<   2017年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 
今年1年通して良かったことは
 
寝込まなかったこと
 
です。
 
例年、春先とか季節の変わり目に体調を崩して寝込むことが多いのですが
今年はそれがありませんでした。
 
たった週1日ですが、筋トレ&キックボクシングを2時間ほど続けているのが大きいと思います。
 
派手?チグハグ?なウェアでみっちり汗をかいて(写真参照)
2リットルのペットボトルで水を飲む
たまに、キックボクシングで身体のどこかにヒビが入ったりするけど
身体もメンタルも鍛えられている。
 
自分も痛むことあるけど、殴ったり蹴ったりするとスカッとするし。
 
そもそも私がキックボクシングを始めたのも
私と年齢が変わらない人たちが体調を崩してバタバタ倒れていったから。
生死の境をさまよった人もいました。
 
また、「この人カッコいいな」と思っていた人の、すっかり足腰が弱った姿を見たことも大きかった
 
40年ほど人間をやっていると、自分の身体は自分がよくわかっているからと
慢心のようなものが生まれる。
 
また、仕事も忙しくなって
休んでなんていられない、とついつい無理をしてしまう。

何もしなければ身体は確実に衰えていくから
意識して休養、適度な運動をしないと身体はもちません。
 
・休むことも仕事
・トレーニングをすることも仕事の一つ
・無理をして身体を壊したらお終い
 
その3点は、去年の4月のトレーニング開始時から意識していることです。
 
時間ができたらトレーニングするとか
仕事がひと段落ついたら休む
 
これでは、いつまでたってもトレーニングできないし休めません。
 
誰に何を言われようとも
 
「これも仕事だから」
 
と、私は必ずトレーニングの時間は確保するし休みます。
 
「これも仕事」って自分に言って聞かせることって大事。
 
人生は短距離走じゃないから
トレーニングしながら休みながらボチボチやったほうが「長持ち」しますよ。

b0181744_21140957.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-29 21:25
 
12月28日をもちまして本年の仕事納めとします。
 
今年は、やりたい!と思っていた仕事がすんなり受注でき
やっぱり、やりたいことがあったら口にすることだ、ってことを再確認した年でした。
 
で、口にすればやりたいことが叶うのは分かったので
来年は、今年の事業を継続しつつ

「C」のつくこと
を始めたいと思います。
 
「A」「B」をすっ飛ばして、いきなり「C」です(笑)
 
「C」が出来たら、幅がひろがるし余裕ができます。
 
「C」・・・楽しみだな。
 
 
2018年は1月5日から通常業務開始しますが
LINE@は、正月関係なく稼働したしますので、お問い合わせがありましたら
LINE@までお願いします。

もし、LINE@の「友だち追加」がお済みでない方は、下記QRコードからお願いします



 
 
2017年も大変お世話になりました。
2018年もどうぞよろしくお願いします。

司法書士 村瀬なおひと

また、先ほど年賀状の発注をしましたので、1月1日元旦には間に合いそうもありません。
スミマセンでした。
 
このブログは、年内もう少し書き続けます。
 
b0181744_16341998.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-28 16:35
  
「弁護士とか司法書士の事務所って電話しづらいじゃないですか?」
「私自身も他の事務所に電話するときはドキドキするけど、一般の方のドキドキって私の比じゃないですよね」 
「だから私はLINE@というツールを使って、私とコミュニケーションをとりやすくしています」
 
そんな話を異業種の方にしたら
 
「あなたは進んでますね」
 
と褒められました。
 
人は他人のことは分かりません。
司法書士としたら、司法書士事務所なんて気楽に電話したらエエやん、と思ってるでしょうが
一般の方にしたら、電話をかけるハードルはとてつもなく高い。
 
