2017年 06月 12日 ( 1 )

 
ワッショイ、ドンドン!ワッショイ、ドンドン!
 
【毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部】
の「いくらこぼれ飯」のパフォーマンスが好きです。
 
ちなみに、お店の正式名称が
 
【毎日!北海道物産展 ネオ炉端 道南農林水産部】

です。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23059787/
 
でも、私はいくらそんなに好きではありません。
通風持ちだし
好きじゃないし通風持ちだけど、ワッショイ、ドンドン!が好きなので頼んでしまいます(笑)
 
「器からこぼれるいくら」
 
そんなにかけちゃって大丈夫?
採算考えてなさそうだけど頭おかしくない?
 
こちらが心配してしまうようなサービスが好き。
 
逆に、日本酒頼んで、コップの上すれすれで日本酒注ぐのを止めてしまうような店は嫌いです。
コップの外に何で升があるのか分かっていない。
コップの外の升の上すれすれまで日本酒を注いでくれる店が好きです。
 
飲食店って、どこも「素材を厳選」してるし「こだわってる」から
「素材を厳選」とか「こだわりの」なんて言ってもお客さんには響きません。
 
「えっ!」
「頭おかしくない?」
 
くらいにこだわらないと、こだわってることになりません。
 
 
私は、そんな「少し頭おかしいんじゃないの?」みたいなサービスを司法書士業で考えています。
 
「頭おかしい」まではなかなか行かないけど
 
「えっ!そこまでやってくれるの?」
 
というサービスはすでに提供しているんですけどね。
 
具体的にどんなサービスかは内緒にしておきますが
 
「ここまでやってあげたら便利やろうな」
 
ということをサービス内容としてお伝えしています。
 
美味しい飲食店が当たり前のように、司法書士が知識があるのは当たり前
 
だから
 
「うちはこんな難しい仕事しています」
「経験豊富です」
「フットワーク軽いです」
 
って言ってみても依頼者には響きません。
そんなフレーズ使い古されてるもの。
 
難しい試験通ってるんだから、知識あって当たり前やろう。
動きの鈍い専門家もね、なかなかいないですよね。
 
どうせするなら
 
「日本中のどこの事務所もサジを投げる難しい仕事専門」
「法務局、裁判所が相談に来るくらい知識経験が豊富」
「お電話いただいたら日本どこでも30分以内に駆けつけるほどフットワーク軽い」
 
ぐらいにしないと
 
「えっ!」
「頭おかしくない?」
 
にはなりませんよね。
 
 
「えっ!そこまでやってくれるの?」
 
から
 
「えっ!頭おかしくない?」
 
まで、サービスを高めるのは並大抵じゃないです。
 
b0181744_15141183.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-06-12 17:42