【クラウドファンディング】


先日、クラウドファンディングについてのお話を伺ってきました。
講師は株式会社カンパミーの秋田洋徳社長

http://cam-pa.me/


クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、
不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。 クラウドファンディングは防災や市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資 、映画 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。



情報としてクラウドファンディングという言葉は知っていましたが、実際はどんなものかは分かりませんでした。
カンパミーのサイトを見てみると、以前、司法書士会一宮支部の総会の懇親会を盛り上げていただいたモデルの村崎みゆさん、鈴木望仁さん、そして前サンフレッチェ広島の元ブルガリヤ代表ストヤノフもプロジェクトを立ち上げ資金調達をしています。

面白いアイディアをお持ちの方はカンパミーまでお問い合わせください!


私は、司法書士として会社設立の支援をしていますが、ぶっちゃけ会社なんて簡単に作ることができます。
でも、設立後にどうやって運転資金等の「お金」を得ていくのかがもっとも重要です。

まれに、会社設立資金と運転資金を全額融資でまかなうという方もいますが危険きわまりないです。
最低限の自己資金の確保は急務。

融資を受けるにも、担保、保証人、金利、審査等々クリアしなければならないハードルはいくつもある。

良いアイディアはあるのに、資金が不足しているため事業展開できない。
そんな方って少なくないと思う。

「(起業するのに)お金ないの?じゃあお金貯めてから来てね」とアドバイスする司法書士なのか
「(クラウドファンディング等)資金を調達する方法があるけど、少し考えてみませんか?」とアドバイスできる司法書士なのか

では、全く違う
書類こさえて法務局に出す人ってだけだったら、「おたくはいくらでやるの?」って価格競争必至です。


資金調達のオプションの一つとして「クラウドファンディング」を提案できたらと思っています。
面白いアイディア募集中。


他にも、今私が関わろうとしている事業と「クラウドファンディング」を上手くくっつけられないか。
私が関わっているボランティア活動にはどうか。
毎月している寄付に代わる方法としてはどうか。

いろいろ妄想しています。

クラウドファンディングはインターネットを介していますので、アイディア次第では世界の数十億人から金銭的な支援を受けることができる。
起業する方もそういった考えの方が今後ますます増えるでしょうから、起業に関わる私も考え方をますます柔軟にしていく必要がありますね。

b0181744_16552386.jpg

[PR]
by 073995332 | 2014-06-18 16:56 | つぶやき