<   2017年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 
「人を紹介してほしい」
 
と紹介を求められた時、どうしてますか?
 
先日、カメラマンをされている方に
 
「ペットを溺愛している40歳すぎのおじさん(!)と一緒にペットの写真を撮りたいから
そんなおじさんを紹介してほしい」
 
と紹介を求められました。
 
そんなとき、44歳のおじさん(私)は

「その人がたくさんいるところはどこですか?」
 
といつも質問を返しています。
 
別に意地悪してるつもりはないけれど、魚釣りで例えるなら
イワナを釣りたい人にはイワナがたくさん釣れるところを教えてあげた方が効率がいい。
 
では、ペットを溺愛しているおじさんは、どこにたくさんいるか
 
カメラマンの方は次のところを列挙しました
 
・ドッグラン
・動物病院
・ペットショップ
・動物愛好家の集まり
・他
 
じゃあ、そこを紹介しましょう、と紹介できれば一件落着
 
・・・ではありません。
 
例えば、私の仕事で、遺言の仕事が欲しいので年配の人を紹介してほしいとします。
 
・老人ホーム
・病院
・老人会
・他
 
を紹介してもらっても、きっと仕事にはなりません。
 
なぜなら、そういったところには、私のような人が既に「営業」に行っているから。
 
「遺言の仕事します!」
 
といくら売り込んでも嫌がられるだけです。
 
紹介されても仕事にならない。
ではどうするかですが
 
老人ホーム、病院、老人会の喜ぶことを私がしてあげる、困っていることを私が解決できれば
私の話に絶対耳を傾けてくれます。
ちなみに私は、老人ホーム、病院の困り事を解決できます。
 
もし、カメラマンの方が、ドッグラン等の喜ぶこと、困っている事が分かっていれば
きっと快く40歳すぎのおじさんをたくさん紹介してくれると思う。
 
 
「営業」になると、売り手は「買ってください」「契約してください」「紹介してください」の一点張りで
買い手や紹介者の関心事には興味を示しません。
 
商品やサービスの営業をしている方、心当たりありませんか?
 
私もよく「営業」されますけど
誰も私の喜ぶことをしてやろう、困っていることを解決してやろうという人はいません。
 
SNSやブログで、好きなこと、困っていることを、垂れ流してるので
調べようと思えば簡単に好きな事、困り事は分かるはずなんですけどね。
 
大事なことなので繰り返しますが
 
相手の喜ぶことをする
相手の困り事を解決してあげる
あなたにそれができれば、誰もがあなたの話に耳を傾けます
 
b0181744_18505290.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-29 19:03
 
先日、自動車保険の更新で保険代理店をお邪魔しました。
 
私がいつもムダ話をして迷惑をかけているのですが
 
「SNSの発信をしろ」
「これからはLINE@だ」
「電話番号もそろそろオワコンになる」
 
そんな話をしました。
 
発信はしていないものの、私の発信を見て
 
傷害保険を勧めたことは関心しました。
 
「キックボクシングで手首痛めてますよね。こんな保険どうですか?」
 
って。
 
SNSでつながっていれば、リアルに会わなくても相手の状況が分かるから
コミュニケーションがとても楽になる。
 
傷害保険を勧められるとは思わなかったけど、相手の状況が分かればサービスを勧めやすくなりますよね。
自動車保険の等級があがって保険料が下がったので、勧められるまま傷害保険に入りました(笑)
 