だから、LINE@でシュッと私に連絡できたら、依頼者はとても楽だろうな、と思ったのでLINE@の導入をしました。
 
「LINEの登録は実名でなくてもできるからあてにならない」
 
そんな意見もあるでしょうが、私はそんなことはお構いなしです。
 
LINEを好きだろうが嫌いだろうが、世の中の流れがそうであるのだから
私は迷わず導入しました。
 
で、友だち追加お願いします

友だち追加
 
 
電話しづらいのなら、電話させなければいい。
電話だと資料が見えないけど、LINEなら資料を添付することだってできる。
 
こんな便利なツール使わない手はありません。
 
また、LINE@にはLINE@の使い方があって
LINE@に、このブログみたいにダラダラ文章を載せてもダメ

スマホでスクロールしなくても読めるくらいの文章量がちょうど良い。
 
フェイスブックとも違うし、Twitterでもない使い方をしないと意味ないです。
 
LINE@はすでに「オワコン(終わったコンテンツ)」である
 
メルマガ
 
と違ってメッセージの開封率が高い。
 
スマホにLINEの通知が来たら、とりあえず確認するけど
メルマガは確認されず削除されるのがオチ。
 
毎週同じ日時に記事を発信していれば、「友だち」の目に触れやすくなるし
私という存在を忘れずにいてもらえます。
 
電話のようなストレスを感じさせることはないし
決まった日時に記事を配信していれば「単純接触効果」が生まれて、私のことを忘れずにいてもらえます

※単純接触効果とは、簡単に言えば「接する機会が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなる」という心理学の法則
 
 
LINE@でつながっていれば、今すぐは私に相談することはないけど
私のことを忘れない限り、相談をしてもらえるチャンスはやってきます。
 
「司法書士です」って名刺をもらっても、保管してる人なんてまれ
大抵の人は名刺を無くしてしまって、名刺がなくなれば存在を忘れられますからね。
 

友だち追加お願いします

友だち追加

b0181744_19212435.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-27 19:21
 
私は、昔から
 
「人と同じことができない」

です。
 
学校で「こうしなさい」と言われてもできなかったり
何か他事を考えていて、やっぱりできません。
 
司法書士という仕事を始めた時も、他の司法書士と「同じこと」ができません。
 
「同じこと」をしようと、不動産業者や銀行に営業に行っても、けんもほろろ、木っ端みじん。
 
「どんなに(営業先で)断られても足繁く通うこと」
 
と言われても、自分には向いていないから、と通わなくなりました。
 
  

