<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

朝活でご一緒している会社の社長さんからご紹介いただいた、とある会社の経営者の方とお会いしてきました。
有難いことに、私の商品である「結言」に興味を持っていただいたとのこと。

簡単ながらプレゼンをさせていただきました。

いつもは「結言とは、これこれこう言うもので」と口頭で説明をするのですが、今回は、「私について」テキストをお示しして説明をしました。

「私について」テキストとは、繁盛士業プロデューサー東川仁さんが推奨されている自己紹介文です。
詳しくは『依頼の絶えないコンサル・士業の仕事につながる人脈術』をご参照ください。

「私について」テキストに、簡単ながら「なぜ結ぶ言葉の結言なのか」を書かせていただきました。


私の自己紹介を聞いていただいた方はご存じ、聞かれていない方はお会いした時にお話させていただきますが、「結言」誕生には結構「重め」のストーリーがあります。
口頭だと言葉が流れていくのでさほどでもありませんが、文字にすると我が事ながら色々な事が思い出されます。

「私について」テキストって、なんのために渡すのだろう?
もちろん自分紹介のためなんですが、今日のプレゼンを通じて、「私について」テキストはお客様に「共感」してもらうためにお渡しするものなんだと分かりました。

士業の商品は極論を言えば、誰が売っているものも一緒で誰に頼んでも同じ成果が得られます。
なので、何も考えずにいると価格競争に巻き込まれることになります。

そこで、価格競争に巻き込まれずにお客さんに選ばれるための要素の一つが「共感」なんだと思います。

「こんな想いを持ってる○○さんにお願いしよう」という感じでしょうか。


「私について」テキストをお示ししたことで、お客様に深く共感していただきました。
が、お客様の置かれていた境遇と私の境遇があまりにも似ていたため、お客様のストーリーに、私がもらい泣きしてしまうというオチがつきました(笑)

プレゼンをしながら、思わずもらい泣きしてしまうのも私らしさなのかもしれません。
b0181744_1825197.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-30 18:26 | つぶやき
私は、一昨年「陸前高田市」、昨年「宮古市」と愛知県司法書士会から岩手県へ「被災地法律相談員」として派遣され、今年も岩手県へ派遣されることが決まりました。
場所は未定ですが、今回は宮古市以北地域に派遣される予定です。

昨年10月、宮古市に派遣された際の教訓は

「法律相談していますでは、誰も相談者が来ない」です。


「何かのイベントと相談会をくっつけないことには誰も来てくれないよ。」
現地の社会福祉協議会の方にも、そう言われました。


なんだかモノで釣ってるみたいですが、「司法書士でござい、さあ相談してください」と言ってみても相談しづらいですよね。

イメージとしては、「外郎(ういろう)」などの愛知県のお菓子をつまんで世間話をして、気分がほぐれたら相談をする。
岩手県でも愛知県でも、司法書士がどんなことをする職業なのかは知られていないから、まずは気楽に話せる環境作りからですね。

同行する相談員と相談しながら「イベント」を考えます。

「愛知県のお菓子ういろうを食べよう+法律相談会」
「味噌煮込みを食べながら・・・」
「台湾ラーメンを・・・」

意外と日にちが迫っているので、なんとか食べ物以外のイベントも考えます。

(宮古市の仮設住宅にて)
b0181744_1730854.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-22 17:30 | つぶやき
ここ最近「些細なことが気にならなくなった」

正確に言うなら、「今までなら気になっていたことが気にならなくなった」

簡単に言うなら「余裕を持っておおらかな気持ちで毎日過ごせる」

過去にあった「マイナスな出来事」も、今の自分のために必要な出来事だったと思うことができる。
記憶の書き換えが出来ています。

いい感じの自分になるまで、あとほんの少しです。


「自分が変われば、まわりの人も変わる」

数ヶ月の時間がかかりましたが、自分が変わることで周囲が確実に変わりました。
ミラクルです。

やりたいことを支援してくれる人、自分に関心を持つ人が増えてきました。
人の輪が広がっていると実感しています。

時間はかかりますが、自分を変えることにはそれだけの価値がありますね。


今日は、まわりの人への感謝と、自分を変えることの大切さについて再認識した日。

約1年前の私は、まるで「メイドのミーサン」のようでしたから。
b0181744_21291078.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-19 21:29 | つぶやき
仕事の打ち合わせで、よく喫茶店を使います。