 
で、お話していて「小林麻央さん」の話になり
不謹慎かもしれないけど、保険屋さんはチャンスだよね、って。
 
生命保険に入りましょうではダイレクトすぎるから
もう少しやんわりと勧める
 
小林麻央さんが乳がんを患って以来、私の周りでも検診する人は増えたし
私自身もお節介して検診を勧めています。
 
さすがに結言書は勧めていないけど、想いや気持ちを伝えることの大切さは事ある毎に伝えてます。
自分自身、父親の想いが聞けなかったのが心残りだったから。
 
麻央さんのブログ、海老蔵さんのブログが注目されているから
 
「想いを伝える」
 
そのことの大切さを説くなら今しかない。
 
 
SNSでも何でも物事を発信するには「鮮度」が大事。
 
名文ができても、時期を逃してしまっては誰の目にもとまりません。
 
時事ネタは、私にとっても保険業の方にとっても仕事のネタになるので
時機を逸せず、躊躇せず発信せんといけませんね。 

b0181744_15342782.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-28 16:09
 
堀江貴文さんの著書「多動力」に
 
寿司屋の修業なんて意味がない
寿司職人が何年も修業するのはバカ
 
という言葉がありました。
 
堀江さんの言葉は修飾やオブラートを持たない「どストレート」なので
批判やネット上での炎上が起こります。
 
寿司職人の専門学校もあるし
卵焼きを作らせてもらうのに何年もかかったりして、若い人が貴重な時間を浪費するのはもったいない
ミシュランの星をとる店を経営する人の中には、何年~10何年も修業をした人ばかりじゃない。
 
こんな記述が炎上を巻き起こすようです。
 
でも、いわゆる司法書士の修業を経ずに開業した私としては
 
そうだよな
 
とうなづける部分があります。
 
開業前の司法書士が修業をする意味としては

もちろん実際の仕事を経験することがあるけれど
司法書士業界のしきたりを学んだり、法務局との付き合い方を学ぶことの方が大きかったりします。
 
今は少ないようですが、法務局と司法書士、土地家屋調査士との懇談会?懇親会?みたいなものがあって
私も試験合格前、補助者という使いっ走りをしていたとき、挨拶させられた記憶があります。
 
もっとも、3ヶ月で使いっ走りをクビになったので、実際の仕事のほとんどを学ぶことができませんでしたけどね(笑)
法務局の場所を覚えたり、ペーパードライバーだったので運転の練習はできましたけど。
 
今はどうか分かりませんが、私が使いっ走りをしていたころはクビになる人は珍しくて
クビになったことは自分でもショックでした。
 
でも、その時に
 
自分はお勤めができない人間なんだ
 
と気付けたのは大きかったですね。
 
なので、司法書士の資格を取った時には、修行せずにすぐに仕事を始めました。
お勤めできない人間なので、またクビになっても嫌だし、薄給でこきつかわれたくなかったし
  
また
修業先でするような、銀行や不動産業者からの仕事は来ないと思ったし
どれだけ修業しても分からないことは出てくる。
でも、分からない事を聞ける同業者がいれば何とかなる、と思っていたので。
 
それに、修業だと自分がヘマしても事務所に迷惑がかかるだけ
独立したら自分が困るので、修業以上に必死になります。
 
読み通りで銀行、不動産業者からの仕事は来ず
仕事の大半は、自分で勉強するしかない借金の整理の仕事でした。
借金の仕事はドンドンやってきたから、誰よりも経験が積めましたし
その経験のおかげで、他の仕事も自信をもってこなせるようになりました。

どこまでやっても修業には終わりがない
実際にやってみると修業の何倍ものスキルが身につきます。 

私はそんな風にやってきてるので
司法書士の修業に限らず、未知の分野に対して勉強ばかりして実践しない人が信じられない
実践なき勉強は時間の無駄とさえ思います。
 
私は今も決して、仕事が安定しているわけではありません。
でも、安定しないからこそ、未知の分野でも実践を意識しています。
安定してないのに勉強ばかりしても仕方がない。
 
仕事のスキルは仕事をこなせば高められますが、営業のスキルは高められません。
なので、司法書士の修業をするくらいなら、営業の修業をお勧めします。
登記の申請書作るより営業する方が何倍も難しいから。
 
もし、自分が今独立を考えている立場なら、営業と心理学のスキルを身に付けますね。
b0181744_16570655.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-27 17:47

