2017年 09月 19日 ( 1 )

 
今、気づきましたが、最近ブログで仕事の話書いていませんでしたね。
 
他の同業者が、今日はこんな仕事した、という日記みたいなブログ書いているから
あえて、仕事のことは書きませんでした。
 
だから、「村瀬は仕事してるのか?」ってことで、こんな記事を書きました
 
【村瀬さん、仕事してますか?】
http://na0ism.exblog.jp/26982411/
 
ちゃんと仕事してますよ(笑)
 
司法書士の仕事は、「書士」というくらいだから書類作ることと思われがちですが
最近の私の仕事は、書く以外の仕事が多いです。
 
例えば、私が成年後見人としてお世話している「被後見人さん」の現在のこと、そして将来のことについて
考えること、関係各所と打ち合わせ交渉することが増えました。
 
場合によっては深夜に、電話でたたき起こされるかもしれません。
 
書類仕事だけをしていれば、深夜にたたき起こされるようなことはないかもしれませんが
書類仕事だけしていてもつまらない。
 
「あなたに頼みたい」
 
と頼まれごとに応えるのも、私の仕事のやりがいだと思っています。
 
 
もちろん書類仕事はするのですが、書類仕事をする前にやることは結構あって
相談者の、今まで誰にも話せなかった悩み事や想いを全部聴いてあげて、スッキリしてから始めて書類仕事になります。
 
初対面で、誰にも話せなかった想いを全部聴けることはまずなくて
数回話を聴いて始めてスッキリされる方が多い。
相談者がスッキリするまで根気よく話を聴いています。
 
ひょっとしたら、私の仕事って書類仕事じゃなくて
相談者をスッキリさせるのが、私の仕事なのかもって思うことがあります。
 
 
まず話を聴いてスッキリさせるパターンもありますし
まず、私が話して情報提供してから、話を聴いてスッキリしてもらうパターンもあります。
 
後者はセミナーとか勉強会の講師です。
 
近々、ある勉強会の講師を務めるのですが、2時間の時間中30分講義で1時間30分質疑応答にする予定です。
司法書士が講師をすると講義1時間45分で質疑応答15分くらいなので、私は逆にしました。
 
勉強会参加者は、私の話を聴くより、私に質問をぶつけたいだろうな、と思ったからで
決して私が楽をしたいわけじゃない。
実は、ダラダラ講義をしていた方が、講師は楽なんですよ。
 
誤解を恐れずに言えば、私が講義をする内容なんて、書籍にもネットにも書いてあること。
そんなことは話す必要がない。
 
それよりも、質疑応答や、私の実務での取り組み、生の体験の方が勉強会参加者の興味をひくと思う。
私も誰もが話すことより、私しか話せないことの方が話していて楽しいですからね。
 
でも
 
「1時間半質疑応答しましょっか?」
 
って考えなしに提案したものの、矢継ぎ早に質問が飛んできたらどうしよう、と今になって不安になってきました。
 
 
最近の書類仕事以外の仕事はこんな感じでやっています。

b0181744_18351775.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-09-19 18:50