【人はお礼をしたくなる生き物】

 
「スキャンしたのにパソコンに取り込めない」
「(司法書士の)業務用ソフトの起動が遅くてイライラする」 
 
私は、SNSの活用は強い方だと思いますが、パソコンおよびその周辺機器にはめちゃくちゃ弱い
 
だから、パソコン、複合機は業者さんの力を借りています。
よっぽどパソコンが好きな人でない限り、みんな業者さん任せじゃないのかな?
 
「何か困ったことないですか?」
と業者さんがマメに連絡くれるので
 
「スキャンしたのに~」
「業務用~イライラする」
 
と、ここぞとばかり不満を言うのですが、そんな不満たらたらの私にも業者さんは笑顔で対応してくれます。
でも、業務用ソフト最新のものにしたのに、立ち上がりが遅いのが納得いかないなぁ。
 
 
本当に些細なことでも駆けつけてくれ助かるので
私はいつも「お礼」を考えています。
 
「どんな人を紹介したら良いですか?」
「知り合いにこんな人がいるんだけど、仕事になりますか?」
 
私に「返報性の原理」が働きます。
  
返報性の原理(法則)とは
人から何かしらの施しを受けたとき、「お返しをしなくては申し訳ない」というような気持ちになるという心理作用のこと。
 
良くしてくれた人に、何かお返しをしたくなるのは誰にでも起こる感情ですよね。
 
「返報性の原理」を知ると、ますます人に親切にしたくなりませんか?


また、私は、年配の人からの依頼が完了したとき、報酬以外に「もの」をよくいただくことがあります。
 
果物
畑で取れた野菜
お茶菓子
栄養ドリンク
 
栄養ドリンクもらったときは、よっぽど疲れているように見えたんでしょうね。
岩倉市近辺は田んぼも畑もある田舎なので、野菜はよくいただきます。
 
でも、私が司法書士を始めた当初は、報酬以外の「もの」はいただいていませんでした。
 
「もう報酬をいただいてますので(それ以外のものは要りません)・・・・」
 
今は
 
「うわぁ、ありがとうございます!!!!」
 
と有り難くいただいています。
 
人には、感謝の表し方が2通りあって
  
・言葉で感謝を表す
・もので感謝を表す
 
言葉で感謝を表そうとしているのに、その言葉を受け取らなかったり
もので感謝を表しているのに、ものを受け取らないと

「自分の感謝が足らないから、あげるものが少ないから受け取ってもらえないのだ」
 
と、相手の人にストレスが溜まる。
 
だから、受け取ってあげるのが相手のためなんです。
 
 
「普段から他人の感謝の気持ちを受け取れない人は気持ち = お金 = 仕事 といったものも素直に受け取っていないはず」
「だから、大きなお金も仕事も受け取れないんだよ」
 
ということを教わってから、私は相手の気持ちもものも素直に有り難くいただくようになりました。
それ以来、仕事は順調です。
 
もし、他人の褒め言葉や感謝賞賛の気持ちを受け取れない人は、お金も仕事も十分に受け取れていない可能性があるので気をつけてください。
 
褒め言葉、感謝賞賛は素直に受け取りましょう。

b0181744_18044211.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-10-06 18:05