「息を引き取る瞬間、『愛してる』と言って、本当に言って、そのまま旅立ちました」
 
以前ブログで書いた小林麻央さん
6月22日に帰らぬ人となる。
 
24日の朝の情報番組で、海老蔵さんの記者会見の映像を見てひと泣きしました。
   
【小林麻央さんの結言】
http://na0ism.exblog.jp/26168685/
 
芸能人は残酷な人生だ
自分の幸せも不幸も人に見られる運命だから。
安らかに休んでください。
 
ところで
 
愛してる
 
小説や映画ではよく聞く言葉ですが、なかなか口にしづらい言葉。
 
好き、なら軽く口に出せる。
 
でも、愛してる、はなかなか言えない。
 
愛してる、は「連発」できない
愛してる、はいつ言う言葉なんだろう。
 
もし、私がパートナーの最期の時に、愛してる、と言われたら
きっと、自責の念にかられるに違いない。
 
愛してる、と言われた人を自分は愛していたのか
愛されるにあたいする存在だっただろうか
ああしてあげればよかった
もっと優しくすればよかった
・・・・・・・
 
愛してる、って重い言葉です。
私は、まだ使ったことのない言葉。
 
 
麻央さんのように愛する人に看取られて亡くなるのは
ある意味幸せな最期で、愛する人に言葉を伝えられる人はまれだと思います。
 
普段から愛する人に想いを伝えられている人は良いですが
そんな人ばかりじゃない。
 
普段は伝えられないけど、伝えないと後悔する想いってきっと誰にでもあると思う。
 
なので、伝えにくい想いは「結言」で伝えましょう、と言うつもりはありませんが
麻央さんのようにブログで自分の想いや生き様を伝えるのもありです。
 
私のこの、愛とはほど遠いブログも、私が生きた証(あかし)
 
私のパートナーが読み、子どもが読んで、どんな感想を持つか分からない
 
アホやなぁ
意外に仕事してる
悪口書きすぎ
文章長っ
 
どんな感想を持ったとしても全て正解。
 
 
私は、週5回ブログ書いていて、記事のストックも結構あるから
1年前、2年前の記事読むと自分でも面白いし、新しい発想のヒントにもなります。

 
b0181744_17000240.jpg

 


[PR]
by 073995332 | 2017-06-26 17:14

「なんか普通の人と話していていもつまらなくて」
 
職場と家との往復をするだけ
話すことも当たり障りのないことばかり
 
そんな「普通の人」と話してもつまらない。
 
ある方とそんな「普通の人論」で意気投合しました。
 
・・・と言うものの、私は長い間ずっと自分のことを「普通の人」だと信じてきました。
 
他人がいくら「お前は変わっている」と言っても、「普通やん」と自分が変わっていることを認めなかった。
具体的にどこが変わっているかは、誰も教えてくれなかったし。
 
ただ、自分は普通なんだから、普通の人、「普通の司法書士」と仲良くやっていこう。
そう頑張ってみたけど無理でした。
 
仲良くやろうとすればするほど自分が苦しくなる。
 
でも仕方ないよね。
普通の人たちと仲良くやってくしかないんだから。
 
司法書士を始めて10年くらいは苦しみながら、何とかやってきたけど
「あるきっかけ」があって
 
自分は変なんだ
 
と認めることができました。
 
 
自分を変な人と認めることができたらとても楽になったし
普通の人と違う考えができるから、独自化戦略のアイディアがどんどん出る。
 
変な人はいいことづくめです。
 
「自分は変じゃない」と無駄な抵抗をしている変な人は
早く自分が変だと認めたらいい。
 
変な人は、人と話が合わないことも多いけど
話が合わないからこそ、人が違うアイディアが出せるのだと思う。
ただ、「変」なんで、一般ウケしませんけどね。
 
自撮りばかりしてるし
ピンクに虎柄の恰好でキックボクシングしているし
週5ブログ書いているし
レインシューズのソールは赤いし
言うことはストレートだし
 
まったく一般ウケしないけど、一般にウケるより
自分がウケたい人にウケた方がずっと価値があると私は考えています。
  
一般ウケしたい人は、結局誰にもウケないですからね。
 
 
b0181744_17491787.jpg



[PR]
by 073995332 | 2017-06-23 21:40
 
「ここ、なかなかやるなあ」
 
このブログでご紹介した公証役場に行ってきました

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

【とにかく「優しい」任意後見契約書】
http://na0ism.exblog.jp/26909211/
 
残念ながら公証人さんと親しくお話しすることはできなくて
 
「文章スゴイですね。ショックを受けました」
 
と伝えられなかった。

でも、ここは、今まで行ったどの公証役場とも違います。
 
公証人さんの名刺の裏には「遺言川柳」が書いてありましたし
 
『三兄弟 初七日終われば 三国志』
 
すごく上手ですね。パクるから私が考えたことにしてくれないかな(笑)
 
