<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0181744_1815756.jpg

本年も大変お世話になりました!
ありがとうございました!

今年はほんとうに「しんどい」1年でしたが、物事が変化していく時はこんなもんかもしれません。

先日、ある友人に

「今年1月にあった時の村瀬さんは、この人には絶対近づきたくない、って感じでした。変わりましたよね。」

・・・今年初めの私はそうとうヒドかったらしいです。
平成24年以前から付き合いのある皆さんごめんなさい。


そして、「しんどい」と感じるとともに、「誰かに助けてもらわないと私はやっていけない」と分かった1年でした。
本当にたくさんの方々に助けていただきました。

みなさん、来年もたくさん助けてくださいね。


みなさま、よい年を迎えてください。

報恩感謝

村瀬なおひと


※写真のように、岐阜県海津市にある日本三大稲荷の一つ「お千代保稲荷」にも「お揚げさん」と備えて感謝とお願いをしてきました。
[PR]
by 073995332 | 2012-12-28 17:45 | つぶやき
b0181744_18412418.jpg

「あなたの商品をひと言で説明してください」と聞かれ、即答できますか?
例えば、花屋さんなら「花を売ってます」と答えるかもしれません。

でも、花屋さんなら「花」を売ってるのは当たり前。
大勢の花屋さんの中から、お客さんに選ばれる花屋さんになるには、ただの「花」を売っていてはいけません。
ただの「花」を売っていては、お客さんは同じ「花」を売っている価格の安いお店を選んでしまいます。

ではどうしたらいいのか?

「同業他社にない魅力を備えたあなたの商品」を考えて、「ことば」にしてお客さんに伝えることです。
そうしないとお客さんはあなたを選んでくれません。


同業他社を知る前に、自分の業界はどんな業界なのかを知る必要があります。
「業界の常識」を別の角度から見てみる、「業界外の視点」を持てるかが大切。

また、「お客さん」が誰か、ということも分かっていないといけません。

でも、一番大事なのはあなたの考える「商品」がお客さんに分かりやすい言葉に「翻訳」されていることです。
「商品」を考えるのって結構大変。


私は「結言」という1つの商品を考えつきましたが、日々、新しい「商品」について考えています。

今日は少し備忘録っぽいw

営業トークにうんざりした時にも、「あなたの商品をひと言で説明してください」と相手に質問してみてください。
まず、ひと言で説明出来る人はいないので、営業を断ることができます。
[PR]
by 073995332 | 2012-12-26 18:45 | つぶやき
b0181744_18312587.jpg

HAPPY MERRY CHRISTMAS!

私は12月23日に一足早いクリスマスパーティに参加してきました。

ホテルの食事をいただきながら、ジャズのライブを楽しむパーティ。
友人のジャズボーカリスト伊藤綾さんを始め、素晴らしい歌と演奏の数々を堪能してきました。

昨年のクリスマスには、ホテルのクリスマスパーティに参加する自分、ジャズを聞く自分なんて想像もできませんでした。

これは「セルフイメージ」が上がったから。


今年の3月に、幸せな成功者育成塾、通称「中井塾」主催者の中井隆栄先生に、「村瀬さんに足りないのはセルフイメージとミッション」と言われたことがあります。

セルフイメージ?ミッション?何言ってんの?
3月の段階では、全く意味の分からない言葉でしたが、12月現在では、そのいずれの大切さもひしひしと感じています。


セルフイメージは、心理学的には「役割効果」とも呼ばれます。
つまり、「自分は○○である」と思い込むことで、自分が理想とする○○に近づこうとし、自然にその方向に能力が高まっていくいきます。

要するに、

「自分は○○なのだから、△△でなければならない」

ということです。

例えば、いまいちヤル気の無かった社員に
「課長」とか「部長」という役職(肩書き)を与えたとたんに、
仕事に対する取り組みや姿勢が、
急に「課長(部長)らしくなる」というような現象です。

特に、その役職や肩書きに対して「良いイメージ」を持っているほど、その効果は大きいと言われています。


中井先生が私に言いたかったのは、良いものを持ってるのに、自分に対する評価があまりにも低い、成功しているセルフイメージを持てということ。

仕事で成功している自分の姿(セルフイメージ)を具体的にイメージできれば、成功している人の考え方になるし行動もそのように変わります。

精神的にも経済的にも、まだまだ自分には合わないな、敷居が高いなと思っていたジャズ。
セルフイメージが上がったことで、違和感を感じることなくすんなりとジャズを受け入れられるようになりました。

また、以前は些細なことでイラついていたのですが、最近は心の余裕ができたのでイラつくこともない。
自分ではあまり分かりませんが、友人によると、以前私にあったトゲトゲしい雰囲気もなくなったそうです。


なんか、仕事上手くいかないな、自信がないなという方は、「セルフイメージ」について少し考えてみてはいかがでしょうか?

