私は、念願かなって司法書士になることができました。
 
でも、実際に、司法書士がどんな仕事をするのか全く知らなかったので
先輩司法書士や二世司法書士(親が司法書士の人)の話を聞いて、仕事のイメージを膨らませていったのですが
 
すると、どうも司法書士は

銀行や不動産業者から仕事が来ないと事業がなりたたない
 
ということが分かった。
 
だって、どの司法書士も、どこどこ銀行、なになに不動産から仕事をもらった話しかしないし
司法書士会の会長も「司法書士は登記で飯を喰わないかん」と言っていたし。
 
司法書士はそういうもの
司法書士はそれが「普通」らしい。
 
で、その「普通」になりたくて自分なりに銀行に仕事をくださいとお願いしたり
作り笑顔で少し強面な不動産業者にも足を運びました。
 
でも、さっぱり仕事は来ません。
頑張って「お願い営業」しましたがダメ
 
自分は、先輩のような「普通」の司法書士になれない
銀行から仕事をもらえないから普通になれない。
 
自分は、「普通」の司法書士になれないんだ。
 
なりたくてなった司法書士ですが、数か月ほどで「普通」の司法書士の道を諦めました(笑)
 
 
で、16年間、「普通」とはほど遠い司法書士でやってきたのですが
「普通」の司法書士をよく知る方々からは、こんな質問をされます。
 
「大安や月末は忙しいですよね」

→普通です
(大安、月末は、不動産業者等から登記の仕事が増える)
 
「事務員さん何人いるんですか」

→私1人です
 
事務員さんのことは、本当によく聞かれます。
(登記の件数を多く集めている「普通」の司法書士は、事務員さんがたくさん必要です)
 
また、【普通じゃないと言われる点】は
 
・銀行、不動産業者に営業しない
・でも営業に熱心
・司法書士業を中心に考えていない
・商標登録してる
・「10倍高くても選ばれる」と言ってる
・SNSに熱心
・士業の仲間を作りたがらない
 
です。
 
「普通」の司法書士をよく知ってる人の中に混じっても、「うま味」はありません。
むしろ、買いたたかれて便利に使われるだけ。
 
「よく知っている人」と接した方が楽だと思われがちですが、その人の「想像の枠外」のことをすると受け入れらなくなる。
商標とるとか、アップセル、クロスセルなんてことは「普通」の人は考えないし。
 
よく知られていない人に知ってもらうのは多少大変ですが、大変な思いをした分の「うま味」はある。
売り方も自由自在。
アップセル、クロスセル。
自分の代わりに他人に営業してもらうこともできる。
それに、司法書士をよく知らない人のところには、「普通」の司法書士は営業に行かないですしね

「普通じゃない」私から見たら、どうして銀行や不動産業者にこだわるんだろうと不思議でなりません。
 
司法書士になりたてのときは「普通」になりたくて仕方がなかったけれど
「普通」でなくてもよいと決めたらずいぶん楽になりました。
「普通」じゃなくても、ちゃんと事業としてなりたっていますしね。
 

※「普通じゃない」けど、ちゃんと資格は持っています

b0181744_10280314.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2017-06-11 16:27
 
親戚から紹介される仕事は緊張します。
おまけに、紹介者である親戚が同席する仕事はもっと緊張します。
 
私は、今年45歳になるおっさんなんですが
親戚は、私が乳飲み子の時から知っている。
私が45歳になろうと60歳になろうと、私が乳飲み子の時の記憶は鮮明に残っています。
 
なので、私がいつも通り、相談にのってご質問に答えているのに
  
「すごいなぁ感動したよ」
 
って、後からメールで感想が送られてきます。
 
「(乳飲み子だった子が立派に仕事していて)すごいなぁ感動したよ」
 
ってことだと思う(笑)
 
感動されてもなぁ
 
でも
「仕事スイッチがオン」
になった私を親戚に見せることはまずないですからね。
 
 
どの人もそうだと思いますが、仕事スイッチオンとオフでは人が違うのではないでしょうか?
 