また、遺言や任意後見手続きを広報するDVDを無料で配布して
「営業」活動にも熱心。
 
そうかぁDVDを無料プレゼントして集客したり
見込み客リストを作る方法もあるな、といちいち関心していました。
 
公務員がこれだけ営業しているのに、民間の司法書士がぜんぜん営業してないなんて!
 
もっかい営業戦略の見直しですね。
とりあえず、名刺をもう1種類作ることは決めています。
 
・・・DVDは誰かが手伝ってくれるならやります。
 
 
私のブログを「司法書士 営業」で検索して見てくださる方もいますが
士業の営業って難しいですよね。
 
・飛び込み営業ってあまり聞かないし(やったことあるけど)
・「どこよりも安くします」って言えないし(言ってる人いるけど)
・誰に頼んでも同じだし
 
なので、名刺を配って
 
「何かあったらお願いします」
 
と言う人がほとんど。
 
私などにも「何かあったらお願いします」と言ってくださる士業の方いますが
 
何かあっても頼みません
 
なんの特長もない人には頼みません。
 
美濃加茂公証役場は、岐阜の他の公証役場より圧倒的に感じがよくて
文章も「優しかった」から仕事の頼みました。
 
特徴ではなく特長です。
 
他より優れている点がある
優れていなくても優れているように見せられる
他と同じでも違うように見せられる
 
これらができて、初めて営業になるのではないかと私が考えています。
 
これらが出来ていないのに
小手先の営業テクニック、営業ツールを使っても意味はありません。
 
  
・・・って偉そうに言っていますが
  
・私が特段優れていないから
・同じような人がたくさんいるから
 
智恵を絞って、自分なりの営業方法を考えたんですけどね。
 
営業テクニックを学ぶのも、営業ツールを作るのもお金かかりますけど
自分の智恵を使うのはお金がかかりません。
 
お金をなるべく使わないのも営業で大事なことです。
 
b0181744_17335698.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-22 18:44
 
「あっ、ラマダーンなんで水も飲めないのです」
 
ある外国籍の方とお話した際、そう言われました。
 
ラマダーン(ラマダン)とは
イスラム教徒は日の出前から日没にかけて一切の飲食を断つことにより空腹や自己犠牲を経験し、飢えた人への共感を育むことを重視する
ことらしいです。
 
私は昔からイスラムの国に興味があって、初めての海外旅行がエジプトでしたし、トルコ、チュニジアへ行ったこともあります。
そして、新婚旅行で「シリア」と「レバノン」に行きたかったのですが、パートナーに却下され行けずじまい。
シリアもレバノンも今は絶対行けませんから、あの時強引にでも行っておけばよかったと後悔しています。
 
日本人の大半は、信仰する宗教を持たない人がほとんど
お葬式は大半が仏式でその時には、自分の宗教をほんの少し意識しますが
クリスマスもハロウィンもイースターもめでたいことを取り込むことはどん欲ですよね。
 