「同じこと」をしなくても、司法書士として生きていく道はないか
 
と考えるようになりました。
 
 
岐阜県多治見市の「多治見ききょう法律事務所」の木下貴子弁護士に
このブログで書いていただきましたが
 
「裁判をしない弁護士」
 
というのも、どの弁護士も裁判やるなら、裁判やらない弁護士がいた方が「尖る」し
競争にならなくても済むな、と思ったから。
 
それに、依頼者がみんな裁判を望むわけじゃない。
お互いの話し合いで、誰かの仲裁で問題が解決したほうが負担が少なくて済む。
 
弁護士がみんな裁判するんなら、木下弁護士は裁判やらなくてもいいでしょう
裁判で「切ったはった」をしてるイメージが浮かばないし。
 
【この言葉で希望が持てた~1年で嬉しかった言葉】
http://tajimikikyo.com/?p=2028
 
 
司法書士という職業は、悪い言い方をすると
 
「下請け」
 
です。
 
不動産業者の指示で不動産の売り買いする人の手続きをする
銀行の指示で住宅ローンの手続きをする
税理士等の指示で、会社の手続きをする 
 
ことがほとんどで、個人の方経営者の方から直接依頼をされることが少ない。
 
「下請け」の仕事は、私以外の司法書士もできるのだから、わざわざ私が「下請け」をすることはないな。
望んで「下請け」をしたい人はたくさんいるし。
 
他の人ができることはできなくていいから、自分にしかできないことをしよう。
 
そんな思いで仕事をしています。

実際に 

「下請けの仕事はしない」
  
と決めてからは、間に業者を挟まない、直接のご依頼が増えました。
 
 
※キックボクシングを始めたのも、私の周りでやってる人がいなかったからです
木下弁護士と

b0181744_17590119.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-25 18:04
 
「司法書士さんに何を頼んだらいいか分からない・・・」
 
仕事以外で名刺交換する機会があって
 
「司法書士です」
 
と私が名乗っても、相手の7割は「何を頼んだらいいか分からない」という反応です。
 
同業者とか他士業、司法書士が取引することの多い業種だと
「何を頼んだらいいか分からない」なんてことは、まずありませんが
 
私は、士業とか近い人と付き合うより
 
「自分の仕事と少し遠い人」

と、名刺交換したり、付き合うようにしているので「何を頼んだら・・・」になります。
  
【解体業、不要品回収業がパートナー】
http://na0ism.exblog.jp/27823591/
 
 
でも、司法書士がどんな仕事をするか知り尽くしている人が楽か、と言えばそんなことはなくて
 
深くその人のことを知ろうとしない
「司法書士はこの仕事をする人」
という固定概念に縛られているから、仕事が広がりにくい。

逆に、私にとって「何を頼んだら分からない」
と言われることは、マイナスばかりではありません。
 
その方が、真っさらな状態で私のことを理解してもらえますし

「司法書士なんて知名度低いから、知ってもらう努力をせないかんよ」
 
ということを言われてる気がします。

同業者や他士業の人は、そんなこと言ってくれませんからね。
 
 
私が取引したいのは、「司法書士のことをよく知っている人」ではありません。
 
司法書士のことは知らなくても、「私が何をする人かを知ってくれる人」です。
 
だから、名刺交換の時に、私が「司法書士です」と名乗るのも違いますよね。
 
例えば
 
「遺言、高齢者の見守りの専門家」
 
と名乗った方が、私が何をする人かは分かると思う。
 
司法書士だろうが行政書士だろうが

「自分に対してどんなことをしてくれる人なのか」

が伝わらなければ、存在しないのと一緒ですからね。
 
「伝え方」を再検討しよう。

b0181744_20225780.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-22 20:35
はんこ
 
あなたは、はんこを上手に押せますか?
 
私は司法書士という仕事を始めて、何が上達したかと聞かれたら
 
はんこを上手く押せるようになった
 
と答えます。
 
委任状
遺産分割協議書
申請書
 
依頼者にはんこをいただく機会は多いのですが
どの方も、はんこを押すことに自信がない。
 
「代わりに押してください」
 
と言われ、押すこともしばしばあります。
 
「家で押して持ってきますから」
 
という方もおられますが、あまり上手にはんこ押せていません。
 
<はんこが上手く押せない理由>
 
・朱肉が古い
・印鑑の掃除がされていない
・印鑑自体の作りが押しにくい(例えば、ものすごくはんこが短いとか)
・力の伝え方が偏っている
 
こんなとこでしょうか。
 
朱肉が新しかったら、どんな人でも上手く押せるし力もいりません。
印鑑ケースについてる朱肉は使わない方がいいです。
 
私がはんこ押すの上手いのは、朱肉が新しいからかもしれません。
 
 
「内容よく読まなくて」
「素人でよく分からないから」
 
で、書類にはんこを押される方が少なからずいます。
 
「せめて、(契約書に)はんこを押す前に相談に来てくれたら」
 
そう思うことたくさんあります。
 
保証人なるとか
お金を借りる場合とか
債権を放棄するとか
 
よく書類を読んではんこを押してくれたらと思うことがある。
 
先日の「一筆」といい、今回の「はんこ」といい
どちらも後になって、取り返しのつかない事態になったりします

【「一筆」取れば安心か?】
http://na0ism.exblog.jp/27780553/
 
 
専門家の私ですが、仕事で書類を読むときは
 
「絶対にどこか引っかけがある」
 
と思って意地悪い目で書類を読みますが
 
プライベートでは、あまり書類を読んでいなかったりします。
幸い、それで痛い目にはあっていないけど、「値段」を確かめずにものを買って、ビックリすることはよくあります。

