<   2010年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

b0181744_17393774.jpg

五条川の開花状況は5~6分咲きでしょうか。

花冷えのため、少し遅れてますかね。

外灯のそばの桜だと、も少し咲いてます。

「桜祭り」は明日からなんですが、今日でもけっこうな人出があります。

花見の方は、あたたかい格好でお越し下さい019.gif
[PR]
by 073995332 | 2010-03-31 17:42 | つぶやき
寒かったり暖かかったりで体調も悪いのですが、今日はパソコンが不調でした。

なんか反応遅いし、大学院のサイトにもうまくアクセスできず宿題もダウンロードできません。

職員のお兄さんの手を煩わせる結果となりました。
わざわざ宿題をFAXしてくれてありがとう。

サクサクパソコンが動いてくれないとイライラしてしまいます。

なにがあかんのか皆目検討がつきません。

パソコンがもう一台あるので仕事には支障がありませんが、気分よくないです。

一晩休んで劇的に良くなっているように祈ります。
[PR]
by 073995332 | 2010-03-30 22:55 | つぶやき
消費者金融やクレジットカード、信販の主要各社が6月以降、専業主婦など収入がない人への新規融資をやめる方向で検討しているそうです。

今年6月施行の改正貸金業法で融資額が世帯年収の3分の1以下に制限され、審査手続きなどが煩雑になるため、そのコスト負担に耐えられないと費者金融やクレジットカード、信販の主要各社が判断しました。

キャッシングを利用している百数十万人の専業主婦の大半が、新規融資を受けられなくなる可能性があります。


家族に、とくに夫に内緒でキャッシングしている方はどうされるんでしょうね?

当事務所のも「家族にないしょ」の方、ご相談にみえますが、「家族に絶対話せ」とはなかなか言いづらいです。

まあ、ケースによっては、お話するようにお願いすることはありますが、私のほうでも家族の理解が得られるようにお話するようにはしています。
[PR]
by 073995332 | 2010-03-29 21:53 | 債務整理
司法書士は刑事裁判には関与できません。

ただ、大学院では刑事訴訟法を学んでいますし、本年度は模擬刑事裁判の授業が行われます。

民事裁判のイメージはありますが、刑事は傍聴すらしたことありません。
なにをどうしたらよいのやら・・・・

授業でつかう教材は学校から貸し出され、教材は「要返却」「コピー禁止」で誓約書まで差し出さないといけません。

この物々しさはなんなんでしょう?

ちょっと恐ろしいです042.gif
[PR]
by 073995332 | 2010-03-28 21:44 | 大学院
最近、アマゾンを利用して書籍を購入しています。

ほんとは、ジュンク堂なりで書籍を手にとって購入したいのですが

ど~しても本屋にない場合とかアマゾンを利用します

b0181744_7243367.jpg



←先日は、この本

もう読んでしまいましたが、感想はまた後日

どっこの本屋にもなくて、イラッとしてアマゾン。





あと、教科書など学校の本屋で買えば一割引なんですが、入荷が遅い、本が重いなどの理由でアマゾン。

自分は書籍には大枚はたいても抵抗のないタイプですが、法律書はやっぱり高いですね。

働いてる人ならまだしも、学生にはちと酷です。
[PR]
by 073995332 | 2010-03-27 07:31 | つぶやき
自分の親族であるなら、「義務感」で世話をすることができますが

福祉、主に介護の仕事をされている方には頭が下がります045.gif

介護の仕事をされている方と名刺交換をした際、ふと荒れた指に目がいきました。

入浴の介助、寝たきりの方のおむつかえ、食事の介助・・・・
やっぱり手が荒れてしまうんだろうな。

行政、福祉、病院、そして場違いな司法書士が連携して、ことをすすめてまいります。

私の手が荒れることはないですが、精一杯お世話をしていきたいと思います。

高齢化社会に自分がどのように関与していけるのか

学べるといいな
[PR]
by 073995332 | 2010-03-25 17:17 | つぶやき
昨年からお話をいただいておりました「契約書」作成業務

やっと前に進み始めました

契約書作成の目的が「債権の保全」にありましたので、いくつかクリアーしなければいけない点がありのびのびになっていたのです。

ただ、契約書の文言がガチガチしたものになっているため、「もう少し柔らかくなんないか」とリクエストがつきました。

文言を柔らかくすることはいくらでもできますが、反面、法的効果がなくなってしまう可能性もあり、調整には慎重をきす必要があります。

もう一つリクエストがあるのですが、これはどうかなあ~

ちょっと難しいなあというのが本音です。


債権の保全は、取引が上手くいっているうちにやってしまいましょう006.gif
[PR]
by 073995332 | 2010-03-25 13:46 | つぶやき
本日、FAXにてお誘いがありました

「離婚カウンセリング協会」なる団体から

以前にも書きましたが、どうしても私を「離婚専門」司法書士に仕立てたいようです047.gif

記事はコチラ

セミナーに参加して、講座を受講すれば「認定カウンセラー」にしていただけるそうな。
認定カウンセラーになれば、仕事を紹介するって。

ありがたい話ですね。

仕事がなくヒマをもてあましている士業の方なら飛びつく・・・・のかな?


