私ごとですが、11月26日愛知県江南市にある
  
カフェ&ベーカリー「ke.ke.re」さん

https://kekere.jimdo.com/
 
のアニバーサリーイベントに、司法書士として参加します。
 
女子力高めのイベントに「おっさん」が投入されますので
少しでも小ぎれいにして参加したいと思います。
 
「ke.ke.reアニバーサリーイベント(11/26のご案内)」
https://ameblo.jp/ozejun33/entry-12327966061.html
 
女性の好きそうな体験講座等ありますので、お時間のある方はご参加いただき
女子のなかに紛れた「おっさん」を見つけたら笑ってください
 
どんなイベント講座があるかは、上記「ke.ke.re」さんのホームページ及びアメブロをご参照ください。
 
 
ところで、おっさんの私がイベントに参加するきっかけは
 
「ke.ke.re」の代表であるJUNKO先生が私の中学高校の同級生で
 
「村瀬君の仕事よく分からないから、うちで宣伝したらどうだろう」
 
と声をかけてくれたからです。
 
ありがたいです。
 
私とか他の士業が思うように、一般の方は私の仕事を知ってくれていません。
 
遺言書作ります
相続手続きします
 
といくら私が言っていても、一般の方は
何か遠い世界のこととか本やドラマで聞くような話というイメージしか持っていません。
それに、何かくらいイメージしかないですからね。
 
私自身、暗い話や後ろ向きの話が好きじゃない
今、放送している「コウノドリ」という産婦人科のドラマも悲しいから見たくない。
録画した「コウノドリ」を見ていた、パートナーに「見たくない」と言ったら少し不機嫌そうでしたけどね。
 
なので、極力暗い話や悲しい話はせず、前向きになれる話をしています。
 
「終活」と笑顔で言い回っている人は好きではありません。
 
 
女子力高めのカフェでのイベント
 
数日前にJUNKO先生から
 
「相談の予約5件入ってるよ」
 
と連絡があり、気楽に構えていたのですが一気に緊張してきました。
相談なかったら、ボサッとイベントを楽しもうと思っていたので。
 
予約はJUNKO先生にお任せしていますが、時間に余裕があるようでしたら
ご相談はお引き受けしますので、お気軽にイベントにお越しください。

カフェ&ベーカリー「ke.ke.re」さん

https://kekere.jimdo.com/

「ke.ke.reアニバーサリーイベント(11/25のご案内)」

https://ameblo.jp/ozejun33/entry-12327965215.html
 
「ke.ke.reアニバーサリーイベント(11/26のご案内)」

https://ameblo.jp/ozejun33/entry-12327966061.html

b0181744_16585104.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2017-11-23 17:03
 
「初めて会ったときに(この人と関係を持つことは)ないな、と思った」
 
私のパートナーが私に会ったときの感想だそうです(笑)
 
失礼なやつ!
 
と怒りたいのですが、それは今から約25年くらい前のこと
20歳そこそこの私は、取り立てて特長がないし、人に関心を持たれることもなかった。
 
だから 
 
「ないな」
 
と思われても仕方がない
 
でも、やっぱり腹立つなぁ!
 