はんこを押すときは気をつけましょう

b0181744_16390844.jpeg
 


[PR]
by 073995332 | 2017-12-21 16:39
 
「村瀬先生ですか?○○新聞に広告掲載しませんか?」
 
「(新聞広告は)効果がないので載せません」
 
「・・・・」
 
ホームページ製作とか広告掲載の営業電話、結構かかってきます。
基本的に広告掲載はお断りしているのですが、たまに面白そうな媒体には載せています。
 
フリーペーパーの創刊号とか
市役所の封筒広告とか
駅の看板とか
 
一度掲載したら、とりあえず3年ほど継続して、その広告の効果をみてみます。
3年やってみて効果が上がらなければスッパリ止める。
 
・フリーペーパーは、私の求めるお客さんがあまり読まない
・封筒広告は良かったけど、私が思うほど市役所に人は行かない
・駅の看板は、スゴイですね、って言われるだけ。
 
やってみて分かることはたくさんある。
 
どの新聞か忘れたけど、新聞広告も3年くらいやったから
 
「効果がない」
 
と、はっきり言えます。
 
 
「えっ!あんなのにお金払ってるの?」
 
あんなの、電話帳広告はずっと続けています。
 
職種によっては、電話帳は「あんなもの」「あんな役に立たないもの」扱いされますが
私の司法書士という仕事は、まだまだ電話帳を見てお問い合わせされる方が少なくない。
 
ブログとかSNSとかやって
web集客ばかりやってるかと思われがちですが、地味に電話帳広告載っけてます。

で、ここ2年くらいやってるのが
 
「老人会の会報誌」
 
これに広告載っけて効果を見ていますが
広告載せてるのが
 
病院とお寺
 
・・・そりゃー必要でしょうが、ちょっとねぇ(笑)
私も人のこと言えないけど。
 
 
私にとって電話帳広告は、直接ご依頼をいただくため。
反対に、SNSは、「友だち」になってる人からご依頼をいただくためではなく
「友だち」の背後の人脈を紹介してもらうために使っています。
 
たまに、SNSで「友だち」に売り込んでる人を見ますが、あれはやってはいかんことですね。
SNSは売り込みツールじゃないから。
 
b0181744_14145649.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-19 14:15
 
先日
 
「コミュニケーションが上手くいった、ってどんな状態なんだろう?」
 
って話し合う機会がありました。
 
会話がスムーズに行く
初対面の人とでも仲良くなれる
 
そんな意見がありました。
 
でも、私は
 
「好きな異性に好意を持たれる」
「見込み客に、もう少し話を聞かせて、と言われる」
 
それが、上手くいった、ということじゃないか
それしかないじゃん、と意見したら
 
沈黙
 
少しダイレクトすぎたみたいです(笑)
 
 
異性はさておき
見込み客、お客さんになる人とのコミュニケーションは大事
 
お客さんとのコミュニケーションって、売り込みじゃない。
そこのところ誤解している人多くないですか?
 
自分の商品サービスをこちらの関心お構いなくしゃべり倒して
スッキリしてる人よく見ませんか?
 
お客さんとのコミュニケーションについて、こんな記事も書いています

【できるだけがんばらない私の営業法】
http://na0ism.exblog.jp/26435380/
 
  
コミュニケーション、営業をしてきて
私自身にも、コミュニケーション取りにくい人、取りやすい人があることが分かりました。
 
だから、取りにくい人のところには行きません。
コミュニケーション取ろうと思えば、取れるでしょうけど大変そうなので行きません。
仕事の成約率も低いし、楽しくない。
 
どんな人と、コミュニケーション取りにくいのかは内緒です。
 
逆に、取りやすい人には、
 
「どんなことをしてもコミュニケーション取れる、好かれる」
 
という自信があるので、とても楽
仕事の成約率も高い。
 
 
営業をかけてくる人って

「目の前の人を自分のお客にしよう」

と意気込んでいますが、何も目の前の人をお客にする必要なんてない。
  
見込み客に、いきなり「もう少し話を聞かせて」と言われなくても
コミュニケーションの回数を重ねれば信頼関係がだんだん増して
 
紹介
 
が生まれやすくなります。
 
コミュニケーションは焦らず、じっくり回数を重ねれば
それだけ深い信頼関係を築ける。
 
「異性」とか「見込み客」とか、ギラギラしている私ですが
コミュニケーションは、ゆっくり気長にやっています。

b0181744_18330571.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-18 18:33
 
 
先日、パートナーの誕生日だったので、プレゼントを贈りました。
いつもなら、お店をいくつか見てプレゼントを選ぶのですが
今年は、キックのやりすぎで右足が腫れたので、ネットで注文。
 