最後にあらためて

☆*Merry*☆=- ★=- ヽ(^∇^*)ノ -=★ -=☆*X'mas*☆
[PR]
by 073995332 | 2012-12-25 18:33 | つぶやき
b0181744_172135100.png

人間は変わる。
挫折することで。
克服することで。
だから俺は今、
君に伝えたい。
「負け」に負けるな。


10月の連休中ミッション策定合宿にて、「川崎新田ボクシングジム」会長、新田渉世さんと3泊4日ご一緒させていただきました。
新田さんは国立大学卒ながら「第32代 東洋太平洋バンタム級チャンピオン」という経歴の持ち主です。

合宿中は私の「人見知り」の部分が出てしまい、あまり新田さんとお話する機会はあまりありませんでした。
しかし、合宿最終日に新田さんのミッションに出てくる「ある言葉」を聴いた際、私の涙腺は決壊しました。

「負け」に負けるな

人生勝ちっぱなしはありえない。むしろ負ける方が多いかもしれない。
そうであるならどんなにひどい姿だろうが他人に「負け」を宣告されようとも、「負け」に負けない気持ちさえ持てば人生は勝ったようなもの。

どちらかと言えば「負ける」ことの多い私にズンと響きました。


ボクシングと言えば、「何々三兄弟」「何々兄弟の父」など、どちらかと言えばダーティーなイメージを私は持っていました。
新田渉世さんのミッションを聴くまでは。

新田さんのミッションの根底にあるのはボクシングを通じた人間教育。

日本中のボクシングジムが川崎新田ボクシングジムのような理念を持ち、外部に向けて発信すればもっとボクシングファンも増えるのに。

合宿後、数年前に放送された川崎新田ボクシングジムのドキュメンタリー番組を見、そして画像に上げた書籍の注文もしてしまいました。

「何々三兄弟」のような派手さはないかもしれないけれど、これから「川崎新田ボクシングジム」を活動に注目していきます。

↓  ↓  ↓

「川崎新田ボクシングジム」
[PR]
by 073995332 | 2012-12-18 17:24 | つぶやき
b0181744_17402762.jpg


毎週水曜日の毎日新聞朝刊に掲載されている「異論反論」というコーナーが好きです。
特に、作家「雨宮処凜(あめみやかりん)」の文章が一番好き。

「発達障害」「生活保護バッシング」「ワーキングプア」・・・
様々なテーマについて論じています。

平成24年12月12日付毎日新聞では『「お任せ民主主義」卒業へ』というタイトルで、日曜日に迫った総選挙について論じていました。

私の率直な感想として

「こんなスゴイ文章は書けない」

作家さんに対して文章で勝とうと思っているのか、と笑われそうですけど。
私も、一応文章を作る仕事に携わっているので、まあまあそこそこの文章は書けると自負はあるのですが、あそこまでの文章は書けない。


雨宮処凜の文章で特に印象深かった一文を紹介します。

『3・11以前、私たちは長いこと「お任せ民主主義」につかっていた。(中略)「さっさと誰か(政策等を)決めてくれ、ただし自分の思い通りに」というような思考停止の蔓延』


「さっさと誰か(政策等を)決めてくれ、ただし自分の思い通りに」

国民大多数の「民主主義」への携わり方についてこれほど的確に表す一文はないだろう。

例えば、「○○党だから投票する」でなく「○○党でなければどこでもいい」では「お任せ」に過ぎる。

そして、雨宮処凜は、文章をこう結んでいる。

『今回の総選挙が、「お任せ民主主義」からの卒業になることを願っている。』

脱「お任せ民主主義」!
[PR]
by 073995332 | 2012-12-13 17:50 | つぶやき
b0181744_17495850.jpg


先日、とあるセミナーでお会いした可徳武幸さん。

以前一度、可徳さんから名刺をいただいたのですが、「今日のために作ってきたので」という事で懇親会で名刺をいただきました。

「一度名刺もらってるし、フェイスブックでも友達になってるのになんで?」
というのが私の正直な感想でした。

ところがところが、なんと、その名刺には・・・・

『村瀬なおひとさま
今日は出逢えて本当に良かったです。
ありがとうございます(^^♪』


と私の名前入りのメッセージが印刷されていました!