  
ところで、

遺言書の作成
相続の手続き
不動産の名義変更
 
いろんな場面で、ご夫婦とお会いします。
 
愛情を持って接している方
もう愛情や思いやりが冷めてしまった方
将来、パートナーが困らないように考えている方
 
いろいろなご夫婦を見て
 
「こんなところは見習いたい」
「ここは少し嫌だな」
「そんな関係もあるのね」
 
そんな感想を持ちます
 
一般的に、女性の方が先々を考えて
パートナーや子どもたちが困らないようにしたいという思いが強く
男性は、そこまでではない。
 
男性が、パートナーや子どものことを考えていないわけじゃないけど
先々のこと、つまり自分が亡くなった時のことを考えると怖じ気づいてしまう。
 
だから、相続対策とか遺言書という言葉にあまり良い印象を持たないのだ、と私は思っています。
 
いくら強そうにみせていても男性は弱い
弱そうに見えても女性は強いし、先々を考えることができる。
 
また、私のパートナーのように、初対面で「あるかないか」を考えるのって女性特有だと思います。
 
ちなみに、私のパートナーの感想ですが
 
「記憶にありません」
 
です。
 
私にとって、それほど印象に残る出来事ではありませんでした。
 
でも、「ないな」と思った人と、「記憶になかった」私が縁あって、一緒に暮らしている。
人生はどうなるか分かりませんよね。
 
今日は、11月22日、「いい夫婦の日」ですので
パートナーのいる方は、今日くらいはパートナーに優しくしてあげてください。

b0181744_16110965.jpg
 

[PR]
# by 073995332 | 2017-11-22 16:11
 
先日、ぴゅーぴゅー寒風がふくなか納骨をしてきました。
  
【成年後見人最後のお務め】
http://na0ism.exblog.jp/27359151/
 
このブログで書いた被後見人さんの納骨。
 
納骨の立会をするのは、成年後見人の仕事ではないし
司法書士の仕事でもありません。
 
たった一人、お身内の方がいるのですが
遠方に住んでいておまけにご高齢。
 
なので、その方に代わって納骨の立会をしてきました。
 
私は、お一人暮らしの方数人と「任意後見契約」を結んでいるので
今後、葬儀や納骨をする機会がますます増えるんじゃないかなと思っています。
 
 
任意後見契約とは
今は元気でなんでも自分で決められるけど、将来は認知症になってしまうかも、という不安を感じている方が
将来を見越して事前に公証人役場で作ってもらうものです。
 
任意後見契約は、認知症になって初めて効力を発生させるものなので
寝たきりになったり、足腰が弱ってしまって身動きがままならなくなった方には、あまり意味のない契約です。

で、そのように判断能力が低下しているわけではないですが、現時点から、財産管理等をしてもらう必要がある場合には

事務委任契約

を締結します。
 
お一人暮らしの方には、事務委任契約+任意後見契約がお勧め。

この契約をしておけば、例えば、受任者(任意後見人)が金融機関でお金を下ろす時に、いちいち委任状を用意しなくても済む。
 
後見という言葉は=「成年後見」というイメージで、成年後見=認知症だから
自分には縁遠いものと考えている人は多いですが
 
認知症までにはならなくても、判断の衰えは誰だってあるし
足腰の衰えはみなが感じるものです。
 
事務委任契約は、財産管理を主にしますが
私は、契約を結んでいただいた方の、安否確認、お弁当の手配等「みまもり」もやっています。
 
私のような他人が財産を管理するのはちょっと・・・
という方には、信頼出来る方と公証役場で事務委任契約、任意後見契約を締結するまでの文案作成等のサポートもできます。
 
 
「もしもの時に備えて、こんな契約(事務委任契約等)を結んでおくと良いですよ」
 
とお勧めすると、その契約自体をご存じない方がほとんどで大変喜ばれる。
 
もし、お身内に、将来の健康面で不安を覚えている方がおられましたら
事務委任契約と任意後見契約をぜひ勧めて上げてください。

b0181744_17362736.jpg

[PR]
# by 073995332 | 2017-11-21 17:49
 
「士業はみな発信方法に困っている。もっと個性を出せばいいのに」
 
個性を出せは、ごもっとも
 
ある広告業の方からのご意見でした
 
士業が、発信方法に困っているかどうかは知りませんが
発信していない人が多いなぁ、とは思います。
 
ホームページには、業務内容、電話番号、事務所名くらい
ブログも、どんな仕事をしたかのような日記みたいなのが多いし
SNSを活用している人は皆無
 
仕事を受注するために、そしてお客さんのためを思ったら
もっと自分は何者であるかを発信した方がいいのに。
 
でも、司法書士に関しては
 
「個性を出して、変な奴だと思われたら嫌だ」
 
という方が多いので、個性は出さないですね。
個性を出したら仕事を逃す、と思っている同業者は多い。
 
愛知県に限って言うと、個性を出してブログを書いているのは私くらいではないかと思います。
 
変な奴と思われてるかは知りませんが、「ブログ見てます」と言われることが多いので
発信しているだけではなく、アクセス数も伴っている。
仕事の受注件数も、仕事の紹介件数も確実に増えています。
 
