カテゴリ:外国人( 19 )

本日午後7時から9時まで小牧市民会館にて外国人向けの講義を行いました。

他人の講義を聴いたり、事前に資料を確認しておいたので上手く話すことができました。
良い意味で質問を上手くかわしたり、難しい語句をわかりやすく置き換えて丁寧に答えたり。

司法書士に成り立てのころ、さんざん講師をさせられたことが今に活きていますね。
よかったよかった。

受講者の方が、随所で質問をされて講義がぶつ切りになる場面もありましたが、まあご愛嬌。
ノリが良くて日本人よりも講義がし易い印象でした。

きっと、私の話を聞くより質問したいだろうと思い、2時間の講義のうち30分を質疑応答に充てたのもよかったかも。

また機会があれば講師をしたいですね。
ありがとうございました。

**************************************

質疑応答のなかで、意外にも帰化申請を希望する外国人が多くいました。

私のイメージでは、在日韓国朝鮮人の方が帰化を希望するのはわかるのですが、南米出身の方々が帰化を希望されるのは意外。

よくよく話を聞いてみると、「就職に有利なんじゃないか」という理由でした。

私が別に帰化しなくても永住権があればいいじゃんと言いましたら、その理由を求められました。

私の回答は
・原発事故等の災害にあったら外国人なら自国に帰れるが、日本人はそうもいかない。
・今後の日本は超高齢者社会になり、年金支払いの負担が増える。
・年金の受給年齢が70歳まで引き上げられる可能性が大。
・現状、日本人でも職探しが難しい

ほんの数秒考えた回答にしてはよかったんじゃないかな。

受講者からも、外国人だから逆に就職に有利な場合もある、と発言がありました。

何事も情報収集して、メリットデメリットを見極めて手続きしなさいよってことですね。


他の質問として
・特別永住者って誰のこと
・生活保護って何

てのがありました。

生活保護のことなんて講義テキストのどこにも書いてない!
・・・まあ答えましたけど。

「あんたに仕事頼むといくらかかるの?」
直球の質問もありました。
[PR]
by 073995332 | 2011-10-26 22:52 | 外国人
財団法人日本国際協力センター(JICE)主催の
「日系人就労準備研修」in国際センターに行ってきました。

読んで字のごとくですが、日系人の方が日本で働くにあたり必須の知識を学ぶ研修会です。
行政書士会はJICEの要請を受けて、在留資格(ビザ)の箇所の講義を受け持ちます。

私は今月末に小牧市で開催される研修会の講師を担当しますので、今日は他の行政書士の講義を勉強させていただきました。

開業して間もない頃は、訳あって国際センター付近をウロウロしていましたが久しぶり。

研修会場に入りますと、前の席から埋まっています。
日本人が何らかの研修を受ける際には、後ろの席から埋まるのと対照的です。

参加者の言葉を聞いているとおかしな事に気づきました。
日系人向けですので、ポルトガル語もしくはスペイン語が多いはずですが・・・・
英語多し。また、声が大きいせいか中国語もかなり優勢です。
ポル語スペ語かなり劣勢・・・・

あ、わたしどちらの言語も話せるわけではありません。
言語のリズムでなんとなく判断しただけです。

お国は、フィリピンの方が一番多そう。あと、スリランカ、アフリカ系、アメリカ、中国・・・
ブラジル、ペルー、アルゼンチンなど南米の方は少なめ。

まあ、外国人の方なら誰でもオッケーのようです。


講義が始まりまして、不謹慎ですが笑ってしまいました。

行政書士が話をすると教室の3ヶ所で通訳が始まり、ポルトガル語、中国語、英語がスクランブル。
その状態が可笑しくて笑ってしまいました。

講師の方はちょこっと笑いを交えてお話をされたりして、講義に工夫があり勉強になりました。
私もネタ帳を準備せねば。

あと気がついたのは、参加者は講義を聞くよりも質問がしたい様子で、質疑応答の際には多くの質問がありました。
質疑応答には多くの時間を割いた方が良さそうですね。

行政書士長谷川圭様、今日はありがとうございました。

**************************************
b0181744_183776.jpg
もともと、私はあまりこだわりがないのですが、最近ちょっと気にかかる事がありました。

それは「名刺の渡し方」

飛び込みで営業に行って、けんもほろろな扱いを受けるのは仕方ないのですが、同業者同士の名刺交換で「ほらよくれてやる」みたいな渡され方をされると気分が良くありませんね。

あの人なんだったのかな?

