<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

武富士の会社更生法適用によって、当事務所にどのような影響があったのか報告します。

過払い金の入金待ちが1件ありましたが、入金の時期が分からなくなりました。
武富士の発表だと、来年の夏くらいに更生計画を提出するらしいので、入金は早くて秋くらいになりますかね。

返金率も分かりません。そうとう低くなることが予想されます。



第一回期日前の訴訟もあります。

こちらは訴訟が中断されます。最悪、訴訟取り下げになりそうです。


取引履歴請求中の案件も数件あります。

武富士は、履歴の開示がいつも遅いので、更生の影響で開示がさらに遅くなるかもしれません。



結局、私たちができることは債権届出期間に、届出をして返金されるのを待つほかありません。


昨日、電話相談をしていて感じたことですが、やっぱりサラ金といえば武富士なんでしょうね。
クレディアが再生申し立てをした際の影響とは比べものになりません。

次は、アイフルかCFJかアコムか?
[PR]
by 073995332 | 2010-09-30 22:57 | 債務整理
b0181744_16144925.jpg

午後1時から4時まで相談員を務めさせていただきました。

10件以上相談受けたと思う(;^_^A
[PR]
by 073995332 | 2010-09-29 16:14
b0181744_12252295.jpg

金山駅近くの「アンフォーラ」の和風タラカルボです。

ここにきたらこれしか食べません。

ランチタイムは、パスタ、パン、サラダで千五十円です。

また、地図のっけておきます。


営業時間
11:00~21:00

定休日 火曜日

アクセス
金山総合駅、南口から徒歩2分。

名古屋市熱田区金山町1-3イトーピア金山マンション



[PR]
by 073995332 | 2010-09-29 12:25
本日、愛知県司法書士会にて行われた電話相談

午前10時から午後9時までの相談件数

77件だそうです。

さきほど、NHKのニュースでも武富士の破たんをとりあげていました。

ニュース内で静岡県司法書士会主催の電話相談の光景が流れていました。
明日くらい愛知県の相談風景が流れないかな。

明日の下記の通り電話相談行います。

開 催 日: 平成22年9月28日(火)~9月30日(木)
受付:午前10時~午後9時まで
電話番号 : 050-3533-3707
※但し、法律相談は紛争の価額が140万円以下の民事事件に限ります。

相談が集中している場合には、かかりにくいこともありますので、ご承知おきください。
[PR]
by 073995332 | 2010-09-28 22:03 | 債務整理
愛知県司法書士会が㈱武富士会社更生法申請との報道を受けて「利用者緊急110番」を開催します。


開 催 日: 平成22年9月28日(火)~9月30日(木)
受付:午前10時~午後9時まで
電話番号 : 050-3533-3707
※但し、法律相談は紛争の価額が140万円以下の民事事件に限ります。

相談が集中している場合には、かかりにくいこともありますので、ご承知おきください。


私も相談員として参加いたします。
[PR]
by 073995332 | 2010-09-28 00:11 | 債務整理
消費者金融大手の「武富士」が会社更生法の適用へ方針を固めたようです。

倒産と会社更生は厳密には違いますが、まあ倒産したようなもんです。

激増し続ける「過払い金返還請求」に耐えきれなかった。
私も含め武富士と過払い金返還交渉を行っている専門家は、今朝から情報収集にやっきになっています。

既に和解済みの金額は、滞りなく支払われるのか

今後の交渉はどのように進むのか
しばらくは予断を許さない状況が続きます。

また、愛知県司法書士会では、緊急で「武富士110番」を開催する予定です。
詳細は、おってお知らせいたします。



会社更生法とは
いわゆる再建型の倒産手続を定めた法律。会社更生法は、再建型の手続を定める点では民事再生法と共通するが、株式会社のみを対象とする点で、民事再生法と異なる。

株式会社は、(1)破産手続開始の原因となる事実が生ずるおそれがある場合や、(2)弁済期にある債務を弁済することとすれば、その事業の継続に著しい支障をきたすおそれがある場合に、更生手続開始の申立てを行う(一般的には、会社更生法の適用申請という)ことができるが、この申立ては、会社債権者や株主も行うことができる。

更生手続開始の申立てがあった場合、手続開始を判断することになるが、裁判所は、「事業の継続を内容とする更生計画案の作成若しくは可決の見込み又は事業の継続を内容とする更生計画の認可の見込みがないことが明らかであるとき」などを除き、手続開始を決定することになる(決定されない場合は、破産手続に移行することがある)。

手続開始が決定された後は、更生計画案を作成し、それに対する関係者の決議及び裁判所の認可を得た上で、事業を継続することになるが、更生手続の場合、管財人が更生計画を遂行することになる。管財人には、その会社の元経営者もなることができるが、弁護士などがなるケースが多い。

更生計画を遂行し、会社の経営が軌道に乗り、更生手続が終了すれば、会社は管財人の管理から離れるが、逆に、再建の見込みがないと判断された場合には、破産手続等に移行することもある。

[PR]
by 073995332 | 2010-09-27 13:54 | 債務整理
お客さんからお話を伺うとき、無料登記相談など時間に制約がない限り、比較的自由にお話していただきます。

