2018年 02月 08日 ( 1 )

 
 
私が主に使っているSNS「フェイスブック」には、「昔のこの日」という機能があって
自分が投稿した記事を見ることができます。
 
で、昨日は、私の人生を変えた人たちと出会った日でした。
(写真参照)
 
しかし・・・・
 
・つまらなさそう
・場違い感丸出し
・その服装はなに?
 
自分で自分にツッコミたくなる写真です。
 
実際に、その時、何を考えていたのかはハッキリ覚えていませんが
「自分を変えたい」という思いが強かった気がします。
 
実際に、その時の気持ちはブログの過去の記事から読み取ることができます。
・・・自分で言っちゃいますが、正直に自分の気持ちを素直に綴った良い記事じゃないですかね。

今日はどんな仕事したってこと書いてもつまらないし
でも「内々で楽しむことしか考えないバカな司法書士どもはほっといて」なんて書いてはダメですね(笑)

【楽に】
http://na0ism.exblog.jp/17795584/
 
また、

「いま死ぬのが一番良いのかなってくらい、楽に生きています」

って、それまで、どれだけ辛いことしていたんだろう。
 
でも、父親がその半年前に「あっさり」死んでしまったし
自分も40歳になるまでに、新しいことしなきゃって、焦りもあったし
 
かといって、何をしたらいいか分からないし、「怪しげなセミナー」への参加を決めたのが本当に正しいことなのかどうなのか
迷いに迷い悩みに悩んで、ついでに人間関係もぐちゃぐちゃになりました。
 
離れて行く人もたくさんいて、人間関係総取っ替えになりましたが
結果として、それで良かった。「怪しげなセミナー」にも参加して良かった(笑)
 
 
「司法書士業界に馴染めない自分のキャラクターを面白がってくれる、全く畑違いの人たち。」
 
に出会えたおかげで、司法書士業界なんてちっぽけな世界で汲々としていた私はずいぶん救われた。
今この時も、汲々としている人ってたくさんいるだろうから、早く広い世界に飛び出せばいいと思うし

「司法書士だけでつるんでいては思い浮かばない発想には、とても良い刺激を受けてます。」
 
司法書士とつるまなくなって、良かったことは「下請け」仕事してる人と離れることができたこと。
自分で「商品」を開発してセールスするとか、セミナーで営業について話すとか、商標取るとか、勝手に「肩書き」作って名乗っちゃうとか
「下請け」思考のままではできなかったと思う。
 
あっ、さきほど弁理士に「新しい商標」の登録を依頼しました。
 
 
「人生は誰と出会うかで決まる」
 
私は出会った人が私に影響を及ぼす素晴らしい人ぞろいだったので、今度は私が出会う人に良い影響を及ぼす人にならんといかんね


b0181744_16322854.jpg
 

[PR]
by 073995332 | 2018-02-08 18:05