小さなことですが、あの人と一緒に仕事をすることはなさそうです。

※写真と本文とは何ら関係ありません。

中国のスーパーモデルさんです。
[PR]
by 073995332 | 2011-10-07 18:11 | 外国人
昨日は、愛知県行政書士会にて「国際業務相談員相談会」でした。

要は、外国人ビザを業務としている行政書士を募って「相談員」にする研修会。

ところで、私が行政書士、行政書士会を嫌うのは

サービス業とは思えない格好(Tシャツ短パン等)をして品位を保たない人がたくさんいる
平日真っ昼間に平気で「研修会」を行う


まあ、平日に研修しても結構な人数集まるのは、仕事のないヒマな人が多いのでしょう。

・・・・話が逸れました。


従来は、行政書士会の役員クラスの方が応じていた「相談会」に、意欲のある会員を派遣しようではないか、というのが今回の研修会の趣旨らしいです。

なかなか面白そうだと思い、参加した次第です。

研修会で、主催は行政書士会ではないのですが、10、11月に県内4ヶ所で「日系人」向けのビザ等講習会があり、そこの講師を募集していましたので、早速講師に立候補しておきました。

会場が小牧市で、厳密に言えば「他支部である尾張支部」の管轄でしたが、横取りしておきました。
アホみたいに研修を受けていてもつまらないし、自分の事務所のアピールにもなりますからね。

受講者は日系人なので、「通訳付」の講義。

「通訳付」なんて初めての経験でワクワクします。


陸前高田の話は、明日にでもアップします。
[PR]
by 073995332 | 2011-09-08 18:59 | 外国人
久しぶりに「在留資格認定証明書」の申請をしてきました。

リーマンショック以降の不況で、製造業を中心にリストラの嵐が吹き荒れまして、製造業に従事していた多くの外国人が帰国。

職を求めて日本にやってくる外国人はごくわずかになりました。

入管に行きましても、手続きをする外国人の数は非常に少ないです。


いつ以来の申請かな、と調べましたら、昨年はゼロ。

最後の申請は一昨年でした。


景気回復ともなれば、どんどんモノが作られるでしょうが、景気回復自体が夢物語のようなもの。

外国人に元気がなければ、私のビザのお仕事もサッパリです。

わはははは・・・・
[PR]
by 073995332 | 2011-01-07 15:53 | 外国人
「本人じゃ・・・・ないですよね?」

名古屋入国管理局でビザを受け取る際に職員に言われました。

こちとら、生粋の日本人でぃ!

受付段階で身分証も提示済みなのに

たまのたまに、すっとぼけた職員がいます

「出入国管理および難民認定法を読まれたらいかがですか?」と伝えておきました。


(在留資格認定証明書)
第七条の二 法務大臣は、法務省令で定めるところにより、本邦に上陸しようとする外国人(本邦において別表第一の三の表の短期滞在の項の下欄に掲げる活動を行おうとする者を除く。)から、あらかじめ申請があつたときは、当該外国人が前条第一項第二号に掲げる条件に適合している旨の証明書を交付することができる。
2  前項の申請は、当該外国人を受け入れようとする機関の職員その他の法務省令で定める者を代理人としてこれをすることができる。

出入国管理及び難民認定法施行規則
(在留資格認定証明書)
第六条の二 法第七条の二第一項の規定により在留資格認定証明書の交付を申請しようとする者は、別記第六号の三様式による申請書一通を地方入国管理局に出頭して提出しなければならない。
2 (省略)
3 (省略)
 4  第一項の規定にかかわらず、地方入国管理局長において相当と認める場合には、本邦にある外国人又は法第七条の二第二項に規定する代理人(以下「外国人等」という。)は、地方入国管理局に出頭することを要しない。この場合においては、次の各号に掲げる者(第一号及び第二号については、当該外国人等から依頼を受けた者)が、当該外国人等に代わつて第一項に定める申請書及び第二項に定める資料の提出を行うものとする。
 一  (省略)
 二  弁護士又は行政書士で所属する弁護士会又は行政書士会を経由してその所在地を管轄する地方入国管理局長に届け出たもの
 三  (省略)
5  (省略)
6  (省略)

(資格外活動の許可)
第十九条 法第十九条第二項の許可(以下「資格外活動許可」という。)を申請しようとする外国人は、別記第二十八号様式による申請書一通並びに当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類及びその他参考になるべき資料各一通を地方入国管理局に出頭して提出しなければならない。
2  (省略)
 一  (省略)
 二  (省略)
3  第一項の規定にかかわらず、地方入国管理局長において相当と認める場合には、外国人は、地方入国管理局に出頭することを要しない。この場合においては、次の各号に掲げる者(第一号及び第二号については、当該外国人から依頼を受けたもの)が、本邦にある当該外国人に代わつて第一項に定める申請書等の提出及び前項に定める手続を行うものとする。
 一  (省略)
 二  弁護士又は行政書士で所属する弁護士会又は行政書士会を経由してその所在地を管轄する地方入国管理局長に届け出たもの
 三  (省略)
4  (省略)



以前には、ビザ受け取りの際に、「日本語わかりますか?」と職員に聞かれたこともあります。
[PR]
by 073995332 | 2010-11-15 14:55 | 外国人
「感動した」

