2018年 02月 07日 ( 1 )

 
 
「(講師の)ファン歴何年ですか?」
 
先日、友人が金沢でセミナーをやるというので、金沢までついて行きました。
 
・ここ3年くらい金沢に行きたくて
・日本海の魚食べたくて
・たくさん雪が降る様子を見たくて
 
わざわざ金沢まで行ってきました。
 
講師にくっついて名古屋から金沢まで来るくらいだから
私がその講師のよほどのファンに思われたみたいで
 
「ファン歴~」
 
と金沢の人に聞かれました。
 
「ファンじゃないです。金沢に来たかっただけ」
 
と答えておきました(笑)
 
美味しい魚も食べれたし
雪も十分すぎるほど堪能できましたよ。
 
 
ところで、あなたには「ファン」っていますか?
 
私にファンがついているかどうか分からないけど、いつも気にかけてくれる人はたくさんいます。
 
それこそ、セミナーであれば、その講師目当てにどこの会場にも追いかけていく「ファン」もいるみたいですね。
 
ファンがいると何が良いかと言うと
 
ファンは裏切らない
 
ほら、アイドルのファンを見てみたらわかると思うのですが
そのアイドルのグッズやCDを何枚も買ってくれたり、どんなことがあってもそのアイドルを応援していますよね。
 
あなたに「ファン」がいたら、応援してもらえるし、あなただからという「指名買い」も起こる。
だから、商売をする以上「ファン作り」を少し意識してみたらどうでしょう?
 
例え、あなたのルックススタイルが良くなくても「ファン」は作れます。
 
ファン作りの一つの方法は
 
ストーリーを語ること

【あなただけのストーリーを語ろう】
http://na0ism.exblog.jp/25319360/
 
この記事にも書きましたが、士業って「生まれた時から今の仕事してます」みたいな人が多いから
紆余曲折あったり、今の仕事についた意外なストーリーがあると、グッと人を惹きつけることができます。
 
実は、私にもそんなストーリーがあってセミナーではストーリーを語るので
手前味噌ですが、人を惹きつけることができています。
私にようなおっさんでも「ファン」らしき人は作ることができるし
ストーリー作りには、費用もいらないルックス不要、CDも売らなくてもいい。
だから、自分のストーリーを少し考えてみたらどうでしょう?

b0181744_18552705.jpg

[PR]
by 073995332 | 2018-02-07 18:59