病んでます。

原因はウイルス。

腫れて赤くなってます。

両目が014.gif

結膜炎にかかり、日常生活に支障をきたしています。


目が開けづらいし、目やにが凄く出ます。

汚くてすみません。

朝起きると目やにで目が開きません。

疲れやすくもあります。

こんな状態があと1週間程度続くらしいです。

勘弁してくれ042.gif
[PR]
# by 073995332 | 2009-06-26 17:10 | つぶやき
昨日今日は会社の「株主総会集中日」らしいですね。

司法書士と株主総会。

何の関係があるかというと「役員変更登記」

会社法では原則、取締役の任期は
「選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで」
とされています。

ですから、2年に一度は役員改選をする必要があります。
役員改選したら役員変更の登記をしなければならないのですね。

でも、会社法施行後、2年ごとに登記をする会社は少なくなりました。

なぜなら条件があるのですが、例外的に、最長「10年」まで役員の任期伸長ができるようになったからです。

こちとら商売あがったり007.gif


でも有り難いことに、私と取引してくださるある会社は取締役の任期を「1年」と定めています。

つまり毎年「役員変更登記」のお仕事をいただけるわけです。

ホントに有り難いです041.gif



司法書士 北名古屋市
[PR]
# by 073995332 | 2009-06-25 15:24 | 登記
「司法書士と弁護士」

最近では「債務整理」を巡って、利用者そっちのけで「職域争い」を繰り広げています047.gif
「職域争い」については詳しくは書きません。

「労働問題」を巡っては社会保険労務士とも「職域争い」になりそうな気配です。
こちらも利用者そっちのけの争いです。

司法書士も弁護士も裁判に関して言えば、同じ事をしています。
書類作って、裁判所で弁論をするということです。

ただ、裁判に臨む姿勢が若干違うかもしれません。
司法書士は法務省の管理下にありますが、弁護士は弁護士自治が認められてます。

ですから司法書士は「お上」に弱い。
とか、裁判所というお役所の気分を害しないことに神経を割いている気がします。

かたや弁護士は、気分を害しようがどうしようが自分の論理を展開して、力づくで自説を裁判所に認めさせる傾向にあるかもしれません。


たまたま「あの」弁護士がそうだっただけかもしれませんけど。

失礼だけど「笑う」くらい横柄で、なかなかインパクトありました。

裁判という真剣勝負の場で、ちょっとした「笑い」を見つけてしまう自分に少し呆れました041.gif
[PR]
# by 073995332 | 2009-06-24 11:10 | 裁判
全然知りませんでしたが、私の通う大学(院)でも、新型インフルの患者が出たみたいです005.gif

同じ地下鉄の沿線にある、某大学は休校になったので、うちの大学も休校になるかも・・・・

・・・・まずいです。

ここで休校になってしまったら、来月末に予定されている定期試験に多大な影響がありますから。

テスト準備のための1週間の休みなしに、定期試験に突入してしまいます。

たった1週間、されど1週間。

試験勉強のため、まとまった時間が取れるのは大きいです。

うちの大学から、これ以上インフルの患者が出ないことを祈るばかりです034.gif
[PR]
# by 073995332 | 2009-06-23 12:51 | 大学院
ようやっと梅雨らしくなりました057.gif

でも、朝から体調悪しデス。

午後は重い身体を引きずりながら、裁判をしてきました。

感情と感情がぶつかり合う裁判。
解決の糸口すら見えません。

当事者同士に「妥協」という文字がありません。

代理人は依頼者の利益を守るのが大事ですが、適当なところで解決するのも大事だと思います。

依頼者に押しつけはしませんが、根気よくお話はしています。

裁判で主張をぶつけ合うより、依頼者にお話する方に体力をつかうこともしばしばあります。

今日もかなり体力を使いましたので早めに寝ます014.gif
[PR]
# by 073995332 | 2009-06-22 17:13 | 裁判