私が仕事スイッチがオフの時は
 
無口
 
です
 
本当に
 
無口
 
です。

私は、人と会ったり、人と話すと疲れます。
ただ、人と会う時に「オフ」にしていては仕事にならないので
「オン」にしていますが、できるなら「オフ」にして無口で過ごした方が楽です。
 
親戚も「オフ」の私しか知らないから
  
「すごいなぁ感動したよ」

なんでしょうね。
 
でも、親戚はともかく
友人知人たちも私の仕事スイッチオンの時を知ってる人が少ないから
 
本当は何の仕事をしてる人?
 
って、聞かれることが少なくないです。
 
司法書士としてアカンことですね。
 
b0181744_19315205.jpg

 

 





[PR]
# by 073995332 | 2017-06-10 20:15
 
昨日のブログ
 
【とにかく「優しい」任意後見契約書】
 
「先生」と呼ばれる方々から、ご好評をいただいています。
ありがとうございます。
 
私の周りの「先生」は、先生と呼ばなくてもよい気さくな方々ばかり
 
でも

「『先生付け』しないと怒られる」

ような、おかしな士業の業界もあるみたいです。
 
「村瀬先生こんにちは」
「○○先生こんにちは」
 
といった感じ。
 
私は、年配の方でしたら「先生付け」しますけど、そうでなかったら「さん付け」です。
お互いを「先生付け」して呼ぶなんて、何だかバカっぽいと思う。
   
「先生」については、下記のようなブログを書きましたが
最近、出会った「先生」と呼ばれる職業について書いてみます。
    
【「先生」と呼ばないで】
http://na0ism.exblog.jp/22341410/
 
  
医師
 
たまたま、私が出会った人々が特殊であることを祈りたいですが
 
・名乗らない
・ふんぞり返る
・机に肘をついて話す
・アポの時間を平気で無視する
 
そんな医師に立て続けに出会いました。
 
「先生」「先生」って言われ続けると、あんな風になっちゃうのかと少し哀れになりました。

そういった医師に出会うと、「大人の対応」が出来ず
無駄なことだと分かっていても、医師本人に指摘せずにはいられません。
 
私の父が闘病中に、医師から心ない言葉を浴びせられたことがあるから
私は医師に対して強い不信感があるからなんだと思う。
 
父は病気で亡くなりましたが
私を含めた家族も、医師の言葉で殺されましたから。
 
「先生」は使う言葉に気をつけてほしい。
 
 
「先生」「先生」って言われるから気分良くなっちゃう人もいるかもしれないけど
「先生」なんて、ただの記号みたいなモン。

名前とか名字覚えるのが面倒だから、相手が「先生」って呼ぶだけ。
 
それだけのことです。 
 
「先生」「先生」と呼ばれて舞い上がったり
逆に呼ばれないから不機嫌になるなんてどうかしています。
 
「先生」なんて少しも偉くないです。
 
偉い人だったら、自撮り写真なんてとらないから

b0181744_18065882.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2017-06-08 18:09
  
最近、「任意後見契約」の仕事が増えています。
  
下記ブログで私の叔母のことを書きましたが
年齢を重ねて、連れ合いの方が亡くなったり、頼れる身内がそばにいない方はやはり心細い。
心細いし、自分の身体が不自由になったら何かと不便です。
 
