タグ:売り方 ( 4 ) タグの人気記事

 
  
うちの事務所は、年配の方の散歩コースのそばにあるので
  
「散歩でいつも看板を見ていて気になって」
 
という年配の方が、よく訪ねてこられます。
 
「いつも見ている」
 
というのが大事ですね。
 
いつも見ているから、気になる
いつも見ているから、覚えている
いつも見ているから、忘れない
 
私の司法書士という仕事は
 
今すぐ欲しい!
 
今すぐサービスを受けたい

ということはめったにありません。
 
いつか分からないけど、「その時」になったら利用する
 
という仕事です。
 
だから、覚えていてもらうことが大事だし
覚えてもらうより
 
忘れられないことが大事
 
 
忘れられないように毎年年賀状を出す
忘れられないように写真付き名刺にする
忘れられないようにマメに会う
忘れられないようにSNSに投稿する
忘れられないようにブログを週5回書く
 
「何かありましたら」でその何かを待つだけで、何もしない人は
やっぱり何もありません。

【「何かありましたら」では何もない】
http://na0ism.exblog.jp/27986852/
 
あなたみたいな仕事してる人は腐るほどいるんだもの
同業者と同じことしてたらすぐに忘れ去られます。
 
誰でもできることを誰もできないくらい徹底してやることが
忘れられないための一つの方法ですよね。
 
忘れられないように、で始めたLINE@ですが
いくら忘れられないようにって、いつもイベントの告知をしたりクーポンをバラまくだけではもったいない。
コミュニケーションツールとして使わないともったいない。
 
また、どんなことを発信するかで、あなたへの興味の持ち方も変わってきます。
 
あなたの一日の予定とかランチに何を食べたかなんて
芸能人でもないあなたに、誰も興味は持ちません。
 
あなたの見込み客が知りたいのは

あなたがどんな人でどんな考えを持ってる人なのか

なんです。

忘れられないように、そして興味を持ってもらえるような発信をしましょう。
 
あっ、LINE@の登録お願いします。
 
友だち追加


こっ恥ずかしいですが、忘れられないように顔出ししています

b0181744_11105263.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-18 12:24
 
 
昨日、所属している異業種交流団体「BNI」の勉強会に参加してきました。
 
「BNI」という組織では下記の写真のような「名札」をつけるのですが
昨日の勉強会に
 
 
という名札をつけている人がいました。
 
色々な組織に属するとたちまち
 
「お前はガンだ!」
 
と言われてしまう私の目は、その方にくぎ付け。
名刺交換して話をしてみて、ようやく保険業の方だと分かりました。
 
 
保険業の方って、みなピシッとスーツを着こなして
「私は信頼出来ますよフィールド」全開の方が多い。
 
でも、皆が皆そのような方なので
 
保険なんて誰に頼んでも一緒じゃん
 
と私は思ってしまいます。
 
でも、保険業の方からしたら
 
「いや!私にはこんな特長があってどうのこうの」
 
と言いたいのでしょうけど
 
私にはどの方も一緒。
 
「話を聞いてもらえれば分かる」
 
と言われても、話を聞きたくなるような人ってあまりいません。

難しい話されるんだろうな
「あなたが病気になったらご家族が・・・」とか脅されるんだろうな
 
なんて想像をしてしまいます。
 
でも
 
ですよ。
 
「信頼できますよフィールド」全開のはずの保険業の方が
 
 
って名札を下げてる。
 
この方から話を聞かないわけにはいきません。

 
たぶん癌になってしまったら保険には入れないでしょうけど
私の知り合いの癌家系の人とか、保険に癌の特約がついていない方には
 
癌(専門の保険)の人いるよ
 
って勧めやすいと思う。

「オタク専門の結婚相談所」とか
癌の人といった極端な方、私は大好きです。
大好きだし、もし保険が必要なとき、結婚したい人がいたら、彼らを真っ先に紹介します。

【「オタク専門結婚相談所」に学ぶ】
http://na0ism.exblog.jp/25262224/
 
 
保険業にかぎらず結婚相談所でも税理士でも
それこそ司法書士でも、お客さんにとっては
 
どの人も同じ
 
なんです。
 
どの人も同じなんだから
どの人と同じ事をしていたら興味すらもってもらえない
価格競争に巻き込まれる、仕事が来ない、そして共倒れです。
 
「同じじゃないんだ。俺は違うんだ」 
 
と思っていても、表現しなければ伝わりません。
それも端的に表現する。
 
 
ちなみに、私のBNI名札↓こうしました。
 
「司法書士に何頼んだらいいか分からない」
 
と言われたので司法書士無くしたりましたわ

b0181744_11271051.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-16 16:44

 
ひと昔、いや昭和の時代?
「○○士」という資格をとれば一生安泰だ、という時代があったそうです。
「○○士」という人自体少なかったし、景気も良くて「○○士」の仕事もたくさんありました。
 
「昔はよかったなぁ」
 
年配の同業者の方からは、そんなつぶやきが聞かれます。
仕事はたくさんあったし、今みたいに研修もない、自分も元気だったから(?)
 