お客様から、そう言っていただけました。

「良く書けてる」
「言いたいことを書いてくれてありがとう」

上記のような言葉はよくいただくことがあり、とても嬉しいのですが

「感動した」は別格ですね。


司法書士行政書士ともに「書類を作る仕事」で

悪く言えば「写経」のような仕事です。

ひな形があって、それにそって間違えないように書類を作る仕事。

文書に「感情」や「思い」を書き連ねることはまずありません。


今回のような文書を起案することはひさしぶりでしたが、依頼者の気持ちをよく考えて、自分だったらどうするかという観点を重視して作成しました。

依頼者に満足いただけてよかったです。
[PR]
by 073995332 | 2010-10-28 13:15 | 外国人
私たち行政書士が入国管理局で手続きを行うのは

①在留資格認定証明書交付申請
②在留期間更新許可申請
③在留資格変更許可申請
④永住許可
⑤再入国許可

です。


たまに、外国にいる知人を日本に呼びたい、という相談を受けます。

その「知人」が入管法に定める「在留資格」にあてはまる場合でしたら、入国管理局に申請をして「呼びよせ」をすることができます。

じゃあ「在留資格」を有しない場合はどうするか?

「短期滞在ビザ」いわゆる「観光ビザ」で呼びよせるしかありません。

「短期滞在ビザ」を発給するのは、日本大使館になりますので、中国なら「在中国日本大使館」に申請をしていただくことになります。

ですから、短期滞在ビザの場合は行政書士の活躍する場面は少ない。

出来ることと言えば、情報提供ですとか必要書類の収集ぐらいでしょうか。

まあ、「在留資格」がどうとか「短期滞在」がどうとかはなかなか分かりにくいと思いますので、お困りの方は、お近くの「申請取次行政書士」までご相談ください。

ただの行政書士ではダメですよ。
[PR]
by 073995332 | 2010-10-19 19:41 | 外国人
外国人の方のビザ手続きの仕事を始めて、8年ほど経ちますが

ビザ更新手続きで初めて「不許可処分」が出ました。

外国人の方を呼びよせる手続きでは「不許可処分」が出たことがあります。
その理由は「日系性がない」「書類が偽造」でした。

「日系性がない」とは
日系外国人の方で、4世以降の方に多い理由です。

資料があれば依頼者に申請前段階で、無理です、とお伝えしますが、
過去「ダメもとだから」と頼まれて仕方なく申請したことがあります。

4世であっても、小さな子どもであれば可能となることもあります。

「書類が偽造」は、現地から取り寄せた書類が偽造だった、ということです。
私では分かりませんが、入国管理局では、書類の真偽がすぐにわかるようです。


さて、今回の不許可処分です。

ビザの更新手続きでは、審査終了後、入国管理局から「はがき」が届きます。

更新がオッケーなら、収入印紙4000円もってこい、とはがきに記載してありますが、

ダメな場合はその記載がなく

本人が必ず出頭せよ」と書いてあります。


不許可の場合私が申請した手前、必ず理由を聞きます。

今回の理由は・・・・不許可やむなしという理由でした。

依頼者には事情をお話して、入国管理局へ出頭してもらうようにお話します。

外国人の方にとって、日本は来るのが難しく滞在するのも難しい国です。
[PR]
by 073995332 | 2010-08-05 15:44 | 外国人
某国の外国人の方からお問い合わせをいただきました。

「エイジュウキョカ ニ ツケル リユウショ ハ ドウカクノ?」

永住許可申請をする場合には「理由書」を提出する必要があります。
なんで日本に永住する必要があるのかをつらつらと書きます。

永住以外の外国人は1~3年ごとにビザの更新手続きが必要になるので、わずらわしさを回避するために永住申請をされる方は少なくありません。

どれくらい日本に滞在(在留)していれば永住許可が出してもらえるのかは
事案によりまちまち

原則10年ですが、日系人であったり配偶者が日本人であったりすれば、も少し短い期間でも永住許可がだしてもらえることもあります。

滞在年数もそうですが、犯罪歴のないこと、税金の滞納のないこと等
大事になります。

くわしくはお問い合わせください030.gif
[PR]
by 073995332 | 2010-04-28 16:52 | 外国人
私が行政書士業務でいただく報酬は「書類作成報酬」です。

許可がとれたからいくらいくらという「成功報酬」はいただいておりません。
許可が取れようが取れまいが「書類作成報酬」はかかります。

まあ、許可がとれなさそうな時は依頼をうけませんけどね。


外国人のビザの仕事で報酬の件で少しモメました。

最初は「書類作成報酬」をご理解していただいたのですが、今日になったら「ビザが取らなかったらお金払わない」と。

幸い業務に着手して間がなく費用をかけていませんでしたので、辞任させていただきました。
「成功したら報酬を倍払う」と言われましたけどね。


外国人ビザの仕事は、行政書士の書類作成がマズくて許可が下りないことはまずありません。

不許可の理由は
・本人の問題(犯罪歴、税金の滞納、虚偽の事実の申告等)
・書類の不備(虚偽記載、偽造文書等)

本人の問題なのに行政書士の責任にされてはたまったものではありません。

そんな依頼うけないに限ります。
[PR]
by 073995332 | 2010-02-24 17:51 | 外国人