 
という具合に気を使うことなく、延々必要書類を話す人います(笑)
で、イライラして「あと何個必要書類ありますか!」と電話口で言ってしまうのが私です。
 
自分がやられて(今でもやられる)とても嫌だったので、自分のお客さんには
手紙やメールなど文章にして伝えます
 
 
これは間違いないことだと思うけど、あなたが電話で問い合わせをした際に
 
「これとこれとあれと、そしてこれと・・・・」
 
という感じに必要書類を伝えるような事務所、会社と取引するのは止めた方がいいっすよ。
 
あなたのことを思いやってくれる事務所、会社と取引するようにしてくださいね

 
b0181744_18465985.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-11-02 17:00
 
「どうして私を選んでくれたのですか?」
 
以前、自分を贔屓に使ってくれるお客さんにそう尋ねた方がいいよ
という記事を書きました。
 
【さよなら「強み」を教えてくれた人】
https://na0ism.exblog.jp/28344089/
 
で、自分では専門知識の深さでお客さんに選ばれていると思っていたのに
実は、お客さんは「人柄」で選んでくれていた、というのはよくある
 
だから、自分の選ばれてるポイントを伸ばそう。
というのは「基本のき」です。
 
実際に私も長年取引してくれている会社の社長に質問して
思わぬ特長で自分が選ばれていたことを知ったクチです。
 
そんな自分の特長が分かったので、その特長が活きる仕事内容は何か
どういったお客さんに自分の特長が活きるのかを研究しました。
 
例えば、「人柄」で選ばれている人は、徹底的にその人柄を良くすれば
ますますお客さんに選ばれやすくなるわけで、専門知識を増やすより楽。
 
でも、先日、お話したある専門家の方は
 
「人柄で選ばれている自分はダメだ!」
「もっと専門知識を増やして専門知識で選ばれるようにしないと!」
 
って、言っていて私にはかなりショックでした。
 
だって、私のように
 
「人柄で選ばれた方が勉強しなくていいから楽じゃん」
 
って思ってる人ばかりじゃないんだ!
専門知識で選ばれたいって人もいるんだ!

というのは大きな気づきでした(笑)
 
でも、意地悪な言い方をすれば「専門知識比べ」をしたら
上には上がいるし、それに
 
AI
 
AIには勝てません。
専門知識自慢の人は、あと数年の命ですね。
 
そして、いくら専門知識を増やしてもその凄さが分かるのは
 
同業者だけ
 
お客さんが凄さに気づくのは稀の稀ですよ。
同業者に「凄い!」と思われても、お客さんとれなきゃ意味ないし
お客さんにも分かる自分の価値を表現して伝える努力をした方がビジネスになると思うんですけどね
 
やっぱ、士業の人は「同業者の目」が気になっちゃうんですね
仕事くれるのはお客さんなのにね。
 
私はお客さんの目しか気にしていません


b0181744_18002843.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-11-01 18:06
 
不思議なもので
 
「60歳以上の高齢独身女性のお客さんが多いです」
 
と名刺交換、または出会った人にお伝えしていると
本当に、60歳以上の高齢独身女性ばかりご紹介していただけるようになりました。
 
やはり、欲しいお客さんは絞り込んで人に伝えるって大事ですね

【あなたのお客さんは誰?】
https://na0ism.exblog.jp/28761385/
 
 
で、そういった女性に会ってお話を聴くと
  
寂しい
 
独り暮らしだから
子どもが離れて暮らすから
 
寂しいんです
 
という方が多いですね。
 
自分だっていつかは年を取り、ひとりぼっちになれば寂しいだろうし
パートナーに三行半を叩きつけられて子どもと離れ離れになれば寂しいと思う。

自分が20代や30代の時に感じなかった「寂しい」という感情が
アラフィフになって身近になってきましたね。
 
そういった寂しさを抱えている方に
 
「遺言書書きましょう」とか「相続対策しましょう」なんて言えるわけもなく
 
「どうしたら寂しくなくなるか」
 
を考えてあげることがあります。
 
・地域の活動に参加することを勧める
・私が話し相手になる
・ペットを飼うことを勧める
 
なんてことをしています。
 
あんまし法律専門家っぽくないですね
 
でも実は、私の実母も「60歳以上独身高齢女性」なので
他人事ではないんですよね。
 
私が顔を見せれば喜ぶし
私が母に頼みごとをすれば喜んで引き受けてくれる。
独りって寂しいんですよ。

母と同じ境遇の人を見るとほおっておけなくなる。
 
商売っぽくなってしまいますが、私と「見守り契約」を結んでくれた方とは
定期的にお話をすることができるし、私とでなくても親子間で結んでおくと何かと便利です

【「見守り契約」増えています】
https://na0ism.exblog.jp/28488652/
 
具合が悪くなった時には契約さえしておけば何かと便利です
介護施設との契約、役所、金融機関とのやりとりもすべて任せられる。
 
今月も数件の見守り契約の提案、締結をする予定です。

b0181744_17494957.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-10-31 20:28
 
自慢になるのかな?
私はよくSNSで読んでいる本、良かった本をシェアしているのですが
そうすると、私がシェアした本を買ってくれる人がいます。
 
別に本を買ってくれても私にマージンが入るわけじゃないけど
私のことを信頼しているから本を買ってくれるんだなと嬉しくなります。
もし、著者の方で本が売れずに困っている人は、私に言ってくださればSNSでシェアしますよ(笑)

 
で、私がシェアした本を買ってくれる人なんですが、仕事ができる人は
 
「今ポチッたから」
 
シェアした瞬間に
私の目の前で
 
スマホを操作して
 
Amazon
 
Amazonで購入しますね。
 
逆に仕事ができない人は

本屋さんに探しに行きます
 
私は、本屋が大好きなのでできるなら本屋で買いたいのですが
仕事のできる人が、その場で「ポチ」して購入しているので、それを見習って「ポチ」するようになりました。
AMAZONなら、本を探す手間が省けるし早く手に入りますからね。
 
 
ところで、あなたは人から勧められたりアドバイスされたことを実行していますか?

以前

教わり上手

についての記事を書きました。

【村瀬さんの言ってることウソですよね】
https://na0ism.exblog.jp/28564391/

教わり上手の人って教わったことをすぐに実践するから
可愛がられやすい。
 
私なら、「勧めていた本ポチったよ」と言われたら嬉しいから、また何か新しい情報を教えたくなっちゃいます。
 
「機会があったらやります」とか
「いいですね。そのやり方」と言うだけでやらない

そんなことばかり言っている方は、人が教えてくれなくなります

「あいつは言ってもやらないから」

ってね。
 
名刺交換等で知り合った人と仲良くなってビジネスにつなげたいと思うなら
仲良くなること。そして仲良くなるには教わり上手になることやと思うな。
 
言われたこと、アドバイスされたことを即実行する人いないから
やってみてください。
特に、立場が上の人にアドバイスされたら、実行してその後の報告もするとなお良いです。

b0181744_17580653.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2018-10-30 18:08