ロクシタン
 
昔からプレゼントをするときの基準は
 
実用的で邪魔にならなくて、かつ相手が喜ぶもの
 
です。
 
ロクシタンの香水やハンドクリーム、シアバターは実用的だし
邪魔にならず喜ばれるから。
 
「実用的」って下手をすれば「面白みがない」ととらえられるけど
喜んでもらえて良かった。
 
 
女性に何かプレゼントをするときは、いろいろ悩みます
相手の気に入らないものを贈ってはマイナス
 
でも、お客さんに対してプレゼントではなく
プレゼンするときには、私はあまり悩みません。
 
特に経営者の方。
 
喜ぶこと、関心あることは3つに絞られるから。
 
いくら自社の商品サービスに自信があっても、経営者の喜ぶこと、関心事から外れていては興味はもってもらえません。
 
私も経営者なんで、営業の方からプレゼンを受ける機会はありますが
経営者である私が喜ぶこと、関心事にはカスリもしません。
 
以前に、こんな記事も書いていますのでご参照ください。

【経営者の3つの悩み】
http://na0ism.exblog.jp/24956109/
 
私なんてこのブログで

こんなことをされたら嬉しい

ということを、さんざん書いているのに、どこの営業も私が喜ぶ提案をしてくれていません(笑)
 
営業の方がしているのは、「お願い営業」と「売り込み」だけ。
 
営業先である私に、ほんの少し関心を寄せれば分かるんですけどね。
 
 
営業まではいきませんが、私は男女問わず
 
この人と仲良くなりたい
 
と思ったら、やっぱりその人の喜ぶことをしてあげますね。
 
男性だったら、その人の仕事が上手くいく提案、アイディアの提供
女性の場合は・・・・何をしているだろう?話を聴いて共感はしているような気がします。
 
男性でも女性でも、その人の邪魔にならないようには気をつけています。
 
b0181744_17110865.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-15 17:38
 
子どもの社会の宿題で
 
都道府県の県庁所在地を調べる

というのがありました。
 
中部の県なら分かるけど、他の地域はちょっと分からない・・・
 
「福岡県って博多が県庁所在地じゃないの?」
 
と、子どもに言ったら
 
「福岡市だよっ!」
 
と、怒られながら教えてもらいました(笑)
県庁所在地は分かりませんでしたが、福岡は大好きな町の一つです。
 
県庁所在地って難しい・・・・
 
「博多市?バッカじゃねえの?」
 
と思われたあなたの質問です。
 
東京都の県庁(都庁)所在地はどこか分かりますか?
 
答えは、この記事の下に書いておきます。
 
 
司法書士の仕事をしていて、時間が取られる作業に
 
戸籍収集(戸籍集め)
 
があります。
 
相続の手続きをする場合には
 
亡くなった方の出生から死亡までの戸籍
 
が必要になります。
 
で、戸籍を取るのには「本籍地」の役所に戸籍請求をする必要があるのですが
そんな時に欠かせないのが
 
ネット
 
インターネットです。
  
「○○町ってどこ?」
「△△村なんてあるの?」
 
ネットで調べれば一目瞭然
 
今日も○○郡△△村が現存するのか、それとも市町村合併で消滅したのかを調べました。
ネット、特に「ウィキペディア」だと、市町村合併の変遷まで分かるのでとても助かります
ネットが発達していない時代は、よっぽど大変だったでしょうね。
 
・・・・でも、「本籍」って何のためにあるんですかね?
もうちょっと戸籍が簡単になってくれたら、戸籍集めに時間を取られずに済むのに・・・
 
相続手続きって、素人の方でもできるのですが
 
「できない!」 

とつまずくのが、戸籍集めが原因だったりします。
 
戸籍集め、でつまづいた方、私までご連絡ください。
LINE@でも連絡できます。

友だち追加


答えは「東京都新宿区西新宿二丁目」です。

http://www.seisakukikaku.metro.tokyo.jp/soumu/sonota/syozaiti.htm

b0181744_18025131.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-14 18:09