信仰する宗教があって、断食等、自分を律することができる人は凄いなと思う。
 
好きなだけ欲望のまま飲み食いしていたら、飢えた人への共感なんて育めやしない。
そこで、晩ご飯を抜いて、少し断食をしてみようかなと考えています。
 
 
私の仕事でも、開業したての時は
 
仕事が欲しくてたまらない
 
状態でしたが、いざ仕事が来るようになると
 
何だよ忙しいな
 
と罰当たりな不満を抱くようになる。
 
今仕事に恵まれているのは、自分以外の人の尽力があるから
自分ひとりの力じゃないってことを再認識せんといけませんね。
 
 
・・・でも、忙しいな、と忙しいことに不満を抱いて、忙しいな、と言ったことを反省してもあまり意味はありません。
 
忙しいのだったら、どうすれば忙しくなくなるのか
忙しくしなくても、売上が立つにはどうしたらいいか
 
を考えなければいけません。
 
理想は、自分が何もしなくても、寝ていても食事をしていても売上が立つ状態。
 
何もしなくても、というのは極端だけど、書類を作らなくても売上を立てることはもう少しでできそうです。
 
他の事務所よりとにかく安く仕事を受けて、薄利多売で頑張る、という状態はようやく抜け出せた。
書類を作らずに売上立てることも、きっとできると思う。


トルコのブルーモスクにて



b0181744_16492703.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-21 17:37
 
キックボクシングを始めて1年が経ち、少しづつ技術が上達しています。
 
キックも左右できる。
パンチも威力が増した
身体も軽い。
 
でも、そんな時だからこそ「落とし穴」があった。
 
手首を痛めた(>_<)
 
パンチの威力に手首が負けてしまった。
 
拳に負担がかからないように
手首に負担がかからないように
 
バンテージというものがあることがやっと分かったし。
 
健康維持のため、フィットネス感覚で始めたキックボクシングですが
装備がだんだん本格的になってきました(笑)
 
 
経営もキックボクシングと同じで調子の良いときってガンガン行けるけど、「まさか」ってことは必ずある。
 
手首を痛めるように、少し失敗して気がついて改めることもあるけど
気がつかず、骨折とか大けがしてぶっ倒れることだってある。
 
行けるとこまで行ってぶっ倒れて、回復してまたぶっ倒れてって
スポーツの世界では何度でも立ち上がるのはガッツがある美談ですが
経営の世界では、ぶっ倒れずに細々でも大事なく続けていることが大切です。
 
仮に、経営者ぶっ倒れた時でも、会社経営が盤石であるような備え。
手首を痛めないように「バンテージ」を巻くような備えを会社経営でもする必要があります。
 
経営者がぶっ倒れる=死ぬ=相続、ってイメージしがちだけど
亡くなってしまった方が、かえって簡単な場合もあります。
 
相続手続きすればいいだけですからね。
 
モメたって、いつかは解決するでしょう。
 
でも、会社経営者が不慮の事故に巻き込まれて何年も意識不明になってしまうと
なかなか解決は難しいです。
 
意識不明でも亡くなってはいませんから、相続手続きはとれません。
会社の資産とか会社の株式はいつまでたっても宙ぶらりんです。
 
しかし、会社の株は、法律で自由な設計が認められているので、「バンテージ」を巻くように
大けがをしないため、大けがをしたときの備えをすることができます。
   
「会社経営者が不慮の事故に巻き込まれて意識不明になったら~」
「認知症になったら~」
「亡くなったら~」 

シチュエーションごとに、株の価値とか効力を強めたり弱めたりできて
大きな会社よりも小規模の会社の方が「バンテージ」を巻きやすいです。
   
不慮のアクシデントに備えて、自分で「バンテージ」を用意できる経営者が増えてくれたらいいなぁ。
 
私はしばらく右手が使えないので、サウスポーの練習をします。

b0181744_10560258.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-20 19:07
 
「私には最近ショックなことが2つありました。

1つは私の年齢が死んだ母と同じ年齢になったこと
あんなおばあさんだった母と同じ年になるなんて。
 
もう1つは甥に「遺言書作った方がイイよ」と言われたことです。」
 
伯母が友人たちとの集まりでスピーチする機会があり、こんなことを話したみたいです。
 
・・・あっ、ショックやったんや。ごめん。
 
 
赤ん坊のとき、「おむつ」を替えていた甥(私のこと)に
 
「遺言書作れ」
 
と言われたら確かにショックでしょうね。
 
親戚の関係を専門家の立場からみて
近い将来起こるかもしれない「相続争い」を考えたら
遺言書1通作っておけば安心で、心配の種を確実に摘み取れます。
 
とはいえ

いくら法的に正しくても
手続きが正しくても
「桜庭ななみ」が告知しても(写真参照)
 
