【「あれこれ」止めると仕事が増える】

 
「あんな仕事もこんな仕事も出来ると話す」
「名刺に取り扱い業務をたくさん書く」
   
そんなことを止めて4~5年経ちます。
   
いわゆる「業務の絞り込み」をしたのですが、絞り込み前と絞り込み後では
ご依頼件数がかなり変わりました。
  
絞り込みをした方が、仕事が増えた。
 
 
「もれ」がないように名刺いっぱいに取り扱い業務を書く
「言い忘れ」がないようにぶわーと仕事内容を話す。
 
そんなことをすると、かえって相手に覚えてもらえない。
 
名刺交換の際に、「あれもこれも」話す方がいますが
私は、最初の1つ2つくらいしか覚えられません。
覚えられないというか聞いていない。
 
でも、これって私だけじゃないと思う。
 
「あれこれ」言われて全部聞いてくれるのって、その人の「ファン」くらいじゃないですか?
初対面の人が「あれこれ」話しても、うっとおしいだけ。
 
「うっとおしいだろうな」と思っているので、私は相手に聞かれない限り自分の仕事について話しません。
 
私の話に多少なりとも興味を持ってくれた人の名刺は、名刺アプリの「eight」に入れておきますが
そうでない方の名刺は処分してしまうことの方が多いです。
 
 
業務もそうですが、人も「あの人もこの人も」ではなく
絞り込みが必要だと私は考えています。
 
名刺という紙切れを集めるために飛び回ってる人
集めた名刺の数だけ人脈が増えた思いこんでる人を見ると、少し残念な気持ちになります。
 
飛び回って名刺を集めるより
「この人」と思えた人の話をじっくり聴いて関係性を深めた方がずっといい。
 
自分のことを話すのではなく、相手の話を聴く、です。
 
 
また、名刺交換だったら
 
「どんなお客さんをご紹介したらいいですか?」
 
と相手に質問するのも、相手との距離を詰める良い方法です。
 
でも、これも
 
「こんな人あんな人、そうそうああいう人も」
 
と絞り込みできていない人がいますけどね。
 
「私にとって一番良いお客さんはこの人」
 
とバシッと言える人は、営業上手な人だと思う。
 
 
① あれこれ言わない
② 話すより聴く
③ 仕事は絞り込む

この3つができるだけで仕事は増えます
お試しください。


b0181744_18464076.jpg


[PR]
by 073995332 | 2017-08-08 18:55