2017年 08月 30日 ( 1 )


「仕事なにしてるかイマイチ分からないから宣伝したら?」
 
私は開業16年目ですが、未だにどんな仕事してるかよく分からないと言われます。
 
お客さんが銀行や不動産業者なら

「銀行や不動産業者と仕事する人」
 
というイメージを持ってもらえるのですが
生憎そういう人ではありません。
 
相続遺言の仕事してます、と言ってますが
商標登録してみたり、外国人の仕事したり、セミナーもやる。

以前、半年くらい同じセミナーに参加して毎月顔を合わせていた人に
6ヶ月後

「で、村瀬さんはどんな仕事してるの?」
 
ときかれた事もある。自己紹介の時に、司法書士ですと名乗ったのに(笑)

 
また

ブログを読んでいただければ分かると思いますが
 
「稼ごう」

とか

「売上アップ」

のことばかり書いている。
 
他の司法書士みたく「今日やった仕事」とか「何かの手続きの説明」について書くことは少ない。
 
そんなつまらないことは私が書かなくても、どこの司法書士でも書いていること。
どこの人でも書けることは書く必要がない、と思っているから。
 
稼ぐとか売上アップの方法を考えて、時にはパクってその成果を書くのは楽しい。
好きなこととか楽しいことを書いているから
 
仕事何してるかよく分からない
 
と言われます。
 
よく分からないから「無視する」人もいれば
 
「よく分からないからウチで宣伝しなよ」
 
と言ってくれる有り難い人もいます。
 
 
私だけでなく司法書士という職業は
 
「何をしてくれる人か分からない」

ので、宣伝させてやるとか宣伝できる機会があれば、私は積極的に足を運びます。
勉強会の講師をしてほしい、と言われれば講師料でなくても喜んで引き受けます。
 
お金になろうがならまいが
仕事になろうがならまいが
 
自分という存在を、今まで自分の存在すら知らなかった人に知ってもらえるのは
とても有り難いこと。
 
だから

「村瀬さんはどんな仕事してるの?」

と聞かれることは、私にとってとても嬉しいことです。


※カタギっぽくないスーツ着てるのも「職業不詳」の原因かもしれません。

b0181744_19002267.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-08-30 19:01