「司法書士」という資格を持っているだけで仕事が来るなんて時代は終わっているし
逆に「司法書士」というだけで覚えられていては
 
「あんたのとこいくらでやるの?」
「他は○円でやってるよ」
 
と言われるだけで終わってしまいます。
 
【まず値切るのやめよう】
http://na0ism.exblog.jp/27687384/
 
 
「個性を出したくない」
「(個性を出して)変な奴だと思われたくない」
 
と言っている人も
お店の名前、仕事の内容、電話番号しか分からないお店、会社なんて興味を持たない。
  
詳細の分からない、個性のないお店や会社の商品を買おうとかサービスを受けないはず。
同じ職種なら、特長があって面白みのあるお店、会社を選ぶはず。
 
変な奴だろうが何だろうが、人に覚えられることは意味がある。
「個性」を出さない人は、決して人に覚えられないし、覚えられないということは存在しないのと一緒。
  
存在しない人のところには、仕事もお客さんも来ませんよね。
 
b0181744_15155720.jpg
 


[PR]
# by 073995332 | 2017-11-20 15:20
先日
 
「労働者派遣業許可の変更をお願いしたい」
 
というご依頼がありました。
 
労働者派遣業許可?
 
私が今まで取り扱ったことのない仕事
 
司法書士の扱う仕事の範囲は分かるのですが
行政書士の仕事の範囲は広すぎて分からない。

きっと行政書士の仕事だし、調べればできるに違いない
そう思っていました。
 
ところが、労働者派遣業許可はどうも社労士の仕事らしいということが分かり
いつもお世話になっている社会保険労務士の方に、その仕事をお願いすることにしました。
 
【丹羽浩太郎経営労務事務所】
https://www.office-niwasr.jp/
 
丹羽先生にお願いしたところ、スイスイ進み
私も依頼者もとても助かりました。
 
「何事も経験だ!」
 
と仕事を抱え込んでいたら、手続きが進まず
依頼者に大変な迷惑をかけたに違いありません。
 
これは行政書士の仕事だろうか?
それとも社会保険労務士の仕事だろうか?
 
と悩むことがあったら、丹羽先生に迷わずお願いします。
 
ちなみに
 
現在、「特定労働者派遣事業」の許可をお持ちの方は、平成30年9月でその許可は終了になりますので早めのお手続きをお勧めします。
 
 
ところで
 
「この仕事はどの士業に頼んだらいいのか」
 
というのは、一般の方はもちろん、今回の労働者派遣業許可のように、私のような士業にも分からない事があります。
 
今回、私は士業のつながり、ネットワークがあるので事なきを得ましたが
一般の方だと「たらい回し」の状態にあることもある。
 
労働者派遣業許可が社労士の仕事だからといって
全ての社労士が扱っているわけではありません。
 
「うちの事務所はやってないから」 
 
で断られることもある。
 
許認可といわれる「~業許可」と名前のつく許可を得るための手続きは要注意です。
 
頼もうとする専門家のホームページを参照して
よくよく検討してください。
 
もし、どうしても誰の頼んで良いのか分からないときは、私までご連絡ください。
適切な専門家をご紹介いたします。
 
 
【本日のまとめ】

・労働者派遣業許可は社労士の仕事

・特定労働者派遣事業許可の方は早めの手続きを

・士業の仕事の範囲は分かりにくい

・適切な専門家が分からない方は私までご連絡ください

b0181744_16485225.jpg


[PR]
# by 073995332 | 2017-11-17 17:48