【固定概念はぶっ壊せ!】

 
「村瀬さんの言うことは自分の知ってる司法書士とはだいぶ違うから混乱しています」
 
私は「よく分かった」と言われるより「よく分からない」と言われた方が嬉しいです。
 
なぜなら、「よく分かった」という方の中には
 
「分からないけど分かったことにしておこう」という人がいて
「分からない」って言うのは、何だか恥ずかしいから「分かった」と言う人もいる。
 
しかし、「分からない」と言ってくれる人は
 
「分かりたい。理解したい」
  
という思いがあるから「分からない」と言ってくれてると私は思っています。
 
だから「分からない」と言ってくれる人とは
とことん話して理解してもらうようにしています。
 
なので、よく人前で話す機会の多い人は
 
「よく分かった」

という評価を鵜呑みにしない方が良いです。
 
 
他人を知る場合に
 
「固定概念」
 
がしばしば邪魔になります。
 
「司法書士という職業の人はこんな人」という固定概念フィルターがあると
そのフィルターを通してしか、目の前の人を評価できなくなります。
 
フィルターを通ったものは、想定内で安心できるけど
通らないものは、想定外で受け入れられない。
そういう姿勢だと少しもったいないと思う。
 
人が恋に落ちるのは、思わぬギャップを目の当たりにしたときと言います。
ギャップとかその人の思わぬ一面は、人の興味を惹きます。

見た目真面目で中身もやっぱり真面目な男性
保険のことならお任せくださいという保険屋さん
車なら何でも扱う車屋さん
登記手続き得意という司法書士
 
そういった人たちはギャップも何もありません。
恋にも落ちないし、仕事の依頼もなかなかされなさそう
 
厚い厚い固定観念フィルターを持ってる人に、全然想定もしていない話題をぶつけて
グラグラ固定観念を揺するのが私は好きです。
ほとんどの人のフィルターを通過できませんが、ごくたまに想定外を面白がってくれる人と出会えるのが楽しいんです。
  
自分がそんな風だから、私自身の固定概念をぶっ壊してくれるような人が私は大好きです。
私の固定概念をグラグラ揺すってくれる人いないかな。


b0181744_19404804.jpg

[PR]
by 073995332 | 2017-08-04 20:24