話が横道にとんだりすることもありますが、適当にコントロールしつつ、気持ちよくお話していただくように心がけます。

必要ないことは聞き流し、必要なことは注意して聞く。
そんなスキルが必要になります。


法律家は、相談者の話す事実を法律に当てはめて、相談者の相談内容が実現可能かどうか判断していきます。

なので、人によっては話が横道にそれると、「そんなことは関係ない」とか「要点だけ話せ」と仰る人もいるようです。

そんなこと言われてしまうと、相談者も萎縮しちゃいますよね。

案外、関係ないことに真実が隠されていたり、表向きは法律的な解決を求めていても内心は違う、ってこともよくあることです。

法律相談のスキルは「数こなすこと」により培われますが、たまには他人の相談スタイルを参考にしたりすることも必要になります。

b0181744_1140342.jpg

こんな本なども参考になります。

数年前ですが、著者の菅原先生の講義を受けて「目からうろこ」の経験をしました。
[PR]
by 073995332 | 2010-09-24 11:45 | つぶやき
b0181744_14245870.jpg

このポスターを見て

「増築したから表示登記について相談しよう」

とか

「うちは建物の登記してないから相談しよう」

「土地の分筆について相談しよう」

と思う素人さんが何人いるのか


「プロが作るプロ向けのポスター」の典型だと思いました。

ちなみに、同じ登記でも司法書士は表示登記の申請を行うことはできません。


ウィキペディアより

表示に関する登記は、不動産の物理的現況を明らかにすることを目的としており、権利に関する登記の前提ともいえる。

27条から58条までに主要な規定があり、その他の法令・通達が実務における運用の補強・潤滑化のために規定・発令されている。

登記事項としては、登記年月日等のほか(27条)、土地の場合は「土地の所在」「地番」「地目」「地積」に関して登記がなされ(34条)、建物の場合には「建物の所在」「家屋番号」「種類」「構造」「床面積」などが登記されている(44条)。

表示に関する登記には、次のようなものがある。

表題登記
当該不動産について、表題部に最初にされる登記をいう(2条20号)。建物を新築した場合、登記が存在しないので、所有権保存登記の前提として建物表題登記の申請がされることになる(47条)。埋立て等によって新たに土地が生じた場合にも土地表題登記がされる(36条)。

変更登記
登記事項に変更があった場合にされる登記をいう(2条15号)。土地の地目・地積に変更があったとき、建物の種類・構造・床面積等に変更があったときは、変更登記がされる(37条、51条)。

更正登記
登記事項に「錯誤又は遺漏」があった場合に、当該登記事項を訂正する登記をいう(2条16号)。変更登記が、登記事項が事後的に変動した場合に行われるのに対し、登記事項が当初から誤っていた場合に行われる点で異なる。
土地の地目・地積等が誤っていたとき、建物の種類・構造・床面積等が誤っていたときは、更正登記がされる(38条、53条)。

滅失登記
土地又は建物が滅失したときにされる登記をいう(42条、57条)。

分筆登記、合筆登記
土地を分筆・合筆するために行われる登記である(39条)。土地の分筆・合筆は所有者の意思に基づいて行われるものであるから、原則として登記官が職権によって登記することはできない。

建物分割登記、建物区分登記、建物合併登記(54条1項1号ないし3号)
附属の建物として登記されている建物を新たな登記記録に記録することを建物分割という。
建物区分は、一棟の建物の内部に数個の区分建物としての要件を満たす建物があるときに、それぞれを区分建物の登記記録に記録する登記をいう。一般には、賃貸用のマンションを、分譲用のマンションに登記したいときに行う。
建物合併とは、主たる建物とその附属の建物の関係にある建物を1登記記録に記録することをいう。
これらは、所有者の意思によって登記される。

建物合体登記(49条)

[PR]
by 073995332 | 2010-09-22 14:34 | つぶやき
先週18日(土)に行われたロースクール生による無料法律相談

約20組もの相談者にお越し戴けました038.gif

相談者が少ないと私たちの授業にならないと考えた大学院事務局の方が、懸命に相談会をアピールしてくれた成果だと思います。

有り難いことです。

全ての相談の具体的な内容は明らかになっていませんが、けっこうバラエティに富んだ相談があったようです。

相談のスタイルが学生2人+弁護士という形でしたので、少々とまどいはありました(司法書士業務では全て1人で判断していますからね)。

学生が一応の回答を出して、後から弁護士が補足修正するスタイルで

「さすが弁護士、私なんぞはまだまだ」と思うこともあれば
「そんなに沢山のことを話しても、相談者消化できないよ~」と思うこともありました。


司法書士の行う相談、主に登記相談、では答えに窮することはめったにありませんが、

「法律相談」になると少々違いますね。

弁護士曰く「法律以外相談」、人生相談的な相談が多いそうです。


10時から午後4時までひたすらヒマな時間を過ごすと思いきや、休む間もなく対応に追われるなんて誰も予想しませんでした。

学生にとってはただただ幸せな時間だったのではないかな
[PR]
by 073995332 | 2010-09-20 10:47 | 大学院
b0181744_11393463.jpg

朝、大学院に行きましたら、Tシャツ渡されました。
名城大学ディのTシャツだそうです。

こんなの着て法律相談に臨んでいます。

現在の相談者2名です。

ボウズ(相談者ゼロ)も覚悟していたので、うれしい限りです。
[PR]
by 073995332 | 2010-09-18 11:42 | 大学院