【インフルエンサー!】

 
「インフルエンサー」という言葉を知っていますか?
 
そう、「あの高熱が出るやつ」

ではありません。

乃木坂46の楽曲にもありますね。
「インフルエンサー」
 
インフルエンサーとは
世間に大きな影響を与える人物、特に人々の消費行動に強い影響を与える人物のこと。
2000年初頭にブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などインターネットにおける発信が盛んになって以降は、インターネットを用いて消費者の購買意思決定に大きな影響を与える人物のことを特定して指すようにもなっている。
(「知恵蔵mini」より)
 
あの人が持ってるから、同じバックを買う
あの人が読んでたから、自分も同じ本を読もう
あの人がやってるから自分もやる
 
みたいな感じ。
 
以前の私は、自分で本屋に足を運んで本を選んでいたのが
今は、幻冬舎の見城社長が勧めてるからとか
 
干場義雄さんが身に付けていた腕時計だから買う
 
好きなモデル事務所の社長が食べてたから、そこの焼肉屋に行く
 
そんな感じで、消費行動が変わってきています。
 
 
で、私自身も、主にSNSを通じて、好きな本、身に付けているもの、食事をした店を紹介すると
同じ本を買う人、私の行った店に行く人が現れる。
 
不思議
 
一昔前なら、芸能人だけがマスコミを通じて発信できた事柄が
一般人でもでき、下手をしたら芸能人より影響力を持つようになってきた。
 
「Youtuber」なんて、その典型ですよね。
 
SNSもそうですが、このブログも地道に発信を続けていることで
私に興味を持ってくれる人がコツコツ増えているようです。
 
だからまあ、ある意味私も「インフルエンサー」になりつつあるなぁ、と勝手に自惚れてます。
 
 
人々の消費行動が変わってきているというのは
私の司法書士という仕事も無関係ではないと思うし、それを無視しては仕事が成り立たないと思う。
 
電話帳広告とか看板とか紹介とか従来の営業方法をとりつつ
SNSを駆使して、情報発信、情報提供もしないとお客さんの目にはとまらない。
 
「ヒマだからSNSやブログやってるんだろう」
 
と思っている人が、司法書士業界では大半ですが
私は、SNSもブログも営業方法の一つと考えています。
 
ただ人に会うだけが営業じゃないし
ヒマだから営業する人なんていませんよね?
 
好きか嫌いは置いておいて、アンテナを立てて
時流にそった営業方法を模索しないと、アッという間に置いてけぼりをくらってしまいますよ

b0181744_16030160.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-12-11 16:44