「感情」を配慮しない提案は、なかなか受け入れてもらえません。
   
「遺言書作りなさい」
「エンディングノート書いたほうがいいですよ」
 
遺言書を作った方がいいのは分かっている
エンディングノート書くことで自分の伝えたいことが伝わるんだろう
 
そんなことは百も承知。よく分かっている。
 
でも
 
「死に支度」をするみたいで寂しい
まだまだ元気なのにエンディングって・・・
 
手続きをした方がいいことは分かっているけど
自分の感情と折り合いがつかない。
 
依頼者はそんな複雑な心情を専門家に分かって欲しいのです。
けど、専門家はそのあたりをくみ取るのが苦手。
 
きっと専門家だって逆の立場だったら、素直に遺言書作るってならない。
常に依頼者の立場になって考えられる人のところに依頼は集まりますよね。
 
 
で、伯母の件ですが続きがあって 
 
「・・・甥に遺言書の話をされてショックだったのですが
詳しく話を聞いたら、なるほどと思える内容でした。」
 
「一度甥を呼び出して、皆さんに話を聞いてもらいたいと思いました」
 
ショックを受けつつも、ちゃんと私のことを宣伝してくれたみたいで
とても有り難かったです。
b0181744_17225383.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-19 18:15

集客ナシで増益300%を実現する経営コンサルタント

村松達夫さんの体験講座が開催間近です。 
 
↓  ↓  ↓  ↓

『客単価UPプログラム1日体験会』
http://www.standby.jp/seminar201703.html
 
昨年の8月に私は上記講座を修了したのですが
村松さんに言われて印象に残った言葉が
 
「冗談言ってるんだと思った」
 
です。
 
このブログにも少し書いたのですが
 
↓  ↓  ↓  ↓

【「軸」を持ち「枠」を外す】
http://na0ism.exblog.jp/25887486/
 
講座を受けたことで
 
自分が従事する司法書士という仕事の「限界」を自分で設定していたことに気づいた
 
具体的には
 
・司法書士の顧問契約はニーズがない
・その顧問契約は高い報酬を望めない
 
できない、ニーズがない、やっても仕方ない
 
そんな「限界」を自分で設定していた。
  
私の
 
「1万円くらいの顧問契約の営業しようかな」
 
というメチャ弱気な発言に、村松さんは
 
「冗談言ってると思った」
「(顧問料取るなら)最低月10万だろ」
 
って言い放った(笑)
 
言われた時は、「えーそんなの無理じゃん」と思いましたが
たしかに、1万円と設定すると1万円程度のサービスしか思い浮かばないけど
10万円と設定すると、その分のサービスをいろいろ考えます。
 
まず価格を決めてその後にサービスを決める
 
私の提供するサービスには、資産の数%をお願いするもの、100万円を超えるものもある。
 
高い
 
と言われることもありますが、きちんとサービス内容を考えていますので
高い理由を説明すると、大抵の方はご納得いただけます。
 
価格を決めてその後にサービスを決める、が大事。
 
 
なので

「相見積でもいいから」
「他社より安くするから」
 
というスタイルで仕事を受注しようとする方を見ると残念でなりません。
価格が高いと受注できない、という思い込みに支配されているんでしょうね。
 
高い価格で仕事を受注したい
客単価をアップしたい
 
そう決めた方だけ、村松さんの講座を受けてほしいと思います。
 
『客単価UPプログラム1日体験会』
http://www.standby.jp/seminar201703.html
 
正直な話、私は本当に良いものしか人に勧めません。
ダメなものはダメとはっきり言いますからね。
  
で、講座修了直後の私の感想が動画であがっていますので
見てみてください。
なんか、失礼なこと言っているみたいです(笑)

【客単価UPプログラム修了生の声】
http://ameblo.jp/tori-yome/entry-12284157895.html

b0181744_21372894.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-16 21:37