私は「昔はよかったなぁ」というような良い思いはしたことがないし
「昔よい思い」をした同業者と仲が良いわけじゃない。
 
「昔はこうだった」「司法書士の仕事はこう」という固定概念はなくて
 
「人があまりやっていない分野で自分の強みが活かせる仕事」
 
をおぼろげながら追求しています。
 
 
「みんな」がやってることはやる必要がない
 
私がそんな考えを持つようになったのは、恐らく両親の影響が強かったから。
父はサラリーマンで、母は専業主婦でしたが
 
「人がやらないことをやれ」
 
と言われていたような気がします。
 
これは別に私の能力が高かったからとか頭が良かったからではなくて
幼いころ私自身にハンディキャップがあったので
 
普通に就職するのは難しいかもしれない
 
と両親が考えていたからだと思います。
 
・・・今にして思うとハンディキャップ云々より、性格的にお勤めに向いていなかったと思います。
勤めていた司法書士事務所を3ヶ月でクビになったし。
  
  
司法書士になってからも、先輩同業者たちが
 
「司法書士は登記で食っていかないかん」
「どれだけ邪険に扱われても笑顔で銀行に営業に行け」
「白い(センセイ)名刺を使え」
 
といくら言っていても
 
何で?
 
と聞く耳を持ちませんでした。
 
・登記だけが司法書士の仕事じゃないでしょ?
・なぜ、好きこのんで(銀行の仕事など)価格競争の中に飛び込まないといけないの?
・邪険に扱われたら気分悪いやん
・そんな、顔も分からない名刺なんて意味ないやん
 
【「センセイ名刺」はもったいない】
http://na0ism.exblog.jp/24738121/
 
大して知識があるわけじゃなく、資金力もない
そんな私がどうにかこうにか今の仕事を続けていられるのは
 
人と同じ事をやらなかったから
 
だと思います。
 
仕事を含め自分に関わる様々なことについて
同じ事をしないように年々少しづつ変えているから
 
「昔はよかったなぁ」
 
と私が言うことはなさそうです。
 
昔が良くて今がダメなら、今を変えればいいだけだから。

また、こんな↓くだらないタイトルのセミナーもやります。


b0181744_16292465.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-01-15 16:37
 
 
今日は車の運転したくなくて
電車の乗って少し遠方の金融機関に。
でも、Googleマップで見るより距離があって、最強寒波の中でも汗だくになりました。
 
金融機関は楽
 
司法書士という「肩書き」を名乗るだけで、安心して書類も渡してくれるし対応もいい。
金融機関は、司法書士がどんな仕事をする人かよく分かっているからね。
 
肩書きを名乗ると楽チンだから、ついつい肩書きに頼ってしまうのが私のような士業。
 
でも、一般の人にとって「肩書き」なんて興味がなくて
何となく頭いいんだな、勉強好きなんだな程度のもの。
 
司法書士が、税理士が、社労士が
自分の専門性をうったえたって、一般の人にとってはどこまでいっても
司法書士、税理士、社労士でしかありません。
 
だから、肩書きではなくて
 
①自分のスキルで
②誰を
③どういう状態にできるのか
 
を伝えないと、依頼はされないし売上もあがりません。
 
私の遺言書のケースであれば
 
・自分のスキル =傾聴、感情の共有、共感
・誰を     =65歳以上の女性を
・どういう状態 =「未来への想い」を余すことなく大切なご家族へ確実に伝えられる状態
 
精度がいまいちですが、こんな感じです。
 
見守り契約ならこれ、士業向けの売上アップコンサルならこんな感じと

それぞれ
 
自分のスキルで誰をどういう状態にできるのか
 
を、きちんと考えています。
 

【平成30年おめでとうございます!】
http://na0ism.exblog.jp/27923297/
 
のブログで書いたように、名刺交換の際、私は「司法書士」という肩書きを名乗らなくなりました。
名刺のデザインも変えます。資格は小さく書くようにしますよ。
 
依頼が来ない、売れていない人ほど、肩書きや資格にこだわったり
「商品名(例えば遺言)」や「手続き(例えば登記、確定申告)」を売ろうとします。
 
もったいないです。肩書きや資格を名乗るだけで売れる時代は終わっています。

資格はオワコン(終わったコンテンツ)

です。

資格の価値は、国家資格という信用だけ。
 
士業という人たちは、その信用を利用して、何をどのように売っていくか

を考えていかんとダメなんじゃないかな、と私は考えています

b0181744_18124566.jpg




[PR]
by 073995332 | 2018-01-12 18:17