可徳さんは、このセミナー参加者全員のためにメッセージ入りの名刺を作られてきたそうです!!!

そりゃ、こんな名刺をもらったら誰だって嬉しい。
でも、とても手間だし、なかなか実行に移す人はいないと思う。

正直な話、あまりおっちゃんから名刺もらっても嬉しくないのですが、このおっちゃんからもらった名刺は嬉しかったです。

世の中に凝った名刺は数あれど、久しぶりに「名」前が「刺」さる名刺をいただきました。

可徳さん、名刺をマネすることはできそうもありませんが、「心遣い」は見習います。

感謝
[PR]
by 073995332 | 2012-12-11 17:50 | つぶやき
b0181744_18141339.jpg

最近,身に覚えのない有料情報サイトの利用料などの支払を求める文書に,公証人の確定日付が悪用されているケースがあるという情報が,法務省や消費生活センター等に寄せられています。
 この文書には,公証人の確定日付印(注)が押印され,その封書には,「公証人役場において認証を受けた公的な債権証書です。」等と記載され,あたかも,その通知文書の内容すべてが,公証人によって公的に認められたものと誤認させるようなものとなっています。
 公証人が付与する確定日付の効力は,文書の日付を公的に証明するだけであり,文書の成立や内容の真実性については何ら公的に証明するものではありません。
 したがって,このような確定日付を悪用した身に覚えのない架空請求が届いた場合には,請求に応じる必要はありませんが,不安に思われる場合には,当該公証役場にお問い合わせいただくか,消費生活センター等に相談されることをお勧めします。
(法務省のサイトより)http://www.moj.go.jp/MINJI/minji83.html


専門家としてひと言・・・・

「悪賢い」

確定日付ってのは簡単に説明すると、「何年何月何日に確かにその文書が存在したこと」を証明するために、ポンと押された日付印のことです。
証明されるのは文書の内容ではなく、「文書が存在したこと」です。

ある文書を裁判につかう証拠として使いたい時などに利用し、数百円の費用で済みます。

「なんだかよく分からない公証人って人のハンコが押してあるし、公的な文書だって書いてあるし、どうしよう」と人を不安に陥れる手口です。

この「(悪)賢さ」を別方面で発揮すれば良いのに。

ともかく、不審な書類が届きましたら、ひとりで悩まずご相談ください。
[PR]
by 073995332 | 2012-12-04 18:15 | つぶやき
b0181744_1756652.jpg

「皆さんが見た(宮古市に押し寄せた)津波の映像は真っ黒な水だったと思います。でも、あれは津波の第2波なんです。第1波の津波はとても綺麗な青い色をしていました。第1波が引いていくときに、海底のヘドロもいっしょに沖に流れ、第2波とともに押し寄せたから真っ黒だったのです。」

昨年、陸前高田市へお邪魔した際には、ただただ津波が押し寄せたというお話しか聞いていませんでしたが、宮古市日の出町仮設団地の自治会長さんから今回初めて津波が押し寄せた時の状況の詳細を聞くことができました。

「とても綺麗な青い色」

多くの人の命を奪った津波が綺麗な色をしていた。

宮古市の沿岸に住む方は、地震が起こると、まず海の引き波の状況をみて、避難するか否かの判断をするそうですが、「3月11日」は、海を見ずに一目散に避難をしたそうです。

地震の揺れの激しさから、大きな津波が来るとすぐに分かったから。

淡々と事実を語る自治会長さんの話そっちのけで、私の頭には「とても綺麗な青い色」というフレーズがぐるぐると巡りました。

(つづく)
[PR]
by 073995332 | 2012-12-03 17:57 | つぶやき