【自分の「強み」はなに?】

  
先日、ある異業種交流会の自己紹介で
 
「自分の強み(USP)」
 
を発表することになりました。
 
私の強みは・・・・・
 
「60歳以上の独身女性のモテること」
 
と発表したら、大ウケでした(笑)
 
別にウケ狙いで言った訳じゃなくて、私はご高齢の女性からのご依頼が多い。
ご依頼が多いということはモテるってことですよね。
 
だから私の強みは「60歳以上の独身女性のモテること」なんです。
 
そこには士業の人も何人かいましたが
 
「対応が早い」
「親切」
「本を書いてる」
 
が「強み」と言っていました。
でも、それが「強み」になるのかどうかは疑問です。
 
「強み」とは、自分だけの強み、自分にあって同業者にないものです。
 
ただ1人だけ対応が早くて、他の同業者が対応遅いか?
同業者は不親切で、その人だけが親切か?
世の中で本を書いているのはその人だけか?
 
そう考えると「強み」って、見つけづらいし言いづらい。
 
私の「モテる」も強みとは言えないかもしれないけど、多分司法書士で
「モテる」と言い切ってるのは私だけだと思うので、私の強みにしておいてください。

【自分の強みを見つける】
http://na0ism.exblog.jp/25716585/
 
 
自分は何が得意で
それは誰が関心を持つのか
また、自分は誰にウケがいいのか
 
が分かっていると楽
 
私は「60歳以上の独身女性」にお客さんになってほしいので
その方々が好きなこと悩んでいることすると喜ぶことの情報収集を怠りません。
 
また、嫌いなことも分かっているので、「理屈をこねる」とか「説得」は絶対しません。
 
 
「60歳以上の独身女性」をお客さんに欲しい人は、やりやすいけど
「誰でも」お客さんになって欲しい人は、お客さんをつかむのは難しい。
 
「誰でも」って、男なのか女なのか、10代なのか30代なのか、独身なのか既婚なのか分かりません。
 
士業で見込み客の絞り込みをしない人って多いのですけど、どうして絞り込みをしないのか分かりません。
専門分野の絞り込みもしていない人が多い。
 
絞り込みせず「間口」を広げておかないと仕事来ないと思い込んでいるんでしょうね。
 
私は「60歳以上の独身女性」と言っていても、それ以外の層からも依頼きますし
「相続遺言」と絞り込んでも、会社手続きの依頼もちゃんときます。
 
 
また 

欲しいお客さん
専門分野
強み
 
を明確にしておくと、人に覚えてもらいやすいし、仕事の紹介も生まれやすいです。
 
冒頭の異業種交流会で、きっと私のことを
 
「60歳以上の独身女性のモテる人」
 
と覚えてもらえたと思いますよ。
 
異業種交流会での私の作法は
 
「一発かますこと」
 
です(笑)

b0181744_18324836.jpg

[PR]
by 073995332 | 2016-11-17 18:33