これは広い意味での士(サムライ)商法だと思います。

資格商法(しかくしょうほう)とは、「就職に有利」、「資格を必要とする仕事を提供する」などといい、資格取得のための通信教育費用や授業料を支払わせる商法のことをいう。資格の名称が「○○士」となっているものが多いことから、「士商法」(さむらい商法)ともいう。 不景気にこそ流行するなど世相を現している一方、契約締結を目的として業者が詐欺まがいな事を行う事が時折問題となる。

対象となる資格は国家資格や社会的に権威のある資格のほか、業者自らが設けた資格称号(民間資格)も多い。

また、そのような商法のうちで、業者自ら仕事を提供、または、仕事を斡旋するものを業務提供誘引販売取引という。



主催者はセミナー受講料さえせしめてしまえば、あとは知らん顔なんでしょう。

まあ、こんなのはまだマシで、「私には不思議なちからがある」なんて、訳のわからんFAXも来ます。

FAX受けるのにもお金がかかるんですから、止めて欲しいですね031.gif
[PR]
by 073995332 | 2010-03-24 18:06 | つぶやき
名古屋法務局管内の支局では、登記完了日をHP上で公開しています。

まあ、公開といっても、何日に申請したら何日に完了するという目安なんですけど。

先週火曜に申請した不動産登記案件は昨日完了予定でしたが、結局完了せず。
(オンライン申請の場合、メールにて登記完了のお知らせがあります)

年度末で申請が立て込んでいるんでしょうかね?

こんな時は、ミスのない申請をしてスムーズな事件処理に協力したいものです。


登記完了メールを受け取ったら、すぐさまオンラインで登記簿謄本を請求します。

どこの法務局へ謄本請求してもよいのですが、わたしは名古屋法務局本局へ請求しています。
職員の方も多いので、夕方近くに謄本請求しても次の日には謄本が郵送されてきます。

事務所から近い某支局に請求したとき、予想外に日数がかかりましたので、それ以来本局に請求しています。

「法務局まで行って謄本とったほうが早いんじゃないの?」
そう思われるかもしれませんね。

まあ、早いといえば早いのですが、オンラインでとったほうが手数料が300円も安いし、郵送代は法務局もちです。

よっぽど急いでいないかぎり、オンラインで請求しています。
[PR]
by 073995332 | 2010-03-24 16:22 | 登記

ADR

母が「あんた、ADRって知ってる?」

現役の司法書士に対してなんと失礼な質問でしょう050.gif

先週、こども司法書士がADRについて語っていたみたいです。

ADRとは
Alternative* Dispute Resolution の略称で、「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律」では「裁判外紛争解決手続」と規定されています(*「Alternative」ではなく「Appropriate」の略とする考え方もあります。)


まあ、「調停」と考えてもらってもいいかもしれません。

裁判所で行う調停とどこが違うのかと言いますと。

裁判所は、裁判所主導で行うのに対し

ADRは仲介人(法律専門家等)を交えて、当事者で考えを出し合い解決策をさぐります。

裁判所の調停は、調停委員or裁判官が強引に調停をまとめてしまうこともありますが
ADRは当事者の主体性を重視しますので、強引に調停がまとまることはありません。

ただ、主体性重視ですから、当事者の一方でも話し合う気がなければ、ADRはできません。
裁判所の調停でしたら、「調停調書」という判決文類似の書面が作成されますが、ADRで作成される書面には判決文に付されるような効力はありません。

また、仲介人がうまくコントロールしなければ、ただの「言い合いの場」になりかねません。

2年くらい前に「仲介人」になるためのトレーニングを受けましたが、当事者を公平に扱うことが重要と教わりました。

当然のこと、と思われるかもしれませんが

当事者の言い分をメモする分量とか、当事者の言うことに対してうなずく回数を同じにしなければならない。

なんて事まで気にしなければならないのですよ。

あと、印象に残ったのが、調停に望むまでの雰囲気つくりが大事ってことですかね。

これは、今でも非常に役立ってます。


※ここに記載したのはあくまで一例で、国民生活センター等、さまざまな団体で行われるADRと異なることがあります。
[PR]
by 073995332 | 2010-03-23 17:44 | つぶやき