もちろん、健康のまま、俗に言う「ピンピンコロリ」で亡くなれるのならそれでいい。
 
万が一に備えて「任意後見契約」はやっておいた方がよいです。
     
【母の日に任意後見契約を】
http://na0ism.exblog.jp/26857073/
  
で、任意後見契約は、文案を私が作成して公証役場でチェックをしてもらってから完成します。
   
一般的な文案は、こんな感じ
 
『村瀬尚武(以下、「甲」という)は、村瀬尚仁(以下、「乙」という)に対して~を委任し、乙は受任する』
 
個人名を、甲とか乙とか丙といった略称を用いて表現します。
いちいち文案中に個人名を入れることは少ないです。
 
それが当たり前
ひな形にそう書いてあるから
 
と、私は何の疑問も持たずに、今まで
 
甲、乙、丙
 
を使い続けてきました。
 
ところが、ある公証役場に文案のチェックをお願いして、修正してかえってきた文案には
 
甲、乙、丙が入っていませんでした。
 
村瀬さん
 
尚武さん
 
さん付けになっていました。
   
『村瀬尚武さん(以下、「尚武さん」といいます)は、村瀬尚仁さん(以下、「村瀬さん」といいます)に対して・・・』
 
また、契約書も
 
『尚武さんは、現在、自宅において何不自由なく暮らしていますが、将来の判断能力低下、車いす生活、寝たきり状態、手が不自由で文字が書けないなどの自由により・・・』
 
極力、難しい言葉を使わない
 
良い意味で、ショックを受けましたし
表現が優しくていいな、今後真似しようと決めました。
 
公証人で良い印象を持った人は、ほんの一握り
大概の方は、「上から」ものを言う方ばかりなのに
優しい文章が作れるなんて。
  
こんな文章作れる公証人がいるんだ
こんな人なら仕事を全部お願いしたいと思ったし
 
「ひな形」どおりの優しくない文案を作っていた自分がプロとして恥ずかしくなりました。
本当に猛省です。
 
 
おまけに、そこの公証役場は
 
独自のホームページ、ブログ、そしてフェイスブックページまである。
スゴイです。
 
ホームページもない、ブログもやってない司法書士は見習った方がいいですね。

【美濃加茂公証役場】
https://minokamo-kosyo.com/
 
中濃地方で定款認証、遺言書作成、任意後見契約の作成をお考えの方は
美濃加茂公証役場のご利用を強くお勧めいたします。
 
「文章スゴイですね。ショックを受けました」

美濃加茂の公証人に会ったら、絶対にそう伝えます。

b0181744_17425509.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2017-06-07 17:46
 
どの人に頼んでも結果は同じ。
士業の仕事の大半はそんな感じです。

だから、選ばれる決め手は「価格」になりやすい。
   
士業が売ってるものの多くは

「絶対にやらないければならない手続き」
 
例えば、税理士で言う、税務申告や記帳代行です。
 
「絶対にやらないければならない手続き」はニーズがあるし、どの税理士も欲しい仕事だから
価格競争が発生しやすい
 
価格競争があるし、他の税理士と差別化をはかるには、「ニーズのある仕事」ではかなり厳しいです。
 
司法書士で言うと、「ニーズのある仕事」は、銀行や不動産業者の仕事でしょうか。
銀行で融資をする際には、担保設定の登記手続きが絶対必要だし
不動産業者も、不動産売買の際には、所有権移転登記が必要になります。
 
そういった仕事はどの司法書士も欲しがるから、後発の司法書士は値を下げてでも受注したがります。
 
少し別の話になりますが司法書士にとって、営業先と言えば銀行、不動産業しかないと思い込んでいる人が本当に多い。
かなりもったいないことです。
 
で、「ニーズのある仕事」ばかり求めていては、労が多くなるだけであまりうま味はない。
 
なので、他の同業者と差をつけようと思ったら「ニーズ」ではなく
 
ウォンツ

です。 
  
・どのようなサービスがあったら嬉しいか
・今困っていることは何か
・なくても困ってはいないがあれば嬉しいもの
 
それが
 
ウォンツ

私は、ニーズのある仕事が来ても

「この人は何をされたら嬉しいのだろう?」
「この人のウォンツは何やろ?」

と探るようになりました。
 
依頼者のニーズを満たすだけではもったいない
「ウォンツ」にフォーカスできると、同業者に差をつけることができます

 
※今回のブログは「中井隆栄経営塾」代表中井隆栄先生のメルマガをヒントにしています。

b0181744_11474891.jpg


[PR]
# by 073995332 | 2017-06-06 11:49