「デニーズ」とかのチェーン店も使いますが、最近は街中の喫茶店も使うようになりました。
チェーン店よりずっとコーヒーが美味しいし、何よりもサービスが素晴らしい。

本日、利用した「アクアサイド」さんも、素晴らしいサービスでした。


ところで、愛知県、東海三県以外の方から良くされる質問があります。

「なぜ名古屋の喫茶店は、コーヒーに豆が付くんだ」

他県の人にとって、コーヒーに「豆」がつく事がよほどの驚きのようです。

で、「一日中モーニングサービス」を提供している店もある、とお話すると失笑をかいます。
「モーニング」という英語の意味を知らんのかと。


ただ、打ち合わせをする身にとって、モーニングサービスは少し困ることがあります。
コーヒーにつくパンをかじりながら、ゆで卵を剥きながらの打ち合わせは緊張感に欠ける。

まあ、それも「愛知県らしさ」なのかもしれません。


今日は、緩い打ち合わせだったので、あんパンもゆで卵も美味しくいただきましたよ。
b0181744_1820337.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-15 18:21 | つぶやき
「村瀬さんの(ある特定の人との)距離の取り方好きです」

先日、いつも良くしてくれるステキなお姉さんに褒められました。

『距離の取り方』

なんか、ボクサーの褒め言葉みたいですね。

あまり普段から意識していない、なんとも説明の難しいことで褒められました。
ここで言う距離の取り方とは「ブランドのある人との接し方」とでも言うのでしょうか。

再現性がないというか、他の人が真似のしようがない部分が私の強み。


人との接し方について「人見知りのくせにずうずうしい」という自覚は前からありました。
でも、以前はずうずうしいだけ。

最近は、「心を開いて」ずうずうしく人と接することができるようになりました。
男女問わず好意を持った人には「心を開ける」
自分が心を開けば、相手も心を開いてくれます。

例えば、最近はよく人を褒めるようになりました。
「すごいですね」
「オシャレですね」

という感じに。
以前の私は、まったく人を褒めることがありませんでした。


「自分が変わればまわりの人も変わる。」

心を開くだけで、周囲の人との関係も変わるんだな、ってことを実感しています。
b0181744_18472274.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-11 18:47 | つぶやき
私は、司法書士会の仕事で愛知県司法書士会一宮総合相談センターのセンター長を拝命しています。
本日、センターの事務員さんから、最近センターのものを含め司法書士会関連のチラシがすぐになくなるという話を聞きました。

相談センターはJR尾張一宮駅駅ビル内に事務所を置き、そのビルの1階に2種類のチラシを置いているのです。

たまたま今日、センターを訪ねましたので、無くなった2種類のチラシ約10部づつ補充をしました。

その約5分後。
補充をしたチラシを確認したところ、補充したはずのチラシがすっかりありません!

チラシのデザインが特に優れているわけでもないし、タレントの写真があるわけでもないから、誰も彼もが奪い合うようなことは決してない。

・・・ひょっとしたらビルの管理者の方が撤去したのかも・・・

ビルの管理室を訪ね、事情を説明しましたら、何と、監視カメラで、チラシが無くなった時の状況を確認していただけました。

映像を確認しましたが、司法書士制度を広めてくれる奇特な方ではなく、どうやらイタズラ目的らしい。
チラシが置かれるやいなや、一目散にチラシに駆け寄りガサッとチラシを奪って逃げていく人の姿が監視カメラの映像に映っていました。

ここ数日来の出来事が同一人物によるものかどうかは分かりません。

でも、本当に私たち司法書士に相談したいと思っている人のためのチラシが、有効に使われていないとすると残念でなりません。

今日は、駅ビルという人の往来の多い場所に、事務所を置くことのメリット、デメリットについて考えさせられました。

b0181744_18315893.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-08 18:32 | つぶやき
「チャンスの女神は前髪しかないから、チャンスをつかむ機会は一瞬」と言います。

今日は「前髪をつかんだ日」でした。
今の段階では果たして「チャンス」をつかんだのかどうか分かりません。

はっきりしているのは「面白そう!つかんじゃえ!」で「何かの前髪」をつかみました。
セルフイメージが上がったので、ここ半年くらい前から「面白そう!」と感じるものは躊躇なくつかめます。

私にとって「何か」がアンラッキーかもしれません。
でもアンラッキーからも、きっと学ぶことはあるはず。

「何か」のおかげで、今からワクワクドキドキです。

平成25年6月1日、ワクワクドキドキをシェアする仲間たちとともに「成功塾名古屋」を立ち上げます。
「成功塾名古屋」では、元船井総研のトップコンサルタント 柳生雄寛氏の公認した講師陣が起業したての社長、将来起業したい人向けの現場ですぐ使えるノウハウを提供。

栄えある第1講義の講師を私が務めさせていただきます!
楽しみ!
b0181744_18291268.jpg

[PR]
by 073995332 | 2013-04-05 18:34 | つぶやき