2017年 09月 13日 ( 1 )

 
「今、恋人を作らないと寂しいクリスマスを過ごすことになりますよ!」
「結婚しないと将来心配ですよ!」
「結婚しないと孤独死ですよ!」
 
結婚相談所の方の会員募集のプレゼンをよく聞く機会がありますが
不安をあおるようなプレゼンをする人が多いような気がします。
 
不安をあおったり、なかば脅すような文句は聞いていて愉快ではない。
結婚相談所は結婚させるのが仕事だから、「結婚しろ」と煽るのは分かりますが
結婚させるには、会員を集めるには手段を選ばない、というのはどうかと思います。

でも、相続手続きを行う司法書士等のプレゼンも不安をあおるようなプレゼンが多い。
  
「今、遺言書作らないと将来相続争いがおきます」
「〇〇%の高齢者が認知症になる時代です!
「認知症対策しておかないと、どうなっても知りませんよ!」
 
私も数年前は、そうだったような気がします。
結婚相談所も司法書士も何で同じことやるんでしょうね?
   
未婚の人なら将来の不安、結婚できるかどうかの不安はあるだろうし
高齢者も老いや死の不安は誰もが持っています。
 
でも
  
「相談するまで不安だったけど、相談して心が軽くなった」という声は聞きますが 
「脅されたけど手続きしてよかった、不安にさせられたけど結果オーライ」という声は聞いたことがない
 
出会う結婚相談所、出会う司法書士みんなが、不安をあおったり、脅してたら
その職種自体が嫌われると思う。
 
私自身が未婚だったとして、または、相続対策が必要な年齢だったとして
不安をあおったり、脅すような人の話なんか聞きたくないもの。
   
また、セールストークとして、不安をあおったり、脅したりするのは常套手段だとしても
常套手段だから、みんなやってるから、そうすれば楽だから、でやってるとお客さんに選ばれにくくなるでしょう。
 
昨日の「逆張り」ではないですが、例えば
 
「みんなが脅すなら自分は褒める方法で会員を増やす」
「不安をあおらずに幸せな気分にしてお客さんを増やそう」
 
って、やったほうがお客さんに選ばれる。
 
もっとも、「褒めて会員を増やす」「幸せな気分にしてお客を増やす」
なんてそりゃー難しいです。
 
私も考えて考えて、やっと1つ「幸せな気分にしてお客さんを増やす方法」を思いつきましたから。
 
誰にでも思いつくこと
少し考えればできること
 
に、価値はありませんからね。
 
 
脅したり、不安にさせる営業法が増えるといいなあ

b0181744_18012787.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-09-13 18:15